転職すべきでない人の特徴を判別する4つの重要ポイントを実体験に学ぶ

仕事をする上で悩みを抱えていたり、物足りなさを感じて転職を考えている人は多いと思います。

 

しかし転職という選択が頭によぎっていても、転職してうまくいくのか?今が転職すべき時なのか?と不安に思っている人も多いのではないでしょうか?

 

 

転職を考える状況と言うのは、問題の大きさに関わらず多くの人が様々な状況で抱えるものだと思います。

 

しかし、すべての状況において転職が正解かと言われると、決してそんな事はありません。

 

 

転職する事で問題が解決する事も多いですが、転職すべきではない状況と言うものも多くあります。

 

しかし当事者が転職という選択肢を第一に考える様になっては、客観的に見て転職すべきではないのに転職して、その結果後悔する事になる人も多くなっています。

 

 

転職して問題を解決するというのも決して簡単な事ではありませんので、転職すべき状況なのかという事は常に冷静に判断していく事が重要になってきます。

 

しかしこういった事を頭では認識していても、いざ転職活動を行う上では、冷静な判断が出来ない状況と言うものも多くなってきます。

 

 

そこで今回は、転職すべきではない人の特徴について、事態体験をもとにして分かりやすくまとめていきたいと思います。

 

まず最初に転職すべきタイミングを間違えた体験談をご覧いただきますが、この体験談では転職すべきでない状況でチェックするべきポイントが非常に分かりやすいものになっています。

 

 

そういった部分に注目して読んで頂ければ、今回の重要ポイントがより理解していただきやすくなると思います。

 

体験談を読んで頂いた後には、転職すべき状況かを判断するポイントについて、より詳しくまとめていきますので、是非最後までしっかりと読んで頂き、今後の転職活動に役立ててください。

転職すべきではない状況で転職し後悔した体験談

転職する前の準備

転職はきっと仕事をされている方であれば、どなたでも一度は考えることかもしれません。

 

もし転職を考えているなら、そのタイミングというものを逃してはならないと思いますし、タイミングを間違うと大変なことになります。

 

 

転職は一時的な感情に流されず、必ず人生の前後をよく考え、また周囲の人にも幅広く相談し、アドバイスを受けることをお勧めします。

 

何故かというと、転職というのは結婚や離婚、引っ越しなどの人生の大きな転機と同じくらい大きな岐路となるからです。

 

 

転職における成功談はたくさんあります。例えばお給料が多少下がったとしても、生活に余裕ができた場合などもそうです。

 

仕事内容がずっと充実している分ストレスが減り、散財が少なくなるということであれば、出費と収入のバランスがとれるわけですから問題はありません。

 

 

ただし、それは類まれなことかもしれないと最初に心に留めておきましょう。転職の一番ネックになることは、環境が変わることにあります。

 

人間は環境が変わると、その新しい環境に慣れるまでに時間がかかります。それだけでなく新しい仕事に慣れるまでにも時間がかかるのです。

 

 

また、自分が慣れるだけでなく相手が自分に慣れるのにも時間がかかりますし、そこで上司や会社から認められるかどうかというのは大きなリスクになります。

 

私は、長年勤めた一部上場の会社の正社員のポジションを辞職し、転職しました。

より良い転職の方法

正しい手順

辞職したときには、とにかくその時の仕事場の環境を変えたい一心でした。

 

同じ仕事同じ人間関係から離れたかったというのが正直なところです。

 

 

もちろん、目標はありましたし、目指す仕事もありました。しかし、その準備を万全にして転職するのならともかく、私は転職後の構想だけ描いて転職のためのスキルを完全に付けずに辞職してしまったのです。

 

 

貯蓄は十分あるはずでした。そしてその貯蓄で転職のために必要なことを準備するつもりでいました。

 

感情的になって辞職したわけではありませんが、もっと計画的に無理のないタイミングで辞職して転職をすれば良かったと思いますし、実際今の状況では辞めなくても良かったのではないかと思うこともあります。

 

 

ヘッドハンティングという言葉がありますが、他の会社から引き抜きされるくらいの実力がないのであれば、とにかく今の会社を辞めてから考えようという感じでの辞職、転職はお勧めしません。

 

 

例えば正社員であるなら、転職先も正社員を狙うくらいでなければなかなかお給料は納得いくものにはなりません。

 

 

正社員という立場の待遇、もしくは正社員ではなくても現在の待遇をしっかりと踏まえ、隣の芝生が青く見えてしまったので転職をしたが実は青くなかった、と後悔しないように、転職をするなら何年もの準備と下調べをしてからにするべきだと思います。

転職のタイミングを誤った結果

落ち込む女性

私は正社員を辞職し、二年ほどの準備期間を経て代理店から仕事を紹介してもらって英語を使う仕事に就きました。

 

 

仕事内容は自分のやりたかったことですから充実感はあるものの、同じ仕事を毎日していてつまらなく感じる部分もあり、さらに新卒で雇ってもらえた正社員時代の待遇とは比べられないくらい質素な待遇で仕事をしています。

 

 

転職は、「今」あなたが「どう感じているか」で決めないで、人生のもっとずっと先を考えて行動したほうが良いと思います。人はどんどん歳を取っていきます。

 

今転職を考えている時点より、ずっと体力も落ちますし、覚える能力も下がっていきます。

 

 

新しいことをやっていこうという気力やエネルギーも減ってくるかもしれません。

 

ですから、転職は後悔のないようによくリサーチをし、勉強をし、アドバイスをたくさん受けてから慎重に行動するようにしなければなりません。人生を堅く送るということもとても大切なことだと思います。

転職すべき状況かの判断ポイントと正しい転職のタイミング

ここまで体験談を読んで頂いたことで、転職すべき状況化を判断する事の重要性は理解して頂けたかと思います。

 

これ以降は、体験談をもとにして転職すべき状況かを判断する際のチェックポイントと、正しい転職のタイミングについて詳しくまとめていきたいと思います。

転職すべき状況かのチェックポイント

まずは転職すべき状況なのかどうかを判断する為のチェックすべきポイントについて詳しく紹介していきたいと思います。

 

転職が成功するかどうかというのは、これから紹介するようなポイントが大きく関わってきますので、転職を考える時には必ずチェックしておくようにしてください。

目指すべき仕事や目標があるかどうか

体験談では退職する際に、目標や目指すべき仕事というものを明確に持っていますが、それがあるかどうかは転職の本気度に大きく関わってきます。

 

そもそも転職を考える時には、悩みが原因となっている事が多くなっており、悩みを解決する為に転職するというのが普通です。

 

 

しかし、悩みを本当に解決するためには、進むべき道と言うものも明確でなければなりません。

 

進むべき道が明確でなければ、転職したとしてもまた別の悩みを抱える事になったり、同じような悩みを抱えてしまう可能性が大きくなります。

 

 

転職してどういった道を歩んでいきたいのか、という将来像をしっかりと想像してから転職するようする事が重要になってきます。

理想の未来を進むためのスキル

進むべき将来像が描けたとしても、それに見合ったスキルを持っていなければ、その道を進んで行く事は難しくなります。

 

体験談の中でも未来の構想だけを描いて、それに必要なスキルを身に付けていなかった事を後悔していますが、この準備不足は非常に大きな影響を及ぼすことに繋がります。

 

 

理想の未来を思い描いているにも関わらず、それに見合ったスキルを持っていなければ、その道への転職は非常に厳しいものになってきます。

 

例え同じ業界だとしても、企業側から見て魅力のある人材でなければ、より良い企業へ転職する事さえ難しくなってしまいます。

 

 

悩みを解決するための転職なのにも関わらず、転職する事さえも難しくなる為、体験談でも言われているようにヘッドハンティングされるぐらいの魅力を持った状態で転職に望まなければ、決して理想の転職を実現する事は出来ません。

退職する時期

明るい未来を思い描くようになると、早く今の職場を退職して理想の企業へと進みたくなる気持ちが大きくなってきます。

 

モチベーション的には良い事なのですが、この気持ちばかりが先走ってしまうようになると、体験談の様に辞める事が最優先されるようになってしまいます。

 

 

あくまで目標は理想の職場へと転職する事であり、今の職場を早く辞める事ではありません。

 

より理想に近い企業へと転職するために足りない部分があるのならば、今の職場で働き続けながらスキルを積んでいく事の方が最優先事項になります。

 

 

思い描いている将来像が同業種であろうと、異業種であろうと、働き続けながら必要なスキルを積んでいくというのが、理想の転職を実現するためには一番の近道となってきます。

転職する事のリスクの認識

先ほども述べましたが、転職を考える時には現職での悩みというものが大きな目的になっています。

 

悩みが大きければ大きいほどその悩みに執着してしまい、それ以外の労働条件と言うものが見えなくなってしまう傾向にあります。

 

 

この行動は非常に影響が大きく、しっかりと条件設定を行わなければ、体験談の様にやりたい仕事に転職できても、質素な待遇を受ける事になってしまいます。

 

いくら目標としていた仕事だからと言っても、待遇が悪ければ長く続ける事はできません。

 

 

このような状況は客観的に見ていればなんてことの無い様な問題ですが、いざあなた自身が転職活動を行う事になれば、多くの人が見えなくなってしまう部分ですので、しっかりと意識して注意していく必要があります。

転職を成功させるために必要な事

これまでに紹介したチェックポイントを意識していけば、転職するべきタイミングを間違える事は無くなります。

 

さてこれ以降は、ひとつひとつ正しい行動方法をまとめていきますので、これらの事もしっかりと意識していくようにしてください。

市場価値の判断

早く辞めたいという気持ちが生まれてきたとしても、まず最初にやるべき事は、具体的に今後どのような働き方をしていきたいのかをしっかりと考えていく事です。

 

そしてそれを実現するためのスキルが、今の自分にあるのかをしっかりと判断していく事が重要です。

 

 

先ほども申し上げましたが、同業種にしても異業種にしても、その分野において自分の市場価値がどれぐらいあるのかをしっかりと判断する事が重要になってきます。

 

転職サイトなどの自己分析ツールなども有用となりますので、こういったツールを利用しながら、今の自分にどれだけの価値があるのかをしっかり把握しておくことが重要になってきます。

 

 

市場価値を冷静に判断できたのならば、今転職して自分が役に立てるのかをしっかりと判断し、必要なスキルが足りないのならば退職を思いとどまり、現職で働き続けながら必要なスキルを身に付けていくというのが一番理想の形になります。

具体的な条件設定

明確な将来像を描いた上で、必要なスキルの判断も出来たならば、転職に向けて行動し始めても良い時期になります。

 

しかしここでも注意しておきたいポイントが存在し、条件設定についてより冷静に考えていく必要があります。

 

 

体験談の様に何かに固執したような状況であれば、その条件ばかりを考えてしまい、それ以外の条件設定が疎かになってしまいます。

 

先ほども紹介しましたが、やりたい仕事が出来る様になったからと言って、待遇が前職とは考えられないぐらい質素になってしまっては、転職が成功したとは言えません。

 

 

どんな目的がある転職にしても、すべての条件に関してしっかりと考え、具体的な条件設定を行う事が転職の成功へと繋がっていきます。

転職すべき状況で転職する事の重要性

これまで紹介したように、転職すべき状況で転職するという事が非常に重要になってきます。

 

気持ちばかりが先走ってしまい、転職する事自体が目的になってしまっては、体験談の様に転職後に後悔する事になってしまいます。

 

 

そしてこれまで紹介した事を読み返してもらう事によって、転職すべき状況で転職する事に近づけていく事は出来るかと思います。

 

しかしこれには相当な労力を伴いますので、自分ひとりの力ではどうしても限界があります。

 

 

条件設定の部分で説明しましたが、ただ悩みを持っている部分だけに拘っていても、転職を成功させることはできません。

 

目に見える条件が完璧な企業を見つけたとしても、人間関係が最悪の会社ならば長くは続きません。

 

 

これまでに紹介したようなポイントだけでなく、条件設定もしっかりと行い、条件だけでは分からない人間関係の問題まで把握して転職するという事になれば、相当の労力を伴います。

 

転職活動で労力が大きくなってしまうと、焦りや不安が大きくなってしまい、冷静な判断ができなくなってしまいます。

 

 

判断力が低下してしまうと、転職成功率も大きく下がってしまいますので、労力をなるべく減らすことが重要になってきます。

 

そういった状況において、転職エージェントを利用すれば、労力を大幅に減らすことができます。

 

 

転職エージェントについて詳しくは、転職エージェントのメリットを読んで頂きたいと思いますが、これを読めば分かるように転職においてエージェントは絶大な力をもたらしてくれます。

 

それによって転職の成功率も大きく上がってきますので、これまでに紹介した事だけでなく、人間関係など転職失敗のリスクを少しでも下げていくために、転職活動ではエージェントの利用を前向きに考えていくようにしてください。

 

 

転職活動においてやらなければならない事は非常にたくさんありますが、こういった力を利用する事によって、労力を減らしながら成功率を上げていく事が可能になります。

 

体験談の様に一度の転職でさえも相当な労力と時間を費やすことになりますので、なるべく効率的な転職活動を行っていくように意識していってください。

反省点
最新情報をチェックしよう!