転職が後悔しかないものになる原因と転職を後悔した時の最適な対処法

現在の職場に対して、給与面・人間関係・労働時間など、誰しも多少の不満は持っているかと思います。

 

特に給与面や労働時間などは生活に直結してきますので、そういった不満の場合には、悩みが大きくなってしまう事も少なくありません。

 

 

そういった状況から脱却するために、転職という一手を決断する人も少なくありませんが、転職後に後悔する事になる人もまた少なくありません。

 

最初は理想の転職先を見つけるために頑張っていても、転職活動を続けるうちに焦りや疲れから誤った行動をしてしまう事が多くなります。

 

 

転職というものは、失敗したからと言って何度も簡単に繰り返せるものではありません。

 

出来るならば一回の転職で、一生働き続けられるような理想の職場に出会えることが理想になります。

 

 

これは非常に難しい事のようですが、実は考えるべき事をひとつずつ考えていけば、決して難しい事ではありません。

 

そこで今回は、転職後に後悔する事の無い理想の転職先を見つける方法と、すでに後悔している場合の対処法について紹介していきたいと思います。

 

 

この記事をすべて読んで頂ければ、転職後に後悔するような事態を避けていく事ができる様になりますので、是非じっくりとご覧ください。

 

まずは転職を後悔してしまう非常に典型的な失敗例を見て頂きます。

 

その体験談をもとに、後悔しない為に必要な行動をひとつずつ紹介していきますので、体験談も読んで頂ければより理解しやすいかと思います。

転職を後悔した体験談

転職を後悔して頭を抱える男性

地元企業で、準社員として経理職で働いていた時のことです。

 

その職場はすごい激務で休みも少ない職場でした。その割に時給がかなり低く、確か記憶では自給750円程度からのスタートでした。

 

 

低賃金の地域とはいえ、それにしてもかなり低く、毎月すごくやりくりが大変だったのが忘れられません。

 

ただ賞与が年に2回2か月分あり、それで何とか補えていたような状況でした。当時の休みは、日曜祝日と、毎月第二第四土曜日でした。

 

 

私は、

・賃金が低いこと

・休みが少ないこと

・深夜残業が多いこと

などの理由から、10年働いたあとに転職を決意しました。

 

 

深夜残業はほぼ毎月数日間発生していました。定時は17時半でしたが、その時間に帰ったことは数えるほどしかありません。

 

大抵20時すぎに仕事が終わっていました。繁忙期に身体を壊し、つらい思いで働いた日も数え切れません。

 

 

人間関係は比較的良好でしたが、とにかくつらい仕事でした。

 

社員の方たちが全員帰った中、たったひとりで残業していたこともありました。

 

 

準社員とはいえ、業務内容は正社員とほぼ同じ内容でした。

 

10年間の間に昇給はあったのですが、1年で時給5円ずつの昇給だったため、あがっているのかいないのかも良く分からないような状況でした。

 

 

なぜそこに10年もいたのか、と聞かれることもありますが、あまりの頻繁さに転職をするのもと思い、耐えていました。

転職を後悔することになった理由

転職を後悔している女性

転職活動を始めてから、2ヶ月ほどで次の仕事を見つけました。

 

その当時の前職の時給よりも、新しい職場のほうが、50円ほど時給が高い計算でした。そして、休みも多い会社でした。

 

 

完全週休二日だったので、休みが多く時給が高いなら、その方が良いだろうと判断して、転職をしました。

 

しかしこの転職は、結論から言えば失敗となってしまいました。

 

 

時給が少し上がってはいるものの、休みの日数が多いぶん、手取りが下がってしまったのです。

 

そして残業も前の仕事よりも少なくなった結果、給料は悲惨なものでした。

 

 

最初の月は驚いて声も出ませんでした。また賞与も数千円程度の「小遣い」程度しか出なかったのです。

 

毎月のやりくりがさらに大変になったのは、言うまでもありません。

 

 

入社前の面接では「頑張れば2年経過後に正社員登用がある」という話でした。

 

しかし入社後その気配もなく、周りにも正社員になっている気配は全くありませんでした。

 

 

思い切って上司に確認してみたところ、「正社員になれる人もいないわけでもないが全員ではない。人数が多いので全員を正社員にすることはできない」という話でした。

 

 

話が違う、と思いましたが、もう入社してからではどうすることもできませんでした。

転職を後悔することになった直接の原因

転職を後悔した原因とは?

休みは増えて体力的には楽になったものの、年収が大幅にダウンしてしまったのは大後悔でした。

 

そのうえ正社員になれる見込みもないわけですから、結局3年ほどで退職してしまいました。

 

 

振り返れば、その会社への転職は「焦りすぎ」だったのだと思います。転職したくて焦ってしまっていたのです。

 

転職に後悔しないためには、希望を出す前にもっときちんとネットで検索しその会社について調べるべきでした。

 

 

転職先の会社は、実は国内でも悪い意味で超有名な会社でした。

 

契約社員の状況についても、あとからしっかり調べたところネットで情報を得る事ができました。

 

 

給料が安いというのも、また上司が面接時に言うことは現実性が低いことも…。チェック不足だったことが今でも悔やまれてなりません。

 

 

転職を決意したこと自体は正解だったと思っています。それ以降、身体がずいぶん楽になったからです。

 

年中深夜まで働くこともなくなりました。しかし、できればもっときちんと調べた上で、状況に納得して転職するべきでした。

 

 

昔と違い、今はネットに情報が溢れています。

 

全てを鵜呑みにして良いとは思いませんが、転職に後悔しないためには、そこで働いている人の実際の声は絶対に参考になるはずです。

転職の後悔に繋がるよくある理由

まずは、転職の後悔に繋がる原因について紹介していきます。

 

すべての状況が、本当によくある絶対に注意すべき重要なポイントとなっていますので、是非じっくりとご覧ください。

転職後の実質労働時間での後悔

転職後の実質労働時間で後悔

労働時間や残業の多さが原因で後悔する具体例

ある程度の労働時間や残業時間は聞いていたものの、実際に働き始めて実質労働時間に悩まされ後悔するパターンになります。

 

忙しい時期に入社したり、部署によって残業に対する考え方ですれ違いが生じる場合もありますが、そもそも面接時点で嘘を言われる事もあり得ます。

労働時間や残業で後悔しない方法

求人票に記載してある残業時間だけで判断するのは非常に危険です。

 

労働条件通知書などで労働時間や残業の有無を確認する事も大切ですが、実際の残業時間も把握する事が重要になります。

 

 

面接の時には内定に響くかもしれないという理由から聞きずらい質問になりますが、内定を貰った後でなら聞きやすくなります。

 

また、会社の口コミサイトなどで調べたりすることも有効で、度を過ぎた労働時間の場合にはすぐにネットで情報を得る事ができます。

 

具体的な残業時間を把握する方法については、転職前に正確な残業時間を知る方法を読んでおいてください。

転職後の人間関係での後悔

転職後の人間関係で後悔

人間関係で転職を後悔する具体例

どんなに労働条件が良くても、職場の人間関係に悩まされるような状況だと長続きはしません。

 

お局的存在がいたりパワハラ上司がいたり、また会社全体が結果第一主義で、ギスギスした雰囲気で付いていけないという状況も多いようです。

人間関係の問題で後悔しない方法

人間関係に関しては、働いてみないと詳細な事は分からない為、転職活動では特に何も対処しないという人が非常に多いようです。

 

しかし先ほども言ったように、人間関係の問題は、働き続けるという点において非常に重要なファクターである為、出来る限りの事はやっておきたいところです。

 

 

残業時間の時と同じように、口コミサイトで情報を調べるという事は、まず絶対にやっておかなければなりません。

 

さらには、面接の時などに職場見学をさせてもらい、職場全体の雰囲気を確かめてみる事も重要になります。

 

人間関係の問題を事前に把握する方法を読んで頂ければ、事前に人間関係を把握する方法をより深く理解していただけると思います。

転職後の待遇面での後悔

転職後の待遇面で後悔

待遇面で後悔する具体例

転職の際の待遇面と言うと、給与の事についてはほとんどの人が考えられていると思いますが、それ以外の待遇面までトータルで考えられている人が非常に少なくなっています。

 

体験談の様に時給だけで考えて月給で後悔したり、賞与の確認不足で後悔したり、またそれ以外でも昇給や昇進、仕事の任され方などでの後悔も多くなっています。

待遇面で後悔しない為の方法

転職先を決める際に給与は非常に重要な要素ですが、給与だけでなく様々な面での待遇を考える事が重要です。

 

給与に関しては時給や月給だけでなく、残業代まで含めた月給の予測と、賞与まで含めた年収まで考え、昇給や昇進の評価方法まで考えていく事で、給与面での後悔は避けることができます。

 

 

さらに給与面以外では、仕事の進め方や任され方なども不満に繋がるため、事前にしっかりと確認しておきたい部分になります。

 

転職における待遇面の正しい考え方については、トータルの待遇面の大切さについての記事を読んでおいてください。

転職後の仕事内容での後悔

転職後の仕事内容で後悔

仕事内容で後悔する具体例

自分がやりたいと思っていた仕事と違った。こういった後悔も非常に多くなっています。

 

仕事内容自体が想像と違ったという場合もありますし、メイン業務よりもそれ以外の業務のサポートの方の割合が多かったという状況も増えています。

仕事内容で後悔しない為の方法

仕事内容で後悔しない為には、詳細な仕事内容を事前に把握しておくことが必要になります。

 

面接にて、同じような立場の社員の一日の詳細なスケジュールを聞いたり、募集要項以外の仕事の有無についても聞いておく事で、より具体的な仕事内容を詳細にイメージできるようになります。

 

事前に詳しい仕事内容を確認する方法を読んで、より詳しく仕事内容を知る方法を知っておいてください。

転職時の会社選びでの後悔

転職時の会社選びで後悔

前職との社風や仕事の進め方の違いなど会社選びで後悔する具体例

仕事のやり方や進め方が前職と大きく異なり、日々の業務にストレスを感じて後悔する方も増えています。

 

会社のやり方が非効率的な場合も不満を感じますし、全体のレベルがついていけないぐらい高いレベルの場合にもストレスを感じる事になります。

 

また、部署の責任者のやり方によっても大きく満足度が変わってきます。

会社選びで後悔しないために必要な事

会社によってやり方は全く違う場合もありますので、まずは会社に合せていこうとする気持ちも重要になります。

 

事前にしておくべき事としては、自分のスキルがその会社で通用するかどうかを見極める事が大切です。

 

 

また他のポイント同様に、会社の口コミを調べておき、パワハラなど仕事を進めるうえでの障害が無いかどうかも把握しておくようにしましょう。

 

会社選びのポイントとしては、会社の業績を把握しておくことも大切ですが、その業界全体の将来性も見極める事が重要になります。

転職で後悔しないために必要なその他のポイント

転職する会社の労働環境を調べる

転職後の労働環境

仕事の満足度に関わってくる労働条件を把握するという事や、職場の雰囲気を知る事が重要になりますので、以下のポイントについて確認しておくことが重要になります。

転勤や異動の有無

結婚している人は特にですが、転勤などの有無は仕事を続ける上で非常に重要な事だと思いますので、必ず事前に確認するようにしておきましょう。

 

異動に関しても、その都度環境の変化で満足度が変化するリスクが伴いますので、事前に確認しておくべき事になります。

休日出勤の有無

休日出勤が必須の業界も存在しますが、結婚後の事を考えると、休日出勤の有無で仕事を続けられるかどうかの継続率に大きな差が出てきます。

 

必須の業界で無いのならば、事前にその有無を必ず確認するようにしましょう。

職場の人間関係や雰囲気

職場の人間関係は仕事の満足度に大きく関わってきます。

 

この部分に問題があると、転職を後悔する大きな原因となるため、出来る限り事前に調べておくことが重要になります。

 

 

企業の口コミ情報で、人間関係に問題のある会社ではないかを調べるのはもちろんのこと、面接時に職場見学をさせてもらい、職場全体の雰囲気や働いている社員の顔色なども確認し、問題がないかどうかを見極める事が大切になります。

労働条件通知書の確認

内定を獲得した時点で労働条件通知書を貰う事ができますが、これを確認せずに転職し、働き始めてから条件の違いに気付いて後悔する人が非常に多くなっています。

 

 

求人情報や面接時の条件は、あなたのスキルに関係なく万人に向けられた条件になります。

 

あなたが内定を獲得した時点で、あなたの能力に応じた労働条件が確定しているはずですので、働き始める前に労働条件通知書を確認しておくことは非常に重要です。

 

 

内定の時点であれば、辞退してもキャリアに傷はつかないので、条件に食い違いがあればこの時点で辞退する事も出来ます。

早く辞めたいという気持ちに負けない

仕事で悩みを抱えてしまうと、どうしても早く辞めたいという気持ちが大きくなっていきます。

 

しかし、焦って早く辞めてしまうと、納得のいく転職が出来る可能性が大きく下がってしまいますので、心身に影響するような状況でなければ、冷静な判断が必要になってきます。

 

 

決して辞める事を第一選択としないように、早く辞めたい気持ちの冷静な判断方法を読んで、早く辞めるべき状況かどうかの判断方法をしっかりと把握しておくようにしてください。

後悔しない転職先の探し方

これまでに紹介した、転職を後悔しない為のポイントを把握できた上で、さらに整理しておくべき事を紹介していきます。

 

後悔しない為のポイントを熟知した上で、これから紹介する3つのポイントを実践していけば、転職で後悔してしまう可能性は大きく下げる事ができます。

 

是非じっくり読んで今後の転職活動に役立ててください。

転職前に希望条件の軸を設定する

転職後の労働条件の軸

希望条件の軸をしっかりと設定しておかなければ、転職活動を続けるうちに自分の条件があやふやになってしまいます。

 

あらかじめ希望条件の軸をしっかりと設定しておけば、希望条件のブレは無くことができますので、必ず設定しておきましょう。

 

 

希望条件の軸設定は、そんなに難しく考える必要はありません。

 

給与や休日日数、残業や転勤の有無などすべての条件を、

絶対に譲れないSランクの条件

譲歩できるが出来ればこだわりたいAランクの条件

ある程度譲歩できるBランクの条件

の3つに、ランク分けしておきます。

 

 

Sランクの条件については絶対に譲らない条件ですので、その譲れない条件を設定してください。

 

次にAランクの条件については、理想のラインと最低限のラインを設定しておきます。

 

Bランクは最低限のラインだけ設定しておきましょう。

 

 

実際に求人を探す際には、まずSランクの条件をクリアーする求人を探し、その中でBランクもクリアーしているものだけを抽出します。

 

そして残った求人の中から、Aランクを基準にして、理想のラインをよりたくさんクリアーしているものが転職先候補になります。

転職後に後悔しない為に必要な自己分析

転職における自己分析

転職を行う上で自己分析は非常に重要になってきます。

 

この自己分析をしっかり行っているかどうかで、転職活動の質は大きく変わってきますので、必ず行うようにしてください。

 

以下自己分析を行う事で得られるメリットについて少し触れておきたいと思います。

自分の強み

転職で有利に働くあなた自身の強みとは、今までの仕事で培ってきた自分のスキルだけではなく、あなた自身でも気づいていないような、性格的な向き不向きという部分も重要になります。

 

自己分析ツールなどを利用する事で、そういった客観的な自分の強みも知る事ができ、結果これまでのスキルと合わせて、トータルな自分の強みというもので企業にアピールする事ができる様になります。

 

また、仕事を探す上で、自分の向いている仕事を探すだけでなく、客観的に見た場合の向いていない仕事を避けていく事も出来るため、転職活動において非常に大きな力となってくれます。

転職の幅が広がる

自己分析を行う事で、今までやっていた決まった業界だけでなく、「あなたに向いている仕事すべて」という広い視野で仕事を探すことが出来る様になります。

 

意外な方面で自分のスキルを活かせられたという事は良くあることですので、こういった点でも自己分析でメリットを感じられる部分になります。

 

 

自己分析をすることによるメリットは主にこの2つになりますが、これによりあなた自身の強みを自分自身でしっかりと把握し、それが社会にどのように貢献できるのかまで考えられ、仕事探しの質を上げ、かつ視野も広げてくれることになります。

求人情報で視野を広げる

求人情報

自己分析を行えたら、その情報を頭に入れた上で、いろんな求人情報を見てみましょう。

 

様々な求人情報を見る事で、いろんな可能性を感じる事ができる様になります。

 

本当に意外なところにあなたの可能性が広がっている事があるので、いろんな業界の求人を見て、その業界への理解を深める様にする事で可能性は広がってきます。

 

 

このように、自己分析によって得られた「トータルな意味合いであなたに向いている仕事」かつ、広い視野で探した求人の中から、希望条件の軸に沿って求人を探していくことで、後悔する事の無い転職先を見つけやすくなります。

 

 

その後は、これまでに紹介したポイントに沿って面接などを行っていけば、転職で後悔してしまうリスクは大幅に下げる事ができます。

転職で後悔した時にやるべき事

ここまで転職後に後悔しない為の方法を紹介してきましたが、次からはすでに後悔するような状況になっている方に、後悔した状況でやるべき事を紹介していきます。

 

 

今後悔するような状況だからと言って、決してもうどうしようもないと諦めたりしないでください。

 

まずは、これまで紹介してきたよくある状況について解決法を紹介していきたいと思います。

労働時間や残業の多さの解決法

定時上がり

この問題でまず最初に考えなければならない事は、ブラック並みの労働時間かどうかという事です。

 

月の残業時間が80時間を超えるならば、ちょっとした対処法で解決できる問題ではありませんので、積極的に転職する事を考えるべきです。

 

 

ただ今のあなたが、残業はゼロでありたいのに、毎日1時間程度、月に20時間程度残業があるなど、常識的な範囲内での残業ならば、改善していく事は充分に可能になります。

 

仕事の効率を上げる事で定時に終わるやり方に変えていくとか、ちょっとした残業が当たり前の職場ならば、職場全体の残業を減らしていくやり方を上司に提案してみる。

 

 

当たり前のような行動なのに、なかなか踏み出せない行動ですが、悩みを解決するためにはこれぐらいの行動は必要になってきます。

 

逆にこの行動だけで問題が解決するのならば、転職する事に比べれば全然労力は少なくなりますので、是非行動を起こすべき事になります。

人間関係の解決法

良好な人間関係

職場の人間関係に悩んでいる時は、どうしても解決できないような重大な問題だと捉えがちになります。

 

しかし、あなた自身のちょっとした行動を考え直すだけで問題が解決する事は良くあることです。

 

 

もちろん相手が100%悪くて、度を過ぎた行動をされている時にまで、我慢しなければならないという事ではありません。

 

そこまでいかないような人間関係の問題ならば、あなたの姿勢を変えていくだけで状況が大きく変わる事も望めます。

 

 

特に転職という状況においては、転職者であるあなたは、以前の職場のやり方が染みついていて、今の職場のやり方に馴染めないと言った理由から、自分でも知らないうちに相手に不快感を与えているという事は良くあることです。

 

 

転職したからには、最初は一から出直すつもりで、低姿勢を心掛けていく事も時には必要になってきます。

待遇面での不満の解決法

好待遇

給与や昇給などの待遇面で不満を感じて転職した事を後悔しているのならば、残念ながら対処できる方法としては多くはありません。

 

しかしその中でも、出来るだけの事をやってみる事は大切になります。

給与面での不満

給与面の不満においては、現状の仕事のやり方を続けていては会社側にも限界がありますので、給与アップを望むことは難しくなってきます。

 

その中でやれる事と言えば、新たな境地への開拓を提案し、それに見合う業績アップを会社側に提案し、結果給与アップを望んでいくという事しかありません。

 

 

これはその業界によっても出来る事は限られてくるため、業種によっては新規開拓や幅を広げていく事は難しいことかもしれません。

 

しかし、給与面以外での条件に満足しているのならば、新天地と言うものを考えて会社側に提案してみる事も十分可能性としてはあると思います。

仕事内容に対する不満の解決法

仕事内容に不満がある場合には、まずは自分自身の仕事のやり方を変えていくことも必要になります。

 

やりたい仕事ができない場合でも、そこでやる気を無くすのではなく、まずは自分に任せられた仕事を、会社の期待以上に成果を上げていく事が重要になります。

 

 

そうすることで、いずれやりたい仕事を自分で取りに行けるような状況を作りやすくなります。

 

また、その会社にやりたい仕事が全くなかった場合でも、実績さえ積んで行けば、やりたい仕事を提案できるようになるかもしれません。

 

 

こういった回り道的なやり方をしていく事は、とても長い道のりだと感じるかもしれませんが、待遇面で不満が無いのであれば、転職するよりはよっぽど現実的な未来を手に入れる事ができる様になります。

 

こういったやり方をすることで、あなた自身のスキルも溜めていく事ができるため、まずは一から実績を積んでいく事を考えてください。

転職を後悔して前の職場に戻りたい

以前の職番に戻る

転職したものの、後悔の念が日に日に大きくなり、以前の職場に戻りたくなるという事は良くあることです。

 

しかし、転職という結論を出した以前の職場にも、それなりの悩みがあった事を忘れるべきではありません。

 

 

今の職場での不満ばかりを言うのではなく、まずは転職した事で悩みが解決した部分も一度冷静に考えてみる事が重要になります。

 

冷静に考えてみると、今の職場に転職して解決した事が意外と多いという状況はよくあります。

 

 

それでも以前の職場の方が悩みは小さかったと思うのならば、出戻りする事も全然不可能ではありません。

 

しかし、前の職場に戻ったからと言って、以前と同じ働き方が出来るとは限りません

 

給与が下がってしまう可能性も否定はできませんし、扱われ方や仕事内容も変わってしまう可能性は大きくなります。

再転職

再転職を考える

以上の事でも問題が解決しないのならば、再転職するという事も視野に入れていく必要があります。

 

現代社会では、転職回数については昔ほど嫌悪感を持たれなくなっていますので、前に進むための転職ならば十分可能性は残っています。

 

 

しかしそれでも転職回数が多いと、すぐ辞める人なんじゃないかという考えを持った人もまだまだ多いですので、それなりのデメリットは覚悟しておく必要があります。

再転職の進め方

再転職という選択をするにしても、今の職場で仕事を続けながら転職活動を行うようにするべきです。

 

今回紹介したような転職に後悔しない為の方法をすべて実践し、その上で転職エージェントを利用して転職活動を行うようにしてください。

 

 

今回の記事に書いてる事をすべて実践すれば、あなた自身の条件設定はほぼ完ぺきになります。

 

あと残されているのは、その条件に見合った企業を見極めていくという事になります。

 

 

この見極めという部分を一人でやっていくとなると、少なからず情報不足によって企業を見極めきれないリスクが伴います。

 

そこで転職エージェントを利用する事で、ネットだけでは知る事ができない情報を手に入れる事ができます。

 

 

さらに転職エージェントを利用すると、面接時の職場見学の交渉や残業時間などのより詳しい労働条件聞き出しなど、自分でやるには多少気が引けるが確認すべき事も全て任せる事ができるようになります。

 

 

これは意外と大きなメリットになりますので、あなたの希望条件の軸をしっかりとエージェントに伝え、それに見合う企業を探してもらうようにしてください。

 

こういった点からも、転職の後悔を無くすには転職エージェントの利用は必須になります。

 

 

転職を後悔している状況になったからと言って、それが辞めるべき時ではありません。

 

転職後に後悔した時にやるべき事」の部分に書いたことをしっかりと実践して、働きながら転職エージェントの力も利用しながら転職活動を行うようにしてください。

 

 

それで今の悩みが解決して働き続けられるのが一番ですし、解決が難しそうでも、今回紹介した事を実践しながら転職エージェントを利用すれば、理想の転職先はきっと見つける事ができます。

 

くれぐれも後悔しているからと言って、すぐに辞めるという選択はしないようにしてください。

後悔しない転職
最新情報をチェックしよう!