転職先を選ぶ決め手にすべき実体験から厳選した3つの重要ポイント

転職する事を考えていはいるものの、具体的にどのように転職先を選んで良いか分からないという方も多いのではないでしょうか?

 

転職を成功させるということは決して簡単な事では無く、給料に悩んでいるからと言って給料だけを考えて転職すれば良いというものではありません。

 

 

また、転職を考える時には悩みを解決するために行う事が多いと思いますが、悩みばかりに固執していても良い転職は出来ません。

 

悩みを解決するという目的も重要ですが、これから先どのような社会人人生を送っていきたいのか、明確な将来像を描くことが重要になります。

 

 

ただ給料が安い現状を変えるだけの目的で転職活動をしても、長く働ける理想の職場と言うものは見つける事は難しくなります。

 

給料だけでなく、残業時間を含めた実質労働時間や、異動や転勤の有無、福利厚生なども転職の成功には大きく影響を及ぼしてきます。

 

 

あなたの持っているスキルや望んでいる業種、地域などによって望める条件も変わってくるため、あなたの置かれた状況を冷静に分析して、それに見合った条件を設定していく事が重要になってきます。

 

 

そういったポイントをひとつずつ整理していく事で、転職先を決める決め手と言うものも見えてくるようになりますので、今回はこの決め手のポイントについて詳しく紹介していこうと思います。

 

 

まずは実際に転職の決め手を意識せずに、転職に失敗した体験談をご覧いただき、それをもとに決め手のポイントをより詳しくまとめていきたいと思います。

 

この体験談では、転職する意識の持ち方の重要性が非常に分かりやすくなっていますので、この意識と言う部分に注目して読んで頂ければ、より深く理解していただけるかと思います。

転職の決め手とすべきことを意識させられた体験談

経験からコツを掴んだ女性

わたしは24歳で転職を決め、3ヶ月後に転職しました。

 

転職後、また違う仕事に就きたいという訳ではありませんが、多少不満もありますので、今回は転職をお考えの方に少しでも力になれるよう、私の体験談をお話したいと思います。

転職先の情報収集不足

転職先の情報不足

まず私が1番後悔した事は、しっかり転職先を調べずに、サイトに記載のある良いところだけを見て意思を固めてしまったことです。

 

仕事は我慢の連続だと思うので、転職先の口コミを確認し、評判の悪い点に関して自分がどう対処していけるのかを想像していくことも必要になるかと思います。

 

 

良い事は必ず転職サイトに記載がありますが、悪い事はほとんど記載がない事が多いです。

 

私が1番確認しとけば良かったと後悔したのが、転勤はないのか、月の残業はどれくらいなのかを確認してなかった事です。

 

 

私が転職を決めた際の1番の理由は、当時の給料が低かったことです。

 

ですので、給料やボーナスに関しての調査は行なっていたのですが、勤務時間などに関しては、あまりマークしてませんでした。

 

 

給料だけを見ると、とても良い求人でしたが、後で確認するとみなし残業がかなり含まれており、ほとんどみなし残業のおかげで成り立っている給料だと後から気づきました。

 

また転勤に関しては、現在かなりの会社が全国展開しているかと思いますので、ご家族がいる方などは特にご注意が必要かと思われます。

転職先の人間関係

転職先の情報を知る方法とは?

転職で1番確認が難しいのが、現地でどのようなスタッフや上司がいるのか、つまり人間関係の部分を判断する事が難しいと思います。

 

サービス業などであれば消費者として利用する事もできますが、営業や管理職などは、実際に関わるのはほぼ不可能かと思われます。

 

 

ですので、面接の際に関わる方々が、どういった方なのかというのを観察するのがいちばん良いかと思います。

 

面接中は、必ず相手先から質問があるかと思いますので、私は必ず質問をしていました。

 

 

その際必ず質問していたのが、1年で退職者はどれくらいいるのか、面接官の方が苦労している事、やりがいとしている事を必ず質問してました。

 

 

もっと良い質問もあるかと思いますが、この2つは必ず聞くことをオススメします。

 

退職者の人数を確認する事で、どういった環境なのか、おおよその想像をする事ができます。

余裕を持った転職期間

転職に必要な時間

1番行わなければいけないのは、これらの事を何度も何度も繰り返す事です。

 

決して1,2ヶ月の期間で転職する事は決めないでください。私は1年ほど余裕を持って転職する事をオススメします。

 

 

履歴書に記載できる過去の職業は3年以上がルールです。それを二つ分記載するとしたら20歳から働き出したとしても3度目の転職時は30歳手前です。

 

 

そうなると、かなり転職の成功率は下がってくると思います。

 

何度も何度も転職を行うと企業側から長く続かない人だと思われてしまう事もありますし、あなたも何度も転職する事は望まないかと思います。

 

 

もちろん安定して働く事が1番だと思います。今後何十年も働く場所になるので、必ず何度も何度も悩んで転職先を決めて下さい。

 

1番望ましいのは、転職せずにその場所で働き続ける事です。私が1番後悔したのは転職をした事です。

 

 

転職を希望する皆さんにこういったお話をするのは少しおかしいかもしれませんが、1番望ましいのは転職をしない事です。

 

まさに継続は力なりという言葉がありますが、仕事に関してこれ以上の経験値はありません。

 

 

かといって、自分が本当の力を出せない仕事をなぁなぁに続けるのも良くないかと思いますので、人生での転職は2回、3回で済ませるのが望ましいかと思います。

 

だからこそ、転職はあまり回数を重ねないように心がけておきましょう。

 

 

最後にお伝えしたいのは、転職先が自分の希望する形と少し違ったとしても、必ず2年は継続してください。

 

私は過去に3度転職をしてますが、4度目となるとかなり厳しく、転職するか悩んでいます。皆さんがよりよい職業に就職出来ることを祈っております。

転職先を選ぶ決め手とすべき3つのポイント

体験談の様な軽い気持ちで転職活動を行って、その結果転職後に後悔してしまう人というのが非常に多くなっています。

 

冒頭でも申し上げましたが、考えるべきポイントだけはしっかりと考えておかなければ、決して転職を成功させることはできません。

 

 

ここからは、体験談の内容をもとにして、転職活動で考えるべき重要なポイントについて詳しくまとめていきたいと思います。

給与と残業のバランス

体験談の様に給与の事だけを考えて、転職に失敗してしまう人は実は非常に多くなっています。

 

確かに給与の低さに悩まされて転職を考えている状況では、高収入の求人などは非常に魅力的に感じてしまいますが、体験談の様にそれに伴う残業時間が大きく増えてしまえば、満足のいく転職だとは言えません。

 

 

単に給料がいくらぐらい欲しいのか?と言う考えをするのではなく、給料に対する残業の多さがどれぐらいで、休日出勤やそれに伴う手当てがどれぐらいなの?という事までしっかりと考えなければなりません。

 

 

求人票に記載されている表面上の給与に騙されずに、実質労働時間と給与のバランスを考えた条件で比較し、自分自身の中で最低ラインを設定しなければなりません。

 

残業時間は月どれぐらい可能で、その労働時間で給与がいくら必要なのか?と具体的に考えて、それを給与条件の決め手とする様にしてください。

ワークライフバランス

このワークライフバランスには、先ほどの残業時間と言うものも関わってきますが、それとおなじぐらい重要視すべきなのが、異動や転勤などになります。

 

体験談で言われている通り、家族がいる人などは特に注意しておくべき条件ですが、今後結婚の可能性を考えるならば独身の方でもしっかり考えておくべき問題です。

 

 

いくら給与が良かったとしても、頻繁に転勤などがあるような会社では、やはり大きなデメリットとなってしまう場合が多くなります。

 

独り身で様々な地域で働けるというメリットにも感じる部分もありますが、それがいつまで続くのか?という事は考えておかなければなりません。

 

 

転勤があるとダメと言う訳ではありませんが、転勤の可能性まで含めた上で、将来を考えていく必要があります。

 

あるとしたらどれぐらいの間隔でやってくるのか?その分給与は高い方が良いのか?そういった事まで考えて、人生設計をしておく必要があります。

職場の雰囲気や人間関係

今回紹介する転職先を選ぶ決め手とすべきポイントで一番重要なのが、この人間関係になります。

 

どんなに労働条件が理想的だったとしても、人間関係に問題があれば長くは続きません。

 

 

体験談中にも言われている通り、訪れる事が可能な場所ならば実際に尋ねて雰囲気を確かめてみたり、面接を担当してくれる人を見極める事で得られる情報も重要になってきます。

 

実際に自分の目で確かめて、問題のある人がいないかどうか、また全体の雰囲気として問題のある会社ではないか?こういった部分を判断していく事が非常に大切になります。

 

 

それ以外でも、ネット上での口コミ情報なども調べてみて、大きな問題がある会社ではないか推測していく事も重要になります。

 

パワハラ上司やお局的存在など、人間関係の問題は理想の転職どころか仕事を続けられるかどうかという問題まで悩まされる問題です。

 

 

どんな条件よりも、この人間関係と言う部分だけはしっかりと情報収集して、それを転職の最後の決め手としていく事が理想的です。

 

はっきりした問題を見つける事では無く、違和感を見つけるだけで充分冷静になるべき情報になりますので、是非自分の目で見るということを疎かにしないようにしてください。

転職先を選ぶ決め手とは

これまで読んでもらえれば分かるように、まずはあなた自身の希望条件を、将来まで見据えたスタンスで設定していく必要があります。

 

それが出来れば、あとは職場の人間関係の問題の可能性を調べて最適なタイミングで転職を実践していくだけですので、ほとんどはあなた自身の条件設定が重要になってきます。

 

 

今回紹介したポイント以外にも、仕事のやりがいや会社の将来性など、会社を選ぶポイントは存在しますが、決め手として考えるべきなのは今回紹介した内容になります。

 

体験談でも言われている通り、なるべき期間に余裕を持ってじっくりと情報収集していく事が重要になってきます。

 

 

転職とはそんなに何度も出来るものではありませんので、出来れば一度の転職で理想の職場が見つかるように、じっくりと企業を見極めていくようにしてください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!