仕事のミスを減らすためには2つのポイントを改善するだけで充分

仕事のミスを減らす為にはどうすればいいのか?毎日悩んではいないでしょうか?

 

仕事でミスばかりしてしまうと、周りの人に迷惑を掛けしまっている事で気持ちが落ち込んでしまい、そのうち自己嫌悪に陥ってしまいます。

 

 

誰も好きでミスばかりしている訳では無いのに、冷たい言葉を浴びせられる事も多くあると思います。

 

そういった状況で転職ばかりを繰り返しているという人も多いのではないでしょうか?

 

 

毎日毎日つらい思いをして、それでもミスが減らなくて、周りに迷惑かけて自分を責めてしまう。

 

あなたはその状況から本当に抜け出したいと思っているでしょうか?

 

 

仕事のミスを減らす為の特効薬はありませんが、確実にミスを減らしていける方法はあります。

 

ただ、どんなことでもそうですが、それなりに強い気持ちを持って挑まなければ、状況を改善する事は難しくなります。

 

 

今置かれた状況がつらすぎる。このままでは社会で働いていける自信がない。そのような感情を抱いているのならば、まずは絶対にその気持ちを忘れない様にしてください。

 

地道な作業であっても、悔しい気持ちを忘れずに強い気持ちで改善する意思を持ち続ければ、必ずミスは減らしていく事ができます。

 

 

今回の記事で紹介するのは、ミスを減らしていくための、たった2つのポイントになります。

 

決して難しい内容ではありませんが、簡単で地道な内容ほど人は面倒くさいと感じる様になります。

 

 

しかし絶対に改善するという強い気持ちを持っていれば、途中で面倒くさく感じる事も自分で許さなくしていけるようになります。

 

一番大事なことはミスを減らしていく事ですので、ミスを無くした未来の自分を思い描きながら、妥協を許さない決意を持ってください。

 

 

まずは、実際にミスの多さで悩み、自分自身の仕事を見つめ直して、仕事の質の改善に成功した体験談をご覧いただきます。

 

楽してミスを減らす方法は無いという事を念頭に置いて、確実にミスを減らす為に必要なポイントは何か?という部分に注目して読んで頂ければ、より理解していただきやすいと思います。

 

 

体験談の後には、ミスが減らない原因やミスを減らすための具体的な方法について、より詳しくまとめていきますので、是非最後までしっかりと読んで頂き、今後の社会人人生に役立ててください。

仕事のミスを減らすことができた体験談

入社して4年が経ったころ、自分のミスが増えていることに悩んでいました。

 

それまでも小さなミスはあったものの、それでも社内で解決するものばかりだったので大きな問題にはならなかったのですが、大きなミスを連続して起こしてしまい、自分でもショックを受けていました。

 

 

もちろん、上司から「最近大きなミスが増えているけれど何があったの?」、「プライベートや職場の人間関係に悩んだりしてない?」と心配されることもありましたし、先輩からは「最近ミス多くない?」と影で言われていたりもしました。

 

自分でもその事は自覚しており、自分のミスのせいで、自分以外の人が謝りに行ったり、リカバリーに行ってくれているのを知っていたので「自分はこの仕事に向いていないのではないか」、「退職した方が良いのではないか」と仕事を辞めなくてはいけないのではと落ち込んで考え込んでしまうことも多くありました。

 

 

そして気にするあまり、今まではきちんとできていた仕事でさえも、ミスが気になって時間がかかってしまうようになりましたし、実際にミスをしてしまって会社にいたくないと思ってしまうこともありました。

 

周りからの目がとにかく怖くなり、朝仕事に行きたくないなと感じて、毎日落ち込みながら出社していました。

仕事のやり方を見つめ直す

もしかしたら、仕事に慣れてきたから初心を忘れているのでは?と思って研修時に配られたマニュアルを再度読み直すことにしました。

 

書類管理の仕事なのでマニュアルは多く、段ボール箱半分くらいあったのですが、すべて読み込みました。

 

 

すると、自分がしていた仕事のやり方が間違っている点が数個見つかりました。

 

さらにマニュアル自体「ここ直した方が良いのでは?」と思えるところも多くあり、いかに仕事の基礎をきちんとできていないのかを再確認することができました。

仕事のやり方を見つめ直した上での対処法

再確認した中でも、自分がミスをしやすい部分だけをコピーをとって、自分のパソコン周りに張ってみたり、独自のマニュアルを作ってデスクに置いて、いつでも見られるようにしたりと、いろいろ工夫をしました。

 

 

また、仕事の中で数値など確認する項目が多くある場合には、指差し確認をきちんと行うようにしました。

 

提出する書類ではなく、社内の確認で完結する書類であれば、上司に了承を得た上で、シャーペンでチェックしたりと、細かく確認するようにしました。

 

 

そのほかにも、自分が作った書類の文章は何度も読み返して、誤字脱字がなく相手に伝わりやすい文章か、自分が受け取ったらどう思うのかを考えながら仕事をするようにしました。

 

何度も直すこともあり、いかに未完成な書類を出していたのかと自分でも反省しました。

地道に対処した結果ミスが大幅に減る

対処した後には、それまでの連発したミスが嘘のように、ほとんどミスをしなくなりました。

 

それどころか、他の人のミスに気づけるようになって、大きい問題になるのを事前に防ぐことができたり、ミスしやすいところについて問題点をあげ、改善策を考えて上司に提出したりできるようになりました。

 

 

上司からしても「確かにその問題はミスしやすいかもしれない」と思っていたようで、一緒になって改善提案を考えてくれました。

 

 

今ではその成果が認められて、5年目以降は研修担当としても働いています。

 

それまでの研修は、ただマニュアルを渡して読み合わせて終わりというものでしたが、「ここは間違えやすいよ」、「こうすると正確に早く仕事ができるよ」と教えてあげられることは教えてあげたりと、工夫して仕事ができています。

 

 

自分自身ミスが多く、会社に行きたくないと思ったのと同じように、ミスがあって仕事に行きたくないと感じる人は多いと思います。

 

 

ですので、最初の研修の段階で、防げるミスは防げるように人を育て、その人たちが会社と仕事が嫌いにならないように努力をしています。

 

 

あのまま仕事を辞めていたら、他の会社でもミスをしていて、転職ばかりしていたのでは?と思います。

 

気持ちを改めて良かったなと今では思います。

仕事のミスを減らすための具体的な対処法

体験談を読んで頂いたところでもう一度言わせて頂きますが、ミスを減らす為の特効薬はありません。

 

しかし体験談の様に、しっかりと地道な対処をしていけば、確実にミスを減らすことは出来ます。

 

 

ここからは、ミスが多くなる原因を再度整理し、それらを踏まえた上で具体的な対処法を紹介していきたいと思います。

 

面倒くさそうな印象をすでに持っている方もいるかと思いますが、実はそんなに大変な作業ではありません。その理由なども紹介していきますので、しっかりと読んでください。

仕事でミスが多くなる原因

まず仕事でミスをしてしまうという事は、当たり前の事だという事をしっかりと認識するようにしてください。

 

特に1~2年目ぐらいは、ミスを経験して仕事のやり方を覚えていきますし、仕事の質を上げていく事ができる様になります。

 

 

職種によっては覚える事も多く、3年目ぐらいまではミスばかりしてしまう状況もあり得ます。

 

ですので、1~3年目までのミスは、あまり深く受け止めず、自分が成長するために必要な事だという認識を持つようにしてください。

 

 

経験年数が1~3年目の方は、そういった認識を持ちながら、次の段落の仕事のミスを減らすための対処法にお進みください。

4年以上の経験年数でミスばかりしている状況になると、体験談の様に根本的な仕事のやり方の見直しが必要になる場合もありますし、もしかしたら仕事自体が向いていない可能性も出てきます。
仕事のやり方に関して重要なポイントとして、このぐらいの年数になると、仕事のやり方が固まりつつあるという事があげられます。
4年以上、つまり丸3年の経験を持っていると、ある程度仕事のやり方というものも固まりつつある時期になってきます。
そうなると、自分の仕事の問題点に気付きにくくなってしまい、ちょっとやり方を見直す程度では、問題点に気付くことが出来なくなります。
はたから見てミスが起こり易そうなリスクの大きいやり方をしていても、自分ではそれが当たり前になってしまい、それに気づかずに過ごしてしまう事になってしまいます。
特に早く一人前になることを目指して、自分ひとりの力で仕事を進めていこうとする人は、こういった問題点に気付きにくくなります。
周りとの協力関係がしっかり構築できていないと、1~3年目で教育係が付いている状態でも、リスクのあるやり方を指摘されずに過ごしてしまうようになってしまう事が原因です。
これまでに周りに頼らずにきた方は、是非注意して頂きたいポイントになります。

仕事のミスを減らすための対処法

ここからは、仕事のミスを減らすための具体的な2つのポイントについて詳しく紹介していきたいと思います。
この2つのポイントをしっかりと見直していく事で、仕事のミスは劇的に減らしていく事ができますので、是非しっかりと実践するようにしてください。

仕事のやり方を根本から見直す

経験年数が4年以上の方はもちろんですが、1~3年目の方でも一度仕事のやり方を根本から見直してみる事をおススメします。
人間というものは完璧ではありませんので、どこかで大事なことが抜け落ちていたり、忘れてしまう事だってあり得るものです。
中途半端な見直しでは、また大事な部分が抜け落ちてしまう可能性がありますので、やるからには体験談の様に一からマニュアルを見直して、自分のやり方と異なる点をすべて見つけ出していくようにしてください。
面倒なようですが、こうすることで確実に問題点を見つける事ができるようになります。
いくらマニュアルが分厚いものでも、一から仕事を覚える訳ではありませんので、そんなに大変な作業ではありません。
自分の仕事に足りない部分、抜け落ちている部分だけを重点的に見直していくようにすれば大丈夫です。
マニュアルが無い場合には、周りの人のやり方を見せてもらう、また自分の仕事のやり方を周りの人にみてもらうという事を実践してください。
そんな時間が無い方は、不安な部分をその都度上司に確認するようにしてください。
周りの人の意見を取り入れる事によって、自分では気づかないミスの原因に気付けるようになります。
とにかく徹底的に自分のやり方を見直していく、という事を行っていくようにしてください。

徹底した確認作業

自分がした仕事に関して徹底した確認作業を行う事で、ミスに事前に気付くことが出来る様になります。

 

大事なのは徹底して行う事です。体験談の様に、大事な数字の時には指さし確認を行ったり、上司に提出する書類は何回も見直して、その都度ミスを修正するようにしなければなりません。

 

 

実はミスが多い人というのは、自分の仕事の確認作業が足りない人が多くなっています。

 

当たり前ですが、確認作業を1度しか行わない人と、10回行う人ではミスの多さは格段に違いが出てきます。

 

 

そして1度しか確認を行わない事が当たり前になっていると、周りの人からはリスクが高いと思われていても、自分では気づくことが出来なくなってしまいます。

 

1度の作業で完璧なものを仕上げる事はほぼ不可能ですし、1度の確認作業ですべて気付くこともまた不可能です。

 

 

何度やれば大丈夫という訳ではありませんが、ミスが多いのならば、今の数倍は確認するようにしてください。

 

その分だけミスに事前に気付く可能性も大きくなってきます。

 

 

そんな時間が無いと思うかもしれませんが、ミスした作業を手直しする時間を省いていく事ができますので、結果的に時間に余裕ができるようになります。

 

必ず徹底した確認作業を行うように心がけてください。

2つの改善ポイントの効果

ここまでミスを減らすための重大な2つのポイントを紹介してきましたが、正直面倒くさいと感じた方も多いかと思います。

 

しかし実際には、そんなに面倒くさい事にはなりません。その理由は、2つの改善ポイントによる効果にあります。

仕事のやり方を見直す効果

まず仕事のやり方を根本から見直していく方法についてですが、最初の作業は大変かも知れませんが、先ほども言ったように一から覚える訳では無い為、思うほど大変な作業ではありません。

 

さらに仕事のやり方を見直していく事で、必ず不要なポイントも見つけ出すことでき、それによって仕事のやり方をより効率的にしていく事ができます。

 

 

つまり、ミスを減らすという確実性を上げられるだけでなく、効率化によって今後の労力や作業時間を減らしていく事ができるようになります。

 

たった一度の仕事のやり方の見直しは大変かもしれませんが、結果的にその後の仕事の労力は大きく減らしていく事が可能になります。

徹底した確認作業の効果

これまでに行っていなかった、徹底した確認作業をしていくというのは、非常に面倒くさく、かつ時間を取られてしまうように感じます。

 

しかし、先ほども言ったように手直しの時間を省くことが出来ますし、何より徹底して確認作業をしていく事で、ミスしやすいポイントを理解できるようになり、確認する度に仕事の質が上がっていくようになります。

 

 

仕事の質が上がっていけば、確認すべきポイントも徐々に減っていく為、そのうち徹底した確認作業を行わなくても、ミスが減っていくようになっていきます。

 

自分の仕事を徹底して確認するという事が、これから先一生続く訳では無く、あくまでミスしやすいポイントを理解し、ミスを減らしていけるようにすることが重要なポイントになります。

まとめ

ここまで紹介した、ミスを減らすための重要ポイントは、以下の2つになります。

 

  • 仕事のやり方を根本から見直す
  • 徹底した確認作業を行う

 

これら2つのポイントを実践していく事によって、仕事の質が少しづつ上がって行き、最終的には体験談の様にミスが無くなるどころか、周りのミスを防いでいくまで仕事の質を上げていく事も可能です。

 

 

ただ、ミスばかり起こしてしまう原因となっていしまうのは、今回紹介したような内容ばかりではありません。

 

状況によって様々な要因が関わってきますので、下記の記事も読んでいただき、ミスばかり起こしてしまいやすい状況について、しっかりと把握しておくようにしてください。

今回の記事を読んで頂いてどのように感じたでしょうか?途中途中で「面倒くさいな」と感じる部分はあったかもしれませんが、このように仕事のミスから解放されることを考えれば、決して大変な作業ではないと思います。

 

 

仕事のミスに悩まされ、つらい毎日を過ごしている現状から考えれば、ミスすることなく質の高い仕事が出来る様になることは、非常に魅力的な未来だと思います。

 

今回紹介した2つのポイントを実践する事だけで、このような未来を手に入れられるようになりますので、是非何度も読み返しその重要性を理解していただき、今後実践していくようにしてください。

仕事のミスを減らす
最新情報をチェックしよう!