転職における決め手の重要度ランキングを実際の体験談から学ぶ

転職をする際には、給料や残業時間、勤務日数など考えるべき事がたくさんあります。

 

一番に求めるものは人それぞれ違うため、何を一番優先させるのかというのは人によっても変わってきます。

 

 

その人それぞれの条件を基準に転職先を探していく事になりますが、最終的な決め手に迷う事も多いのではないかと思います。

 

実はこの決め手というものが非常に重要で、この最後の決め手を疎かにした為に転職後に後悔するという人が増えているようです。

 

 

 

決め手というのは非常に重要ですが、転職して良い会社か迷いがあるのだとしたら、迷っている分まだ考える余地はあります。

 

一番気をつけなければならないのは、自分の探している転職先はここだ!と確信を持った時です。

 

 

こういう風に感じてしまう状況にもいろいろありますが、本当に自分にぴったりの転職先が見つかった時もそうですし、なかなか転職先が見つからなくて悩んでいる時にも、そう信じたくてこのように感じてしまう場合もあります。

 

 

ここが理想の転職先だという会社にはそうめったに出会う事が出来る訳ではありませんので、ここだ!と思う転職先が見つかった場合でも、何か落とし穴があるのではないかと疑いを持っていた方が、より冷静に転職先を見極める事が出来るようになります。

 

 

そこで重要なのが、常に転職の決め手となる要素を自分の中でチェックしていく事です。

 

いくら理想の会社に出会えたと感じても、この決め手というもので常に最終チェックを行うようにすれば、転職先の選択を間違ってしまう可能性を大きく下げる事ができます。

 

 

今回はある体験談をもとにして、そんな転職における決め手にすべき条件のランキングをご紹介していきたいと思います。

 

転職における条件設定の正しい方法が理解できる体験談になっていますので、何が失敗に繋がるのか?というポイントに着目して読んで頂ければ、より理解して頂きやすいと思います。

転職の決め手となる一番大切なものを実感した失敗談

転職の決め手

私は、作業療法士をしています。主に病院でリハビリテーションを行う職種です。

 

以前の病院での業務が辛く、限界を感じたので転職を行いました。

 

 

しかし転職活動を行う際に、もう少しここを見ておけば良かったなというポイントがいくつかあり、それは医療職だけではなく、全ての職に通じて言えることだと思いますので、それについてお話しさせてもらいます。

 

 

以前の病院はとても大きな病院で、大阪の中でも有名な脳外科医がいる病院でした。

 

そして、患者さんを回復させて自宅へ返さなければ高い治療費や入院費を貰えないので、リハビリに対しては当たりの強い病院でした。

 

 

主治医のドクターからは、どうしてこの人はこんなリハビリをしているのか?なぜ良くならないのか?等と問い詰められる日もありました。

 

そして普段の業務では、1日に10人近くの患者さんを40分か1時間リハビリをしなければいけませんでしたので、残業がかなり多い環境でした。

 

 

患者さんを周りきれない時には、お昼休憩を削ってリハビリをしていました。

 

そんな毎日に疲れを感じ、3年経った頃に私は転職を決意しました。

決め手を意識していなかったエージェントとの転職活動

実際の転職活動

転職活動はエージェントに登録して行いました。

 

エージェントに登録すると、とうじやっていた登録キャンペーンを知った事が登録のきっかけです。

 

 

そして、担当が決まり面談をすることになりました。

 

電話で今の病院の現状や不満な点をお伝えしていたので、スムーズに当日の面談は進みました。

 

 

まず、新しい職場に求める事を聞かれたので、給与は今より減らない事、休みの数も減らない事、この2つを提示しました。

 

すると、今よりもお給料が良くて、休みも多い職場を沢山紹介してくれました。その中から2つの病院と訪問看護ステーションを選び見学へ行く事にしました。

 

 

見学へ行く時には、エージェントの方が一緒に来てくれました。

 

安心して周る事が出来たので、一緒に来てくれる事はとてもありがたかったです。

 

 

見学中に質問された事や、気になった事は用紙に書くように言われたので、情報収集がメインなのだと感じました。

 

そして、訪問看護ステーションの方に転職する事に決めました。

 

 

面接日もエージェントの方が一緒に来てくれました。

 

ですが、面接後すぐにまた用紙の方に、面接内容や面接時に記入した用紙の内容等を書くように言われました。

 

 

エージェントが着いてくるのは、あくまでその職場の情報収集が目的なのだと感じました。

 

そして、面接はその場で合格を貰い、無事次の月からの出勤が決まりました。

転職の決め手を設定しなかった事の後悔

転職後の後悔

新しい職場は、休みも年間126日、給与は年俸制で440万円からと、とても良い条件でした。

 

ですが実際に働いてみると、出来てすぐの訪問看護ステーションだったのでシステムがまだうまく機能していませんでした。

 

 

訪問看護ステーション自体が潰れてしまわないかも少し心配な状況です。

 

システムを作り上げていく中で、上との意見が合わず辞めてしまう退職者が、かなり多い職場でした。

 

 

私は離職率を聞いていなかった事に少し後悔しました。

 

そして、大声で暴言を吐く上司もいました。これに耐えられない方も多く、これも離職率が高い要因の1つになっています。

 

 

私は人間関係の事もよく聞かずに就職してしまいました。

 

私は今その上司とも良い関係を築いて働く事が出来ているので良いですが、そうでなかった時の場合を考えると、怖くなります。

 

 

新しい職場を選ぶ時には、給与や休みだけではなく、職場の雰囲気や離職率も聞いておく事が大切だと学びました。

 

実際には自分が働いてみないと分からない部分も多いと思いますが、仕入れる事ができる情報はどれだけ集めていても損はありません。

 

 

新しい職場を選ぶ時には、慎重にたくさん話を聞いてから、自分の目で職場を出て見てから選んだ方が良いと思います。

転職の決め手ランキング

ここからは体験談をもとに決めてランキングを紹介していきますが、まずは転職の決め手にすべき条件について詳しく紹介していきたいと思います。

 

そこでまず最初に考えなければならない事は、転職する理由についてになります。

転職する理由

大まかに分けて、転職をする人には2つの理由が存在します。

 

それは今の職場での悩みを解決するための転職なのか、それともスキルアップのための転職かという事です。

悩みを解決するための転職

悩みを解決するための転職は、よく逃げの転職だと言われています。

 

逃げの転職というと聞こえは悪いですが、個人の感受性が高い為に感じる悩みと、ブラック企業など誰しもが持ちやすい悩みとがあります。

 

 

これらは詳しく言うと全く別の事ですが、今回の転職の決め手と言う点においては、本質は同じになります。

 

どちらにしてもそのまま働き続ける事によって、精神的に病んでしまう可能性があるため、出来るだけ早い転職が必要になってきます。

 

 

精神面を病んでしまうと、社会復帰も難しくなる場合がありますので、早い決断が必須となってきます。

 

我慢するのが美学と言う時代ではありませんので、深刻化しないうちに手を売っておく事が最善の方法です。

スキルアップのための転職

2つめの転職の理由として、自分自身のスキルアップのための転職があります。

 

こちらは悩みによる転職とは違って、じっくりと考える事ができる状況になります。

 

 

今の職場に大きな不満が無い状況での転職ですので、極端に言えばいくらでも時間を掛けて転職先を探すことが出来ます。

 

早く転職しなければ自分の経歴を無駄にしてしまうという気持ちもあるかもしれませんが、転職において焦りは転職の成功率を大きく下げてしまう要因になりますので、急いで転職する事は禁物になります。

それぞれの状況における転職の決め手

次に、それぞれの状況における転職の決め手の考え方を紹介してきます。

 

どちらも最低限考えるべき事を考えていかなければ、転職の失敗に繋がってきますので、是非頭に入れておくようにしてください。

悩み解決のための転職における転職の決め手

悩みを解決するための転職においては、現状での悩みを明確化する事が大切になります。

 

今の悩みをピックアップするという事はもちろんの事、その悩みが何故起きているのか?どうすれば解決するのか?を改めて考えていく事が重要になってきます。

 

 

さらには、それだけの悩みを持ちながらも働き続けるべき会社なのかを判断していく事も重要になります。

 

今の職場の安定性や将来性、そして人間関係も含めた職場環境など、今後もずっと働き続けるべき会社なのかを判断していきましょう。

 

 

具体的に5年後にも同じ職場で働けるのか?という事を想像してみると、働き続けるべきかどうか判断しやすいと思います。

 

もし想像できないような会社ならば、なるべく早いうちに転職という選択肢を考えていく事が、これから先の時代では最も良い一手だと言えます。

前に進むための転職のおける転職の決め手

自分自身がスキルアップするための転職ならば、まず第一に今の職場よりも総合的に上の会社を目指すべきです。

 

給与はもちろんの事、やりがいや仕事の大きさ、また仕事量に対する評価のされ方にもこだわっていく事が大切になります。

 

 

仕事に対してどれぐらいの評価を貰えるのか?評価を得続ける事でどのような道を進めるのか?

 

こういった事は働き始めてからでは、なかなか確認しづらくなってきますので、スキルアップのための転職ならば、自信を持って確認していく事が大切になります。

転職する条件を決める際の注意点

転職の条件を決める際には、注意点として何か一つの条件だけで判断しないという事が挙げられます。

 

転職する条件としては、人それぞれ様々な条件が積み重なって決まっていきます。

 

 

何か一つの条件に縛られてしまうと、それ以外の条件で後悔する事が多くなってきますので、優先順位は付けつつも、総合的な条件で考えていく事が転職を成功させる秘訣になります。

転職の条件設定の考え方

転職の条件設定を決めていくには、まずはあなた自身が仕事をする上で不満に思う事を整理していく事が重要になります。

 

不満に感じているという事は、あなたが職場に求めるものに対して満足できていないという事ですので、この事を整理していく事で、あなたが職場に求めている事も明確にしていく事ができます。

 

 

さらにその条件が決まったら、絶対に譲れない条件と妥協しても良い条件とに細分化していき、優先順位をつけていく事も大切です。

 

こういった分類をしていく事で、求人情報と照らし合わせながら判別していく事ができる様になります。

満足度の高い転職先の特徴

ここで一度満足度の高い転職先の特徴について紹介したいと思います。

 

あなた自身に当てはまる条件はもちろんですが、考えていなかった事に関しては、もう一度本当に必要ないのか考えておく事をお勧めします。

仕事の量や質に応じての正当な評価

どんなに仕事内容が好きな物であっても、その仕事に対する対価を得る事ができなければ、やりがいと言うものは徐々に減っていってしまいます。

 

正当な評価基準があるかどうかという事は、事前にしっかりと調べておく必要があります。

 

 

しかしこういった評価基準と言うものは、求人情報に記載されている事は少ないですので、面接時に聞いたりするなどして把握する必要があります。

 

もしくは転職エージェントなどを利用する事によって、その業界に詳しいエージェントから聞き出すことも出来ます。

雰囲気の良い職場

どんなに他の条件が思った通りでも、職場の雰囲気が悪ければ長く働き続ける事はできません。

 

職場の雰囲気を事前に把握する事は難しいと考える人も多いようですが、面接時などに職場見学をすることによって得られる情報は非常に大きくなります。

 

 

職場の全体的な空気、社員の顔色、職場の清潔感、業務に必要な会話など、着目する事で職場の雰囲気を掴むことが出来る情報が多く存在します。

 

少しの情報を積み重ねる事によって、職場の雰囲気は判断できるようになりますので、見学が出来るならば必ず行うようにしてください。

福利厚生

福利厚生が良い職場は満足度が高いというのは当たり前の話ですが、福利厚生に着目する事によって、業績の安定性も予測する事ができる様になります。

 

業績が安定している企業ほど、より福利厚生が充実している傾向にありますので、具体的にどのような福利厚生の内容なのかを調べる事によって、業績を予測する事ができる様になります。

基本的な条件の設定方法

これまでに紹介したように、転職する条件を定めていくには、考えるべきポイントがいくつも存在します。

 

しかしそれぞれのポイントを把握し、全てを見合わせていく事で条件設定に迷う事は少なくなってきます。

 

ここからは、それぞれのポイントに関しての条件の判断方法について紹介していきます。

労働条件

ある程度労働条件についてはこだわりがあるかと思いますが、給与や休日日数など表面的な条件だけで判断してはいけません。

 

何か一つの条件にこだわってしまうと、転職後にそれ以外の条件で後悔してしまうという状況になってしまいます。

 

 

あくまで総合的な条件で判断しなければ、何か引っかかりを感じて決め手を欠ける状態になってしまいます。

 

最初に決めた譲れない条件と、譲歩できる条件とを総合的に考えて、求人情報と見合わせていく事が重要になります。

職場の雰囲気

職場の雰囲気が転職後の満足度に大きく関わってくるというのは理解して頂けたと思いますが、ここでもう一度具体的に紹介したいと思います。

 

職場の雰囲気を、先ほど言ったように職場見学で予測するという事は非常に重要な事になります。

 

 

そしてそれ以外にも、ネット上の口コミ情報を調べたりなど、職場の雰囲気を予測する情報は手に入れる事ができます。

 

そういった情報をもとに、自分自身が定めた条件と合致しているのかをひとつひとつ確認していく事が重要になります。

企業の将来性

やりたかった仕事や憧れていた仕事、または自分のスキルを活かせるような仕事だからといって、それが決め手となるわけではありません。

 

企業の情報を調べた上で、この企業ならば将来性もあるし安心して働けるという安心感が必要になってきます。

 

 

企業の将来性だけでなく、その業界の将来性も同時に考えていく事が大切です。

 

テクノロジーの発達、具体的にはAIなどの発達によって需要が無くなる分野ではないかという事も考えなければなりません。

 

前向きな理想の転職を追う人ほど、こういった企業の将来性を冷静に考えられない様ですので、是非一度冷静に考える様にしてください。

転職の決め手とは?

ここまで転職における条件設定について詳しくご紹介してきましたが、ここからはいよいよ転職の決め手ランキングを具体的に紹介していきたいと思います。

 

まず最初に言っておきたいことは、これまでに紹介した条件のすべてが決め手になるわけではありません。

 

 

転職における決め手とは、最後の最後に転職先を決めるものですので、通常の条件設定とは分けて考える必要があります。

決め手となる存在

すべての条件で転職先を選別するようになると、結局最後には一歩踏み出す勇気が出なくなってきます。

 

ある程度条件をクリアーしている企業であっても、背中を押してくれる存在がなければなかなか決断するのは難しくなります。

 

 

つまり、体験談で語られている給与や休日日数といった労働条件は、転職の決め手ではなく基本的な条件になります。

 

こういった基本的な条件は、先ほど紹介したようにすべての条件に関して設定しておかなければなりません。

 

 

その上で会社を選別し、その中から選ぶ要素となるものが転職の決め手になります。

 

給与が最低いくらぐらい欲しいのか?休日は月どれほど必要か?残業はどれぐらいできるのか?転勤の有無は?

 

 

こういった基本的な条件は必ず自分で見返し設定しておかなければなりません。

 

重要なのでもう一度言いますが、これは当然設定した上で、そこから最終的な要素となるのが転職の決め手になります。

 

ですので、給与や休日日数と言った基本的な条件は、転職の決め手とは分けて考える必要があります。

決め手とは不安を取り除くこと

基本的な条件を設定し、その条件をもとに転職先企業をピックアップしていっても、その会社で良いのかどうか不安が残るかと思います。

 

それはどこかで転職先に対する不安を感じているという事になります。

 

 

自分がやっていける仕事なのか?職場の雰囲気は悪くないか?人間関係に問題はないのか?

 

このような部分に不安を感じている為に、もう一歩踏み出すことが出来なくなります。

 

 

つまり決め手とは、不安を取り除いてくれるものが重要だという事になります。

転職の決め手ランキング

ここまでだいぶ長く掛かってしまいましたが、ここから転職の決め手における重要ランキングを詳しい理由と共に紹介していきたいと思います。

 

あくまでここまでに説明してきたことが理解してもらえた上でのランキングです。

 

 

これまでに紹介してきたことがしっかりと理解できていなければ、決め手とはなり得ませんので、しっかり理解できていない方はもう一度読み返してから先に進むようにしてください。

ランキング3位 福利厚生

福利厚生というものは、社員の働きやすさを充実させるためのものです。

 

つまり福利厚生が充実しているという事は、社員の事を考えてくれている会社だという事に繋がります。

 

 

給与などの基本的な条件が望み通りでも、従業員の扱いが悪い会社であれば、転職に成功したとは言い難い状況になります。

 

そんな従業員の扱いを簡易的に判断できるのが福利厚生の充実度になりますので、こういった部分を決め手にしていくのは非常に有効になります。

ランキング2位 仕事への評価

仕事への適正な評価というものは非常に重要です。

 

今現在の給与に満足していても、信頼を勝ち取る度に仕事量が増え、それに対して適正な評価を得られなければ、満足する仕事を続けていく事は出来ません。

 

 

昇給や昇格がどのような基準でなされているのか?事前にしっかりと調べておかなければ、適切な給与アップもされないまま仕事量だけが増えていく事になりかねません。

 

 

やればやるほどきちんと評価されていくという形でなければ、いつかやる気も底をついてしまいます。

 

長く働いていくためには、仕事への適切な評価というものは、必ず必要になってきます。

ランキング1位 職場の人間関係(雰囲気)

体験談でも語られていますが、人間関係の問題というものは、離職率に大きく関わってきます。

 

暴言を吐くような上司がいる、システムがうまく出来上がっていない、というような職場の雰囲気というものは、転職の成否に大きく関わってきます。

 

 

どれだけ給与が満足いくものでも、人間関係に悩まされてしまうと、絶対に長く働くことは出来ません。

 

何よりも一番重要視すべき問題だと言えますので、事前に必ず調べておく必要があります。

 

 

人間関係の問題などは、働き始める前に100%把握する事は無理だという意見もありますが、100%は無理でも調べるという事には大きな意味があります。

 

体験談で語られている通り、いろんな人に話を聞いたり、職場見学に行って自分の目で雰囲気を確かめる事で、大きな情報を得る事ができます。

 

 

人間関係などに大きな問題のあるような会社であれば、何かしらの違和感を見つける事ができますので、こういった行動は非常に重要になってきます。

基本条件と決め手

これまで紹介したように、給与などの基本条件をすべて設定する事、その上で決め手となる要素で最終決定をする事、という流れが重要になってきます。

 

給与などの基本条件に関しても、給与が良くても残業が度を過ぎていれば、決して適切だとは言えないため、バランスを考えながらすべての条件を詳しく設定する事が重要です。

 

 

それが出来て初めて決め手で考えられるようになりますので、基本条件と決め手の両方を大事に考える様にしてください。

 

これらを行っていくには大変な労力を伴いますが、転職を成功させるためには必ず必要な事になります。

 

 

妥協してしまっては転職に失敗してしまう可能性が非常に大きくなりますので、転職エージェントなどを活用して労力を減らしながら、決して妥協することなく条件設定するようにしてください。

目標を持つ事の重要性
最新情報をチェックしよう!