転職が決まらない事で焦りを感じた時の正しい対処法を体験談から学ぶ

転職先がなかなか決まらない事で焦りを感じ、今後どう行動すべきか迷ってはいないでしょうか?

 

まず最初に、転職活動とは決して簡単なものではなく、理想の条件を絞っていくほど求人数は少なくなり、なかなか転職先が決まらないというのは、ある意味当たり前の状況だと言えます。

 

 

自分だけが何故こんな苦しい思いをしなければならないのかと不満に感じるかと思いますが、転職活動においてこういった感情を持つ人は決して少なくないという事をまず理解しておいてください。

 

 

せっかく転職するのですから、長く働き続けられるような理想の転職先を探すという事は非常に重要です。

 

妥協して転職先を決めたとしても、またすぐに同じように大変な転職活動をしなければならない事は目に見えているため、今努力するというのは絶対に間違ったことではありません。

 

 

そしてこの大変な転職活動は、理想の転職先をしっかりと探せている人にとっては当たり前の事ですので、ある意味大変な思いをしている人こそ正しい転職活動が行えている人だと言えます。

 

理想の転職先を追い求めずに、ただ転職する事だけを優先させれば簡単に転職する事は出来ます。

 

 

しかしこれでは転職する意味自体が無くなってしまうため、苦労しながらも理想の転職先を追い求めるのが正しい道だと言えます。

 

それでもこのような状況だと、長引く転職活動において焦りというものが生まれやすくなってしまいます。

 

 

一度焦りが生まれてしまうと、条件を変えた方が良いのか?とりあえずどこでも良いからまずは転職すべきか?などの様な迷いが生じてしまいます。

 

このような焦りが生まれてしまうと、理想の職場を選ぶための冷静な判断というものができなくなってしまいます。

 

 

そうなるとこれまで苦労して理想を追い続けてきた努力が無駄になってしまい、結局環境が悪い職場で働く可能性が大きくなり、再転職活動を行う事になってしまいます。

 

そこで今回は、転職活動において焦りが生まれた場合の正しい対処法というものを、詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

まずは、同じように転職活動において焦りが生まれてしまった事で、正しい転職先を選ぶことができなかった体験談をご覧いただきます。

 

実際の転職活動での体験談ですので、転職者がやってしまいがちな思考がすごく分かりやすくなっています。

 

 

理想の転職先を追い求めるという正しい転職活動を行っている人ほど陥りやすい問題ですので、あなたの転職活動にも必ず取り入れるべき注意点になっています。

 

焦りが生んでしまう状況と、それを回避していくためにどうするべきか?というポイントに注目して体験談をご覧いただきたいと思います。

転職に対する覚悟が足りずに転職先を焦って決めた失敗談

つらい転職活動

転職経験が数回あり、現在4社目で働いています。3社目に入社した際の転職活動は一言でいえば正に「失敗」でした。

 

まず新卒で入社した職場で専務からの陰険なパワハラにあい、職場で倒れ会社に通えなくなり、1年で退職しました。

 

 

正社員でしたが、1年で退職となるとなかなか次に雇ってくれるところがなく、必死に就職活動をしましたが決まらず、当面の生活を維持するためにとりあえず二社目となる広告代理店にアルバイトとして入社しました。

 

 

ゆくゆくは人事になりたいという目標もあったため、求人広告代理店に関心があったというのも大きかったです。

 

なので、アルバイトでもあまり深く考えずに入社してしまいました。

 

 

結構大きな会社でしたが、時給が1000円だったのですぐに生活が苦しくなり、体調も良くなっていたので、再び転職活動を開始しましたが大苦戦しました。

転職活動の難しさ

転職活動の難しさ

どこにいっても現在アルバイトであるということが分かると途端に面接官の表情が曇りました。

 

人事職のみにこだわらず、バックオフィス全般を受けていましたが、とにかくどこに行っても一次面接で落とされました。

 

 

様々な転職エージェントにも行きました。卒業した大学にも電話したり、転職サイトにも登録をしました。

 

それでもとにかく決まらない中、ある外資系転職エージェントに登録をしました。

 

 

そこでは、面接対策等を毎日やってくれたり、いろんな求人を毎日送ってきてくれて、フルタイムのアルバイトの傍ら、週に3回か4回は仕事帰りに面接に行きました。

 

「何で職場で正社員にしてもらわないの?」「その年で、何でアルバイト?」「田舎に帰ったら?」「何でそんな人生になったのか、今から反省点を話して」など未だに忘れない暴言も面接官から言われました。

 

 

そんな中、面接にもたくさん行きはじめたことで生活がもっと苦しくなり余裕がなくなった頃に、面接1回で正社員として内定を出してくれた会社に出会いました。

 

当時は念願の正社員になれるし、今の生活苦からも抜け出せるとすぐに受諾してしまいました。

 

 

何よりもう転職活動するのが辛くてしょうがなかったのです。

 

ですが、今なら分かりますが面接一回で正社員として内定を出すような会社は大抵は「ブラック企業」の可能性が高いと思います。

転職先の厳しい現実を知った後の転職活動

厳しい転職先の現実

その会社はほぼ毎日パワハラ上司が部下をいじめ、教育等は一切なく、また毎日深夜まで働かせるような絵にかいたようなブラック企業でした。

 

私はバックオフィス職で入社しましたが、私のポジションは過去1年間で6人以上辞めていました。

 

 

3年もいれば古株扱いです。みんな1年もしないで辞めていくので慢性的に人手不足で、それが更なるストレスを呼び、パワハラが横行していました。

 

もう最後の転職にしようと思って入社したのにと本当に失望しましたが、自分の人生を決める転換期になると思い、もう一度転職活動を開始しました。

 

 

地獄のような日々でしたが、なんとか現在の4社目に出会うことができました。

 

ここでは良いキャリアを順調に積むことができています。

再転職で気を付けた事

気を付けた事

この4社目に入社する際に気をつけた点は下記についてです。

 

①通いやすいこと

 

→家から1時間はかかるところに通勤していました。

 

残業が遅くまで続くと帰りは深夜になっていたので、次は少しでも近い所にしようと思いました。

 

 

②今度は本当にやりたかったことをやること

 

→前回の転職活動は「正社員になれること」に主眼をおいていました。

 

ある意味、結婚で言えば誰でもいいから結婚してくれる人を探していました。

 

ブラック企業に入社しない一番の自己防衛だと思ったからです。

 

 

③焦らないこと

 

→3社目への入社は焦った結果の失敗です。

 

本当はすぐにでも辞めたかったし毎日通うのが本当に大変でした。

 

私が転職活動している間にも同僚は次々と辞めていき、ますます負担が増加していきました。

 

でも、そんな中焦ってしまうと結局同じことの繰り返しだと必死に自分に言い聞かせました。

 

苦しいですが、焦らずに冷静になる。これが一番大事だったと思います。

 

 

私のコンプレックスは、正社員としての職歴が短い事とアルバイト歴(アルバイトを差別しているわけではありません)でした。

 

しかし、現在の会社は私のアルバイトの経験を高く買ってくださっています。

 

 

転職活動は辛いです。

 

ですが、一つ一つ当たり前のことに向き合っていくといつか自分を認めてくれる会社に出会います。

 

 

私も渦中にいるときは想像できませんでしたが、自分を信じること、どれだけ否定されても軸をぶらさず自分と向き合い自分で自分を否定しないこと。

 

この二点がとても大事だと思います。努力は絶対に裏切りません。

 

月並みですが、これが転職活動を乗り越えるコツだと思います。

転職先が決まらない事で焦りが生まれた場合の対処法

辛い時の考え方

体験談を読んで頂ければ理解して頂けたと思いますが、焦りが生まれてしまう状況は、転職活動に大きなデメリットを及ぼしてしまいます。

 

このデメリットを理解しておかなければ、正しい対処法も出来なくなってしまいますので、まずは焦りによる具体的なデメリットからまとめていきたいと思います。

転職における焦りのデメリット

焦ったら冷静な判断ができなくなるという事は、これを読んでいるあなたも十分理解している事かと思いますが、その重要度までしっかりと理解できている人は少ないと思います。

 

体験談の様に、興味があったにしてもまず広告代理店のアルバイトを選んだという事も、焦りが原因だと言えます。

 

 

もちろんこれから先やっていきたい、興味のある分野をアルバイトでも良いから、学んで将来に繫げていきたいと考えているならば、一概に間違った判断とは言えません。

 

しかし体験談の様に興味があるというだけで、実際の生活の事を考えずにとりあえずアルバイトを選択する、という形は焦りが原因と言わざるを得ません。

 

 

アルバイトがデメリットということにしても、次に繋がるスキルを得るためのものであれば、少なくとも面接でアピールする事ができ、ここまで苦労する事にもならなかったかもしれません。

 

そしてさらに、アルバイトということでその後の転職活動が難航し、その結果一度の面接で内定を得られるような会社に入ってしまった事が最大の焦りによる失敗になります。

 

 

こんな状況において一度の面接で内定をくれるというのは、どう考えても怪しい企業だと予測できます。

 

一度の面接ですぐに採用しようとするという事は、よっぽどの人手不足ではないかと予測する事もできます。

 

 

つまりそれなりの問題を持った会社だと言えますので、こういった場合にはより冷静に判断する事が必要になります。

 

しかし、焦りが生まれた状況では、体験談の様に今の状況から脱する事ができるという事しか考えず、冷静に会社を判断しようという気持ちさえも生まれません。

 

 

理想を追い求めた転職だったとしても、焦りが生まれた事によって、危険度の高い状況でも冷静な会社選びせずに転職してしまうということに繋がってしまいます。

 

冷静な会社選びが出来ない状況では、絶対に転職を成功させることは出来ません。

 

 

転職を成功させるためには、その都度冷静な会社選びを行える姿勢が必要ですので、焦りによってこれを失ってしまうデメリットというものをまずは理解しておいてください。

焦りが生まれた場合の対処法

ではどのようにすれば良いのか?という事をここからは具体的に紹介していきたいと思います。

 

体験談では、一度の転職失敗後に、転職を成功させることができています。

 

 

これが何故かというと、まず体験談では3つのポイントがあげられています。

 

・通勤距離

・やりたい仕事

・焦りを生まない様にすること

 

これらすべて確かに重要なことなのですが、これだけでは説明不十分だと思いますので、より深く掘り下げていきたいと思います。

 

 

この中で一番大切なのは、今回紹介している「焦りを生まない様にすること」というのは間違いないのですが、では何故それが出来たかというと、やりたい仕事というものをしっかりと見据えて、その上で自分に出来る事、持っているスキルをしっかりと整理して考えたからに他なりません。

 

 

転職活動において焦りを増大させるのは、不安な気持ちになります。

 

それをなるべく生まない様にするためには、今の自分に何ができるのか?これまで学んだスキルによって会社にどのような貢献ができるのか?という事をしっかりと考えていく事です。

 

 

体験談でもそれがしっかりできているからこそ、アルバイトという経歴でのスキルを認めてもらう事ができ、理想の転職先に認めてもらう事ができています。

 

焦りが生まれ、不安な部分ばかりを考える様になってしまうと、アルバイトという経歴が邪魔をすることになってしまっています。

 

 

転職活動がここまで難航したのも、アルバイトという事自体をデメリットと捉え、そこで学んだスキルをしっかりとアピールできなかったからこそになります。

 

焦りが生まれてしまうと、アルバイトで学んだスキルよりも、アルバイトという形式ばかりに目が向くようになり、それが原因で転職がうまくいかないと、更に自信を無くすことに繋がります。

 

 

そのような状況だと、企業側からしても何のメリットもない労働者として映りますので、採用してもらえるわけはありません。

 

つまり焦りを生まなくするためには、自分の条件をしっかりと設定し、それに対して自分に今何が出来るのか?何を企業にアピールできるのか?という部分を冷静に判断する事が必要になってきます。

 

 

 

体験談の最後で語られている、自分の転職の軸をしっかりと設定し、自分を信じて転職活動を行うということは、こういう事です。

 

デメリットになる形式ばかりに囚われてしまい、自分自身を冷静に判断できなければ、転職市場においても決して魅力的な人材にはなり得ません。

 

 

焦りを生まなくするために、自分自身に出来る事、学んできた事をもう一度ちゃんと把握し、それをどう生かしていく事ができるのか?という部分をしっかり考える様にしてください。

 

そうすることで、企業から見るあなたの姿は、大きく変わってきます。

 

 

転職が決まらない事で焦る状況というものは、あなた自身の転職に対する姿勢というものが大きく関わってきます。

 

そしてその姿勢が、企業側から見える姿というものにも大きく関わってきますので、この部分を改善する影響は非常に大きなものになります。

 

 

焦りが生まれそうな時ほど自分自身を冷静に見直して、進むべき道というものをしっかりと見据えられるようにしてください。

厳しい転職先の現実
最新情報をチェックしよう!