転職はいつから動くのが理想的か体験談から分かった3つのポイント

転職を成功させるためには、しっかりとした準備が必要になります。

 

新しい転職先を見つけるという事だけでも、後悔しない為の転職先を見つけるためには相応の努力が必要になります。

 

 

せっかく意を決して転職をするのですから、出来る限りの努力はやっておかなければ、後悔してしまってからではどうしようもありません。

 

かと言って、在職中ではなかなか時間も取れませんので、そんな状況でも少しでも労力を少なくするために転職エージェントなどを活用するのが定石となっています。

 

 

しかし転職エージェントなどを活用したとしても、時間の管理と言うものは自分自身で行わなければなりません。

 

いつまで働いて、次の職場でいつから働き始めるのか。また良い転職先かを判断するための情報収集する時間など、こういったものは自分自身で管理しなければなりません。

 

 

そのためには、現職で働いているうちから情報収集をしっかりと行うことが大事になりますし、ある程度情報収集できてくれば、現職の会社と退職する時期をしっかりと話し合いを進めていく事が大切になります。

 

 

間違っても現職を辞めてから転職活動を始めるという選択だけはしない様にしてください。

 

 

無職期間中は時間の余裕だけは出来ますが、金銭面や世間体など焦りを生んでしまう状況が生まれやすくなってしまいます。

 

いくら貯蓄がたくさんあったとしても、人は長い期間無職状態で落ち着いていられるものではありません。そして短期間で簡単に転職を成功させる事もまた簡単な事ではありません。

 

 

自分がやり続けられそうな仕事を見つけ、次にその会社がどういった会社なのか、将来性はあるのか、自分の思った通りの仕事が出来るのか、求人に載っている条件が信頼できるような会社なのか。

 

 

調べなければならない事はたくさんありますので、出来る限りの事は現職中に情報収集していかなければなりません。

 

 

そこで今回は、転職活動はいつから動くのが正しいのか?というポイントについて詳しく紹介していきたいと思います。

 

まずは、計画的な転職活動ができなかったことによって、無駄な時間を過ごすことになった体験談をご覧いただきます。

 

 

転職における計画性の重要性と、動くべきタイミングを逃す事のデメリットに着目してご覧いただきたいと思います。

転職において動くべきタイミングを逃した体験談

転職に必要な期間を痛感する

以前の仕事は、長く続けていたせいか辞めたいと伝えても、言いくるめられてなかなか退職できずにいました。

 

何度も伝えていたのですが、流されてしまったりしていました。

 

 

どうしても我慢の限界と思っていた時に起きた出来事で、このままここにいたらおかしくなる!と思いかなり強引に辞めてしまいました。

 

それから転職する為に、求人を調べたり資料を用意したり、気づけば2ヶ月位働いていない状態になっていました。

 

 

なんとか新しい職場が決まり現在に至りますが、働いていない状態の時期はかなり精神的に不安定になりました。

転職活動を始めるタイミングを失った結果

無職状態

会社を辞めると思った時から転職までの計画を頭の中で描いていたのですが、実際には抑制された環境で爆発しそうになっているのを必死に我慢している状況でした。

 

円満退社へ無理やりこぎつけた為、本来、次の職場が決まってから退職する予定だった計画がかなり狂ってしまいました。

 

 

今思う事は、不満が爆発する前に退社の意思表示をはっきり伝え、退職日の大まかなスケジュールを明確にする事がものすごく大切だという事です。

 

 

やりたい事が明確なら尚更のこと、次の職場に対して何を求めるのかが分かりやすいので、事前にリサーチして、必要書類の準備をする事が大事です。

 

長く続けていれば、それだけ引き止められたりする事も出てくるし、愛社精神も出てくるのですが、何か違うなと感じながら仕事を続ける事は苦痛でしかないと思います。

転職はいつから動くべきか?

転職活動の焦り

転職するのであれば、今よりもっと良い環境を求めると思うので、納得いくまで面接を受けて、会社を見極めることが大事になると思います。

 

内定が出るまでは1ヶ月程かかる場合が多いので、ある程度の余裕を持っておかないと、無職状態が長く続いてしまい、その間少なからず不安を抱える事になります。

 

 

金銭的に余裕があれば、少しの休息として無職状態でも良いと思いますが、2ヶ月程経歴が空いていると、何をされていたのですか?と突っ込まれる事が多くなります。

 

 

転職活動をしていた、で問題ないのですが、なんとなく、計画性がないなと思われているんだなーという感じがあります。

 

 

休息をとるのであれば、次の職場が決まってから入社日の相談でいくらでも調整が可能なので、それからゆっくりと安心した状態で休暇を取れれば、どれだけ充実した休暇だったろうか。というところが、失敗した点・後悔している点です。

 

 

何事も焦らず、計画的に進める事が大事だなと改めて痛感しました。

 

今のところは転職予定はないですが、もし今後また機会が出てきた時には絶対に計画性を持って行動しようと思っています。

転職はいつから動くべきか?

これ以降は体験談をもとにして、理想の転職先へと転職するためには、いつから動くべきなのか?という点を詳しくまとめていきたいと思います。

 

単純に体験談から分かる重要な事は、最適なタイミングで転職活動を始めなければ、あなた自身に大きなデメリットが生まれてしまうという事です。

 

そこでまずは、転職活動を始めるタイミングを失った事によって生まれるデメリットを1つずつ紹介していきたいと思います。

情報収集不足

冒頭でも、そして体験談でも語られていますが、理想の転職先を手に入れるためには、それ相応の労力を伴います。

 

その中でも、本当に自分が長く働き続ける事ができる会社なのかを、しっかりと判断していくためには、ある程度の時間を要します。

 

 

理想の転職先を手に入れるためには求人票に記載されている情報だけでなく、度重なる面接での見極めや、周囲の人やネット上で得られる情報を集めていく事が必要になってきます。

 

体験談の様に退職してからその情報を得ようとすると、時間的な余裕が全くなくなってしまい、それが焦りに繋がりまともな情報を得られない様になってしまいます。

 

 

体験談で後悔しているように、ある程度退職時期を余裕を持って把握しておく事で、それに向けて情報収集していく事は非常に重要になってきます。

 

出来るだけ余裕を持った転職活動が大切になりますので、計画性を持った退職というものは意識していく必要があります。

働き続ける事の苦痛

体験談では、自分の意志とは反して働き続けなければならない現実に苦しめられていますが、こういった状況では働き続けること自体に苦痛を感じてしまうようになります。

 

悩みが小さいうちは、働き続けながら転職活動を始める事も出来ますが、働くこと自体が苦痛に感じる様になってしまうと、転職活動に避ける労力さえもなくなってしまいます。

 

 

ただでさえ転職活動は冷静な思考というものが重要になってくるため、こういった状況になってしまうと、冷静な判断さえも出来なくなってしまいます。

 

転職活動において焦りというものは一番注意すべきものですが、それと同じ様な状況に陥ってしまいますので、不満が大きくなる前に転職活動を始めるという事は非常に重要になってきます。

無職期間のデメリット

体験談でも語られていますが、無職期間が長引いてしまうと、転職活動に対するモチベーション維持にも悪影響を及ぼしますし、何より企業側からの印象も悪くなってしまいます。

 

何より、実際にはそういった事実がなかったとしても、無職期間が長引くという事で焦りを感じてしまい、気持ち自体がネガティブになってしまいます。

 

 

気持ちがネガティブになってしまうと、いくら転職活動を頑張っていても、企業から不振がられているんじゃないか?と不安が大きくなってしまいます。

 

転職に3ヶ月かかろうが、半年かかろうが、理想を追い求めて転職活動を頑張っている事をしっかりと伝えられれば、企業に悪印象を持たれる心配はありません。

 

 

しかし、転職活動が長引くことによって焦りが生まれると、すべてのしこうがネガティブになってしまうため、そういった気持ちが面接でも現れる様になってしまいます。

 

相手も人を見極めるプロですので、そういった部分が悪印象に繋がってしまうというデメリットが生まれてしまいます。

 

 

転職において焦りという感情は、非常に大きなデメリットとなってしまうため、なるべく無職期間を短くする努力が必要となってきます。

転職で動き始める正しい期間

これまで紹介したように、転職活動をいつから動き始めるか?という選択を誤ってしまうと、様々な要因から大きなデメリットを生んでしまう事になります。

 

まずはこれまで紹介した、転職活動を始めるべきタイミングを誤った事によるデメリットをまとめておきます。

 

・情報収集が足りなくなる

・働き続ける事自体に苦痛を感じる様になり、その後ではまともな転職活動が行えなくなる

・無職期間が長引いてしまい、それによって焦りが生まれる

 

単純なことのようですが、こういった原因から、転職活動をうまく行えなくなる人は非常に多くなっています。

 

この3つのポイントは、本当に非常に多くの人が陥っている問題ですので、逆に言えばこれらを意識する事で、転職活動の質を大きく上げる事ができます。

 

 

今回の体験談から導き出した以下のポイントを意識して、転職活動はいつから動くべきか?というタイミングを誤らない様にしてください。

 

・情報収集の時間に余裕を持つ為に退職前から行動を始める

・悩みが大きくなる前に情報収集を始めておく

・無職期間をなるべく短く出来る様に早めの転職活動を心掛ける

 

すべてのポイントにおいて、早めの転職活動というものが重要になっていますので、今後の転職活動では是非意識するようにしてください。

 

今回紹介した内容は、非常に基本的な内容ですので、今後意識しておけば避けていく事ができる問題です。

 

 

決して後回しにせず、体験談の様な後悔を持たない様な転職活動を心掛けてください。

今後の不安
最新情報をチェックしよう!