転職が決まらないで不安になる状況を一変させるための具体的な対処法

転職先が決まらない。書類選考さえも通らない。自分は社会にとって必要なのだろうか?

 

転職活動が難航してくるとこういった不安な気持ちがどんどん大きくなっていきますが、転職をする限りこういった状況になることは当たり前とも言えます。

 

 

だからといって放っておいてよい問題ではなく、正しい対処を行っていかなければ転職の成功率は大きく下がってしまいます。

 

不安な気持ちが大きくなると、そのうち焦りが生まれてくるようになってしまいます。

 

 

焦りが生まれてしまうと、目標が転職を終わらせることになってしまい、本来の希望条件など二の次にして内定を貰うための転職活動へと変わってしまいます。

 

こうなると当然ながらブラック企業などにも捕まってしまう可能性は大きくなるため、転職の成功率が大きく下がってしまうという訳です。

 

 

理想の転職先を見つけるのは決して簡単な事ではないため、ある程度難航するのはしょうがない事だと言えます。

 

気を付けるべきなのは、無駄に転職が長引いてしまう問題がないかをしっかり見直す事と、不安や焦りが生まれた時に正しい対処を行うという事です。

 

 

この2つのポイントをしっかりと考えておく事で、不安な気持ちが生まれても無駄に焦らずに済むようになります。

 

そこで今回は、転職がなかなか決まらない事で不安な気持ちになり、それが原因で転職の成功率が下がってしまう状況を、一変させるために必要な考え方や対処法について詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

まず最初に、転職先がなかなか決まらない事で焦りが生まれ、内定が貰いやすい道へと方向転換したために、転職に失敗した体験談をご覧いただきます。

 

この体験談では、焦りによって転職活動の質が下がってしまう原因や、一度の転職失敗がいかに大きな影響を及ぼすかという事が分かりやすいものになっています。

 

 

そういったポイントに注目しながら読んで頂ければ、今回紹介する重要ポイントもより理解していただきやすいかと思います。

 

体験談を読んで頂いた後には、転職活動が難航しやすい状況や、万が一焦りが生まれた場合の対処法について、より詳しくまとめていきたいと思います。

 

 

実際の体験談をもとにした内容ですので、転職専門サイトで紹介されているノウハウとは違い、より身近ですぐに役立つ内容となっていますので、是非最後までしっかりと読んで頂き、今後の転職活動に役立てていけるようにしてください。

転職が決まらない不安な気持ちが原因で失敗した体験談

転職活動を疎かにする

私が転職を考え出しのは、職場の労働環境が劣悪だったことがきっかけでした。

 

劣悪さの一例ですが、新人がすぐに辞めてしまう、どんなに本社にかけあっても人材を確保してくれない、販売員1人1人の負担が大きすぎる、などのようなことに限界を感じてしまい転職を決意しました。

 

 

次の職種は販売以外をと思い、色々面接を受けたりしましたが、やはり未経験でいきなり販売以外の仕事は難しく、かなり転職活動は難航していました。

 

 

人間、うまくいかないとだんだんと投げやりになってしまうのか、あれほど避けていた販売の転職も考え始め、事務職以外にも面接を受けるようになりました。

 

未経験より、経験がある方が受かりやすいです。当たり前の事ですが。

 

 

いくつか内定を頂いた中に、前職と同じような販売職がありました。

 

その頃の私は転職活動に疲弊していて、もう早く終わらせたい。もう販売に戻る形でもいいじゃないか…と考えて内定を頂いた一つの会社に決めて入社しました。

焦って決めた会社での仕事

大変な仕事

そちらの会社からは、面接の後すぐに出勤してほしい、と言われました。

 

今思えばすぐに出勤しろなんて、よっぽど人が足りないのかしら?と怪しむ所ですが、当時はあまり深く考えずに了承してしまいました。

 

 

よく考えてみれば、こちらは労働力として会社に利益をもたらす為に働く訳で、会社に対して卑屈になることはないのですが、この時は会社の言いなりになっていました。

転職後に起きた問題

いざ仕事が始まり、前職と同じ販売だったので、普通に仕事はこなせていたとは思いますが、人間関係などは一から始めなければならないので、新しい仕事に加えて人間関係の構築となかなか疲れてしまいました。

 

 

そんな中、急に新店舗に行くことが決まり、また一から新しいことを覚えなくてはならなくなりました。

 

聞いてない、と本部に掛け合いましたが聞いてもらえず、とにかく頑張ってくれと返事がきました。

 

 

仕方ない、とりあえず頑張らなくては。と意気込み、慌ただしい日々を送っていたのですが、ある日急に動悸がし、電車に乗ることができなくなってしまいました。

 

私は、パニック障害を発症してしまったのです。

 

 

仕事に行けない、外出できない、怖い、怖い、日常生活もままならなくなり、私は逃げるように退職をしました。

 

退職の際はあっさりしたものです。鼻をかんだゴミをポイっとごみ箱に捨てるように、引き止められもせず、あっさりと辞めることができました。

転職に失敗した原因

転職に失敗した原因

労働環境が悪くて辞めたはずなのに、また同じような労働環境で退職することになりました。

 

なぜこうなってしまったのでしょうか。私は休職中にずっと考えていました。

 

 

自分の経験から、まず最初に人手が足りなくて、すぐに来てほしいという会社は信用ならないと思いました。

 

 

ある程度、新しく入った人には研修などを行うことも多いですが、私が入った会社はそういったものはまったく無く、いきなり実務から始まりました。

 

できるでしょう?このくらい?と言わんばかりの待遇でした。社員を大切にする気が無い会社はダメだなぁ、と感じました。

 

 

では、どのような会社を選べばよかったのか、再び転職活動を始めた際には慎重になりました。そんな中でこちらの要望を聞いてくれる会社に出会いました。

 

私のむちゃくちゃな要望ではなく、何日から働けます、や勤務地はここです。など基本的な要望を聞いてくれる会社です。

 

 

お互いに意思を擦り合わせて、納得して働ける環境に出会いました。

 

一方的に高圧的な態度の会社はやはり問題がある所が多いようです。

 

 

転職について、内定が欲しいからといって、つい会社の言いなりになることがあるかとは思いますが、自分の譲れないポイントなどは譲らなくて良いと思います。

 

焦って決めると本当に、ロクなことがありません。

 

 

自分だけでは判断に自信の無い方は転職エージェントなども現代はたくさんあるので、相談しながら選ぶのがいいと思います。

 

心を壊してまで働くのは絶対にダメだと思います。

転職が決まらない不安への正しい対処法

ここまで体験談を読んで頂いたことで、不安な気持ちを放っておく事の大きなリスクは理解して頂けたかと思います。

 

これ以降は、不安な気持ちが生まれる原因の排除と、焦りが生まれた際の正しい対処法についてより詳しくまとめていきたいと思います。

焦りが生まれる事による大きなデメリット

ますは体験談をもとにして、焦りが生まれた状況での大きすぎるデメリットをしっかりと把握しておくことが重要になります。

 

デメリットをしっかりと把握しておかなければ、本気で転職活動に取り組むことも決してできませんので、まずは焦りのデメリットを常に頭に思い浮かべられるぐらい頭に叩き込んでおいてください。

転職する目的の消失

あなたが転職をしようと思ったのは、何かしら解決したい悩みがあったからだと思います。

 

その悩みを解決できるような理想の職場を見つける為に転職活動を行っていたはずが、焦りが生まれる事によって転職活動を終わらせることが目標になってしまいます。

 

 

体験談でも、絶対に避けたいと思っていた販売業の仕事を、焦りが生まれた事によって内定優先になり、避けていたはずの販売業へ戻る考えに変わってしまっています。

 

この体験談の場合には、そもそも販売業以外の設定が間違った選択かもしれませんが、大事なのは一番重要視していた事さえも、焦りによって変わってしまうという事になります。

 

 

どんな条件にしても、転職が難航して焦りが生まれてしまうと、その条件よりも内定と言う考えになってしまうため、たいした情報収集もせずに転職して後悔するという事になってしまいます。

違和感の見落とし

転職における企業選びにおいて、面接や会社見学、また担当官の言動などに違和感を感じる事は、非常に重要な要素になります。

 

違和感を感じたら、その部分に関してしっかりと情報収集を行い、不安を払拭しておかなければ、転職してからその部分に関して後悔する事が非常に多くなっています。

 

 

体験談の中でも、すぐにでも出勤してほしいと言われた事に違和感を感じながらも、焦っている状況ではあまり深く考えずに流してしまうようになってしまいます。

 

その結果違和感を感じた通り、人材の扱いが非常に悪い会社と言う部分に後悔する事になっています。

 

 

冷静な時であれば見落とさない様な重要な違和感さえも、焦りが生まれるだけで深く考えない様になってしまうため、これでは正しい企業選びができなくなり、転職に失敗してしまう可能性が大きくなってしまします。

働けなくなるリスク

転職が決まらないで不安な状況では、内定を貰う事が一番、仮に一度ぐらい失敗しても大丈夫と考える人も多いかもしれませんが、体験談の様にたった一度ブラック企業で働くだけで、パニック障害などを発症してしまう可能性は大いにあり得ます。

 

 

パニック障害などを発症してしまうと、働くどころか体験談の様に外出もできない、そして日常生活もままならない状況になってしまいます。

 

このような状態になってしまっては、失敗したからと言ってまた転職すれば解決するという問題では無くなってしまいます。

 

 

たった一度でも転職に失敗してしまうという事が、このようなリスクを負っているという事は必ず把握しておかなければなりません。

転職活動が難航しやすい原因

転職活動が難航する事で不安な気持ちが生まれ、それが焦りとなって転職の成功率が下がってしまいます。

 

冒頭でも申し上げましたが、転職活動はある程度難航する事が当たり前ですが、それでも余計な原因がないかをまずはしっかり見直すことが必要になります。

高すぎる条件設定

今回の体験談でもそうですが、設定した条件のハードルが高すぎると、転職活動はより長引くようになってしまいます。

 

体験談で言うならば、大したスキルも身に付けていないのに、異業種への転職を目指している部分になります。

 

 

そもそも転職などの中途採用というものは、基本的に即戦力が求められますので、スキルなしでは相当ハードルが高くなってきます。

 

これ以外にも、市場価値を把握していないことによる高すぎる希望年収の設定など、あなたの市場価値に見合った条件設定を行う事が重要になってきます。

自己分析不足

先ほども申し上げましたが、転職は基本的に即戦力が求められるため、あなた自身の強みや弱み、企業にアピールできるスキルをしっかりと把握しておかなければ、企業側にもあなたを雇うメリットを伝える事はできません。

 

 

あなたが持っているスキルが企業にどのように役立つのか?それによって企業にどのような利益があるのかをしっかりとアピールする事で、初めて内定を得る事ができる様になります。

 

そのためあなた自身が自分自身の事をしっかりと理解しておかなければ、転職で内定を得る事は非常に難しくなります。

アピール方法

あなた自身の強みやスキルをしっかりと把握しきれていたとしても、それを伝える方法が足りなければ、これでもやはり企業にあなたを雇うメリット伝えきる事は出来ません。

 

企業にとってすごく欲しい能力があったとしても、面接でそれを堂々とアピールする事ができなければ、魅力は半減してしまいます。

 

 

表情や話し方など、ちょっとしたことで相手への伝わり方は大きく変わってきますので、淡々と話すのではなく熱意を持ってアピールするなど、話し方一つとっても工夫していく必要があります。

最適な転職タイミング

そもそも本当に今転職すべきタイミングなのか?という事も考えてみる事が重要な場合もあります。

 

転職をするからには理想の職場を見つけていかなければ意味はありません。

 

 

辞めたいという気持ちばかりが先行して、しっかりと情報収集できていないのに転職しても、また悩みを抱える様な職場環境になってしまう可能性が大きくなります。

 

ストレスが限界まで来ているのならば、辞める事を優先させるべき時もありますが、本当に今すぐ辞めるべきなのか?という事をしっかりと考え、焦って転職をする事が無いようにしてください。

難航させないような転職活動

転職が難航しやすい原因を排除しただけでは、内定をすぐに得る事はまだ難しくなります。

 

なるべく早く転職活動を終わらせるためには、さらにもう一工夫必要になりますので、そういった部分についてもまとめておきたいと思います。

少しでも成長する意識

転職活動において、10社や20社落ち続ける事は当たり前に起こり得る事になります。

 

そのような経験を得ながらも、ただがむしゃらに前に突き進むだけでは、同じことを繰り返すだけになってしまいます。

 

 

落ちた分だけ何か悪い部分はなかったか?アピールの仕方で悪い部分はなかったのか?

 

こういったポイントを落ちた分だけ反省していく事で、少しずつ成長していく事ができるようになります。

 

 

落ちる度に反省できる部分は反省して、少しでも次の企業に役立てていけるようにしなければなりません。

転職活動に対する姿勢を見直す

転職活動を行っている人の多くは、働きながら行っていると思いますが、そうなるとなかなか転職活動に集中するという事は出来なくなります。

 

しかも先ほど紹介したような、焦りが生まれた状況では大きなリスクを負ってしまうという事も把握できていない人が多く、それが原因となり転職活動に本腰を入れられていない人が非常に多くなっています。

 

 

たった一度の転職失敗でも大きなリスクを負ってしまう可能性があるという事をしっかりと認識し、理想の転職先を見つけるということに真摯に向き合っていかなければなりません。

 

もう一度あなた自身の転職活動が、理想を手に入れる為に妥協を許さない姿勢になっているのか。しっかり見つめ直してみる事をおススメします。

焦りが生まれてしまったら

一度焦りが生まれてしまうと、なかなか気持ちだけで乗り越えられるものではありません。

 

焦りがある中で時間の猶予を気にしてしまうのもしょうがないですが、焦りがある中では転職成功率は大きく下がってしまいますので、一度休憩する事も重要視するようにしてください。

 

 

一度転職活動を休止して、リフレッシュするというのは馬鹿に出来ない効果があります。

 

リフレッシュする事で頭をリセットし、それからあなた自身の本来の転職する目的を再度整理するようにしてください。

 

 

何を目指した転職なのか?数年後の自分はどのように働いていたいのか?初心に戻る事で見えなくなっていたものも見えてくるようになってきます。

 

焦りが生まれた状況で前に進み続けても、焦りは決して消えてはくれません。

 

 

焦りに縛られずに一度転職の事を忘れてのんびりと過ごしてみて、初心に戻る事ができたらまた転職活動を再開するようにしてください。

客観的な視点

ここまで転職が決まらない状況での不安との付き合い方を紹介してきましたが、最後に客観的な視点を取り入れる事の重要性も紹介しておきます。

 

一人で転職活動を行っていると、どうしても考え方が凝り固まってしまい、時に見当違いの方向へ進んでしまう場合もあります。

 

 

定期的に周りの人に相談し、その意見を参考にしながら進めていく事が、ストレス的にも良い効果をもたらしてくれます。

 

さらにもう一段上の客観的な視点として、転職エージェントの活用も視野に入れる様にしてください。

 

 

転職エージェントを活用すれば、今回紹介した様々な問題を解決する事ができます。

 

具体的には、希望条件のブレや冷静な判断力、自分の能力をアピールするための面接の質も上げてくれます。

 

 

転職エージェントと二人三脚で転職活動を進めていく事によって、要所要所で面談などができるため、自分ひとりで悩んで条件がブレてしまう事もありません。

 

そして二人で転職活動を進めていく為、焦りによって判断を誤るという事も少なくなります。

 

 

自分一人では解決しずらい面接でのアピール方法に関しても、より効果的な話し方や伝え方を教えてくれますので、企業に余すことなく魅力を伝える事ができる様になります。

 

今回紹介した注意点のほとんどを、転職エージェントを利用する事で解決する事ができるため、不安な気持ちがある方には必須のツールと言えます。

 

 

ただひとつ注意点として、転職エージェント自体も見極める必要があります。

 

中にはエージェント自身の利益しか考えない様な悪質なエージェントもいますので、しっかりと見極めていく事が必要になります。

 

 

しかし不安がある中での限られた時間で見極めていくというのは、非常に勿体ない時間を過ごすことになります。

 

見極める時間があれば、もっと企業の情報収集をした方がよっぽど有効に時間を使う事ができますので、ここは私を信じてdodaを使ってみてください。

 

 

dodaならばエージェントの質が大変高く、見極めるまでもなく上質なサポートを行ってくれますので、安心して相談する事ができます。

 

アドバイザーと協力して転職活動を進めていく事で、労力は大きく減っていき、抱える不安も無くしてくことが可能になります。

 

 

リフレッシュするならば1日や2日無駄に過ごしても良いですが、こういったツールの利用を迷っている時間は非常に勿体ない時間になります。

 

本気で転職する気持ちさえ持っていれば、利用して後悔する事はありませんので、今すぐ登録してより上質な転職活動が行えるようにしてください。

ハードな転職活動
最新情報をチェックしよう!