仕事に対して給料が割に合わないと感じる時の正しい対処法を実体験に学ぶ

仕事量に対する給料が割に合わないと悩んでいないでしょうか?

 

社会での仕事の評価と言うものは、絶対的な基準はなく仕事量が大幅に異なるのに、同期と言う理由だけで給料は同じと言う状況に納得がいかない人も多いと思います。

 

 

世の中にはどうにかして楽をしようとしている人も少なからず存在しますので、そういった状況に悩まされるのは最早当たり前の状況と言ってもおかしくありません。

 

楽をしている人が将来的にも楽をし続けて甘い汁を吸い続けられるほど甘くはありませんが、それでも要領よくやり続ける人も存在します。

 

 

そういった状況でなくとも、同僚上司関係なく仕事を誰よりも頑張っているのに、給料に反映されないという人もまた多いかと思います。

 

このような状況が起きる原因には、会社の体制なども関係してくるため、問題を解決しようと思えば転職するという選択しかなくなる場合も多くなります。

 

 

しかし転職したからと言って、満足の行く給料がもらえる様なものでもありません。

 

そもそも転職というもの自体にリスクは付いて回りますので、満足いく給料を得るどころか逆に下がってしまう可能性だって充分あり得ます。

 

 

さらには、新しい職場での人間関係など、転職が成功するかどうかという部分に関しても、非常に簡単にはいかない現実があります。

 

仮に転職によって、仕事量に見合う給料を貰おうとしても、しっかりした自己分析は必要になってきます。

 

 

自己分析をしっかりと行って、それに見合う給料が一般的にいくらぐらいなのか?という事を自分自身で把握しておかなければ、転職先にもその仕事を認めてもらう事は難しくなってきます。

 

ただ感覚的に割に合わないと考えるだけでなく、自分自身の価値をしっかりと理解する事で、その後の評価のされ方と言うものは大きく変わってきます。

 

 

そこで今回の記事では、仕事に対する給料が見合わない状況での自己分析の重要性に関して、詳しく紹介していきたいと思います。

 

まず日常的に自己分析を行う事により、理想の転職を成し遂げる事ができた体験談をご覧いただきます。

 

 

この体験談では、日常の自己分析が及ぼす給料への影響が非常に分かりやすいものになっていますので、そういった部分に注目して読んで頂ければ、より今回伝えたい事も理解して頂けるかと思います。

 

 

体験談の後には、自己分析をすることによる正当な評価への影響について、より詳しくまとめていきますので、是非最後までじっくりと読んで頂き、今後の転職活動に役立てて頂きたいと思います。

現状への給料への不満を自己分析で改善した体験談

自己分析の重要さ

私は40代半ばのサラリーマンです。家族は妻と小学生の長男、そして幼稚園児の長女の四人家族です。

 

私は現在四人家族の大黒柱なので、さすがにすぐに転職とは考えませんが、過去に2度ほど転職経験があり、また、現在も転職サイトへの登録をしています。

 

 

なぜ、今現在転職を考えていないのに、転職サイトへ登録しているのかというと、私自身の市場価値を正しく把握しておきたいからに他なりません。

 

転職を考えてから、実際に転職に向けて行動するのでは、非常に時間がかかります。

 

 

また、普段から自分自身と向き合っている人は少ないと思うので、本当に自分が望んでいることも把握できておらず、いざとなってもあたふたするだけになってしまいます。

 

実際に私の一度目の転職活動がそうでした。

市場価値など考えていなかった一度目の転職

一度目の転職活動

当時、入社五年目を迎えて仕事も覚えてきたので、なんとなくより条件の良い会社へ転職することを考えはじめたのがきっかけです。

 

ちょうど転職する同期も周りにちらほら出てきたので、半分はあおられた感じもありました。

 

 

そんな私だったので、いざ転職活動をしようとしても、なんとなくという気持ちだった為、どう行動するのかも分かりませんでした。

 

また、さすがに自分の給料ぐらいは分かりましたが、自分の市場価値は全く分かっていませんでした。

 

 

したがって、当時なんとなく仕事に慣れてきて、給料には不満を持っていましたが、当時の仕事に対して、自分の給料がどうだったかという視点はありませんでした。

 

そんな中途半端な私でしたが、縁があって年収が上がる形で、一年半後になんとか転職先を見つけて、会社を移ることに成功しました。

市場価値など考えていなかった転職の結果

転職した結果

会社を移っての感想は、正直なところ給料が上がって良かったと感じています。

 

ただし、家族手当てや住宅手当て等の福利厚生等は、実は前職の方が充実していて、それらを加味するとあまり変わらないという結果でした。

 

 

また、仕事の内容についても、ある程度想定した範囲ではありましたが、私はそれまでの自分のキャリアを冷静に考えていなかった為、果たしてこれが本当に望んだ、次に繋がる転職だったのかは分からないままでした。

 

 

私は周りの人にはいつも恵まれる非常に運が良い人間なので、幸い新しい仕事先でも対人関係には苦労しなかったのですが、転職した後に改めて転職サイトへ登録していた内容を見直すことにしました。

市場価値を知るために行った具体的な方法

希望条件の見直し

 

まずは、職務経歴に新しい職場と新しい仕事内容を書き込みました。

 

そして、前職の内容が薄かったので、前職の仕事内容にも改めて手直しを加えました。

 

 

また、経歴を見直した上で、自分が何をできて、また何に喜びを感じるのかを考えました。

 

そうすると、自ずと3年後、5年後になりたい自分が見えてきて、またそれに向けての自己啓発をするようになりました。

 

 

また、転職サイトへ登録していると、エージェントからのオファーが定期的に来ます。

 

オファーには、紹介案件も記載されており、自分の市場価値を客観的に把握することができます。

 

 

市場価値は、オファーでなくても、求人内容と募集条件を見ても大体分かります。

 

私は自分にあまり自身がなく、市場価値は低いと思っていたのですが、意外なことに自分が考えている以上の価値があることに気付かせてもらいました。

 

 

その結果、私は転職サイトでの見直しを繰り返しているうちに、自分の希望にマッチするオファーから、もう一度転職をすることになりました。

 

 

2回目の転職は、1回目の転職と違い、まず転職ありきで行動しておらず、自分自身のやりたいことに向き合い、そのための自己啓発をして、その延長線上でたまたま転職に繋がったという感じですが、前もって考えていたので、非常にスムーズで、納得できる転職となりました。

 

 

今もすぐに転職は考えていませんが、自分と向き合う意味もあり、転職サイトへの登録は続けています。

転職において市場価値を知る事の重要性

転職で市場価値を知っておく事の重要性

まずはこの体験談をもとに、自分自身の市場価値を把握していない場合の損失について紹介していきます。

 

市場価値を知らずに仕事を続ける事が、どれだけのリスクがあるのかという事を、まずは理解してください。

市場価値を確認して適切な報酬を得る

体験談で一番大きな事は、転職において自分の市場価値を知っておくという事で、まず能力に見合った報酬を得る事ができたという点です。

 

例えばエンジニアの転職ならば、企業が欲しい能力をもとに人材募集がされますが、それがあなたの能力に見合っているとは限りません。

 

 

あなたはもちろんその能力を備えていたとして、それ以上の能力も持っていながら、企業がその能力を欲していなければそれ以上の報酬は望めなくなります。

 

あなた自身の市場価値を理解していなければ、こういった求人で満足してしまい、能力を無駄にしてしまう事に繋がります。

 

 

大前提として、この事だけでも自分自身の市場価値をしっかりと把握していなければ大きな損失を生むことになってしまいます。

市場価値が低いと思い込むことによるデメリット

体験談にもある通り、自分自身の事を見つめ直し、市場価値をツールを含めて冷静に判断する事により、これから先どうあるべきかという明確な将来像を得る事ができる様になります。

 

 

明確な将来像が描けるようになると、その分新たなスキルを得る事にも繋がり、そこでまた報酬がアップする可能性が大きくなります。

 

転職サイトにより詳しくあなたの経歴を書いていく事によって、それに見合った報酬の求人情報を知る事ができ、常に自分が今どれぐらいのレベルなのかを把握しながら仕事を進めていく事ができます。

 

 

市場価値をしっかりと把握しておかない事で、体験談の様に自分の価値を低く見積もっているという状況は非常に多くなっています。

 

その結果何も行動せずに、能力に見合わない低い報酬で働き続ける結果になってしまいます。

市場価値を把握する事のメリット

デメリットに続いて、続いては市場価値を把握する事のメリットを紹介していきます。

 

メリットを知る事によって、今後の転職活動の質が大きく変わってきますので、こちらもじっくり読んでしっかりと把握しておくようにしてください。

仕事に見合う給料かを冷静に判断

今やっている仕事に対して、ただ漠然と給料が見合わないと感じている人は多いと思います。

 

それが原因ですぐに辞めてしまっても、転職したとしても仕事量に見合う給料がもらえる可能性は低くなります。

 

 

悩みを抱えた時にはどうしても早く辞めたいと感じてしまいますが、今回の様に冷静な判断が必要となる事は非常に多くなります。

 

早く辞めたい気持ちを冷静に判断する重要性を読んで頂き、辞めるべき状況判断についてもしっかりと把握しておくようにしてください。

 

 

あなた自身が自分の価値をしっかりと把握する事で、それを始めて企業側にアピールできるようになってきます。

 

あなた自身が把握しきれていない事を、企業に見出してもらうのは非常に難しい事になりますので、まずはあなたが持っているスキルを、冷静に拾い上げていく事が重要になってきます。

 

 

それが出来て初めて、今の仕事に対する給料の正しい判断も出来る様になりますので、まずはしっかりした自己分析とそれに見合う給料を冷静に判断できるようにしなければなりません。

明確な未来像が持てる

体験談でも語られていますが、自己分析を続けていく事で、自分自身がこの先どのような道を進むべきなのか?ということがより鮮明にイメージする事ができる様になります。

 

進むべき道がはっきりしないままの転職では、企業側にも魅力が伝わりづらくなりますので、これまでの成果でしか給料を判断できない様になります。

 

 

あなた自身が将来的な道筋をしっかりと持つ事で、今持っているスキルだけではない将来の期待も給与に反映されるようになる為、明確な未来像を描けるという事は非常に大きな事になります。

 

 

何よりあなた自身の仕事への姿勢が大きく変わってきますので、常に自己分析を行いあなた自身の未来像を描いていくという事は、あなた自身にとっても、また企業側にとっても大きなメリットとなってきます。

市場価値を高める方法

市場価値を高める方法

次に紹介していくのは、市場価値を高める方法です。

 

市場価値を把握しておく事の重要性は理解して頂けたと思いますので、次は将来に向けて市場価値を高める方法を把握しておくようにしてください。

市場価値を高めるための具体的な方法

まず体験談の様に、自分自身を見つめ直す為に、今自分に出来る事や喜びを感じる事を再確認していく事で、これから先自分が何を求めていくのかという事を整理する事が重要になります。

 

 

そういったポイントを把握した上で、市場価値を高める事になるスキルアップや仕事の実績を残していく事が市場価値を高める事に繋がります。

 

今ある仕事で実績を残し、スキルアップをしていく事でさらなる高みの仕事の実績を残していく。

 

その中で将来身に付けたいスキルも学んでいく事で、順調に市場価値を高める事ができる様になります。

 

 

現状をしっかりと把握するという事が重要で、現状での市場価値を把握する事によって、将来身に付けたいスキルへのやる気が大きく変わってきますので、まずは現時点での市場価値をしっかりと判断するようにしてください。

市場価値の診断方法

現時点でのあなたのスキルや喜びを感じる事を整理し、理想の将来像を描くことが出来たら、次は客観的な現状での市場価値を診断していく事が重要になります。

 

市場価値だけでなく、適職診断などでもそうですが、客観的な診断を行っていく事は非常に重要になります。

 

 

自分で考えるだけだと、どうしても視野が狭くなってしまいますが、ツールなどで客観的に診断する事によって、道が大きく開けてくることはよくあることです。

 

自分でも気づいていない様な適職や、市場価値を知る事によって、仕事に対するモチベーションも大きく変わってきますので、客観的な診断は必ず行うようにしてください。

転職を成功させるために必要な市場分析以外の要素

これまで紹介した内容で、市場分析の重要性は理解して頂けたと思いますが、転職自体を成功させるためには、これだけでは足りません。

 

市場分析によって、あなたの能力に見合った転職は行う事ができますが、長く働き続けられる理想の転職先を見つけるためには、それ以外の職場の人間関係や労働時間なども重要になってきます。

 

 

せっかく能力に見合った報酬がもらえる会社を見つけても、人間関係に悩まされてしまっては、結局長続きせずに転職自体を後悔する事になってしまいます。

 

すべての条件をしっかりと設定して、転職先を見極めるという行動は必ず必要になってきますのでこういった情報収集も怠らないようにしてください。

 

転職を後悔しない為の具体的方法を読んで頂き、理想の転職先を見つけるための条件設定の方法についても、しっかりと熟知しておくようにしてください。

残業が当たり前だとは思わない
最新情報をチェックしよう!