転職で年収が下がることが失敗ではない!大事なのは仕事や環境の満足度

転職で悩みを解決しようと考えたり、やりたい仕事に挑戦しようと考えているものの、年収が下がる事に不安を感じて一歩踏み出せない方は多いのではないでしょうか?

 

結論から言うと、年収が下がる事で転職が失敗になるという事はありません。

 

 

大事なのは年収が下がっても、それを上回る目的が達成できたかどうか?になります。

 

しかしこの部分が理解できたとしても、まだまだ年収が下がる事への不安は無くなりはしません。

 

 

具体的にどのような状況で、どれぐらい年収が下がるのか?という部分が非常に気になるところだと思います。

 

そこで今回の記事では、どのような状況ならば年収が下がっても満足が得られるのか?また年収についてどのように考えるのが正しいのか?という部分について紹介していきたいと思います。

 

 

ちょっとした判断を誤る事で、人生を大きく踏み外してしまう事もありますので、是非じっくりと読んで間違いの無い転職が出来る様にしてください。

転職の成功とは?

そもそも転職に何を求めているのか?という事でも、転職が成功した!言えるかどうかは変わってきます。

 

あなたが転職に求めているのはどのような条件でしょうか?

 

 

年収が下がるという前置きの元ですので、ある程度大きな目的が存在するかと思います。

 

仕事のやりがいや職場環境の改善、または残業時間の悩みなどでしょうか?

 

 

どんな希望があるにせよ、間違いなく言えることはひとつ。逃げるためだけの転職では、年収が下がる転職は成功しません。

 

年収が下がるという事は、生活に直結してきますので、それ相応のメリットがなければ、絶対に転職には成功しません。

 

 

まずはあなたが転職に求めている事が、それぐらいのメリットが感じられるものなのか?という事を冷静に考える様にしてください。

そもそも年収アップは簡単ではない

少し話は逸れますが、そもそも転職で年収アップを実現する事は、決して簡単な事ではありません。

 

転職で年収を上げるためには、スキルを地道に積み上げていって、企業の利益に直結するようなメリットを提供しなければなりません。

 

 

また、年収が上がる求人を見つけたとしても、その求人にはそれなりのスキルが求められることになります。

 

運よく内定を貰う事ができても、転職後にスキル不足で苦労してしまうのは、あなた自身になります。

 

またスキルに見合わない様な高額な年収の場合には、ブラック企業などの可能性も大きくなる為、より冷静な判断が必要となります。

 

 

まずはこの年収をアップする事は難しいという事を理解していただいた上で、「年収が下がってでも求めるもの」を事を考えていかなければなりません。

年収が下がりやすい状況

一般的に年収が下がりやすい状況には、キャリアチェンジによる経験不足やキャリアダウン、残業の排除などがあげられます。

 

そしてこれらの事は、転職で年収が下がっても何かを求めている人が、よく置かれているような状況にもなります。

 

 

やりたい仕事を求めてキャリアチェンジする場合には、仕事のやりがいを得られる代わりに、経験不足から年収は下がってしまう傾向にあります。

 

また、家族との時間の確保などプライベートな時間を優先させるためのキャリアダウンでも、もちろん年収は下がりやすくなります。

 

 

一番安易な転職を避けて頂きたいのは、残業時間の問題になります。

 

年収が下がってもいいから、もう残業はしたくないという話はよく聞きますが、思った以上に年収が下がってしまい後悔するという事もまたよくある状況です。

 

しかしこの問題は、残業を無くすという事に縛られるのではなく、許容できる残業時間と給与のバランスを考えるだけで回避できる問題ですので、安易な転職さえ避ける様にすれば、大きな問題にはなりません。

 

 

問題となるのは、年収が下がっても後悔しない様な何かを求める状況になります。

 

何を求めるのか?という部分で、年収が下がっても良いのか?という事も変わってきますので、まずはこの部分をしっかりと理解していただく為に、ひとつ体験談を紹介したいと思います。

 

 

この体験談では、年収が下がってでも、仕事のやりがいを求めたものですが、結果的に言えば失敗に終わっています。

 

年収が下がる場合の転職には、それなりのメリットが必要になるという事が、しっかり理解できる体験談になっていますので、まずは体験談をしっかりと読んで頂きたいと思います。

転職で年収が下がる時の判断を間違えた失敗談

やりがいのある仕事

大学院を卒業して、そのまま研究室や他の大学に就職するよりも、世の中のことをもっと知りたいと思って、一般の企業に勤めることを選びました。

 

一年目は派遣社員として半導体の工場の中にある実験室で仕事をしていました。

 

 

とてもお給料が高くて、仕事内容も開発途中のプリント基板の検査で、わたしにはとても面白くやりがいがありました。

 

その仕事は一年契約の雇用でした。一年が経ち、無事に契約終了となったのですが、派遣会社がそのまま半導体の会社で、別の業務に就くことを勧めてきました。

 

けれど、個人的に昔から憧れていた医療の仕事がしてみたくて、今の会社に転職する事にしました。

 

 

その会社は求人サイトで知りました。

 

未経験、学歴不問で医療の専門的な技術や知識が身につくということでしたが、契約社員でお給料も少なめでした。前の会社の半分以下でした。

 

でも、その時の私は「医療の現場で何の知識もない私を雇ってもらえる!」としか考えておらず、母校の大学病院が勤め先ということもあり、応募する事にしました。

 

 

今から考えると、自分の市場価値を低く見積もりすぎだし、福利厚生の条件もまったく考慮に入れていませんでした。

 

ボーナスもないのが今の社会は当たり前だと友人から聞かされて、それを鵜呑みにしてしまいました。だけど、やはり「ない」会社の方がおかしいと分かりました。

転職後の仕事内容

転職後の仕事

年間900件の手術を行う大学病院で、滅菌業務という仕事を行う会社に転職した私ですが、就業してから一人でこなす業務の多さに、まずはびっくりしました。

 

しかもマンパワーがなさすぎて、新人の私を教育する人もおらず、本当に基本的な事だけを教えられたら、あとは「見て覚えろ」という職場でした。

 

 

私が任された業務は、手術から返ってきた再生可能な医療器械を洗浄することでした。

 

業務自体はとても楽しいのです。医療のドラマで見たり聞いたりした器械を、自分自身できれいにする。

 

 

しかし、誰も正確に時間をとってその洗浄の仕方を教えてくれない。人の命にかかわる仕事なのに怖くないですか?

 

加えて2、3ヶ月経ってから直属の上司がいわゆる「クラッシャー上司」だということが分かりました。

 

 

彼のせいで職場を辞めていった人が山ほどいるそうで、最初はとても優しい上司だったのですが、ある日突然意味もなくキレました。

 

それからはパワハラの嵐でした。今では完全に無視されています。

職場の問題点

職場の問題点

離職率も当然高く、同じ職場の人に聞くと80%を越えていました。

 

確かに雇っても雇ってもすぐに人がいなくなります。いらっしゃるのはベテランばかりで、若い子は勤めて一年以内の人ばかりでした。

 

 

セクハラやモラハラ、パワハラと他にもいろいろ問題を抱えていて、解決を誰もしようとしないのと、業務の量に対して支払われる給料の格安さに辞めていく人が多いようでした。

 

 

調べてみると、私の勤務している会社は、常に求人サイトや求人誌に募集をかけていました。

 

認めたくなかったのですが、私はブラック企業に転職してしまったのです。

 

 

またこれから二度目の転職を真剣に考えています。あまりの職場での精神的なストレスが原因で、うつ病を発症してしまいました。現在休職中です。

転職に失敗した原因

転職に失敗したポイント

前述したように、私は自分の価値を自分で低く見積もりすぎていました。

 

転職サイトに登録したり、エージェントに相談したりすると、今の年収の3倍はもらえるくらいの能力があると言われました。それを聞いて私は愕然としました。

 

 

やはり転職の際には自分ひとりで決めるのではなく、たくさんの情報に触れるべきだと思います。

 

職種の憧れだけで転職すると、私のようなブラック企業につかまる恐れが多々あります。

 

 

やはり物を言うのは実際の数字です。お給料はもちろん、様々な手当てや残業代、賞与、昇給のタイミング、福利厚生の手厚さ。

 

当然の事ですが、働くということは滅私奉公ではありません。

 

 

人生をより良くするために働くのですから、自分が我慢して辛い思いをしてというのは、今の時代に添いません。

 

「この会社、ダメだな」と思ったら、すぐに転職の下調べを始めるべきだと今は思っています。

転職で年収が下がっても良い状況

このように、転職で年収が下がっても良い状況とは、何かしらの大きなメリットが必要になります。

 

また同時に、メリットが得られればそれで良いという訳でもありません。

 

この部分が今回の肝となりますので、これ以降詳しくまとめていきたいと思います。

将来に繋がるスキル

年収が下がっても転職を考える状況として、将来のスキルを求めたものが非常に多くなっています。

 

冒頭でも申し上げましたが、将来的に年収を上げていくには、スキルの積み重ねというものが重要になってきます。

 

 

そのスキルを習得するために、一度年収が下がってでもスキルを学びに行くというのは、非常に大きな意味を持ちます。

 

特にその場所でしか高度なスキルを得られない様な状況であれば、将来の為には年収が下がる事も何の問題でもありません。

 

 

仮に職場環境に問題があったとしても、一生涯働くつもりの職場ではありませんので、年収が下がったとしてもあまり深く考えずに積極的に行動すべき唯一の転職理由だと言えます。

 

逆にこれから紹介するような転職理由の場合には、一番の目的だけでなく、それ以外の部分にも注意が必要になりますので、是非じっくりと読み進めてください。

身体的・精神的ストレスからの解放

現職で何かしらの問題で身体的、または精神的なストレスを感じており、そのストレスから解放されるならば年収が下がっても転職しても良い状況だと言えます。

 

しかし注意しなければならないのは、転職によって本当にその悩みが解決するのか?という事です。

 

 

例えば上司のパワハラひとつとっても、職場を変える事で問題が解決できるとは限りません。

 

転職先の職場にもパワハラ上司がいる可能性はありますので、転職先の職場環境の見極めというものも重要になってきます。

 

 

本当にその悩みが無くなるのか?という部分をしっかりと調べてから転職を行わなければなりません。

家族との時間などプライベートな時間の確保

残業が多かったり、転勤が多い様な職場の場合には、一般的には年収は高くなる傾向にあります。

 

しかし家族との時間を考えれば、残業や転勤というのは非常に大きな問題になってくるため、年収が下がっても時間を確保したいと考える状況は多くなります。

 

 

この状況でも注意が必要で、ただ年収が下がってもいいから時間に余裕を持ちたいという考えでは、思ったよりも生活が苦しくなってくる可能性があります。

 

ただ年収が下がっても時間を確保したいと考えるのではなく、生活を維持するために給与はどれぐらいの許容範囲になるのか?という事をしっかりと考えなければなりません。

 

 

この給与の許容範囲というものは、年収が下がる転職では非常に重要ですので、どんな場合でも必ず考えておかなければならない問題になります。

 

体験談でも給与が少な目という事は認識していても、それほど重要視していない状況が垣間見えますが、これでは転職を満足のいくものには出来なくなります。

やりがいを求めた転職

仕事のやりがいを求めて、年収が下がってでも、やりたかった仕事に転職しようという人は多いと思います。

 

しかし仕事にやりがいを持てるからといって、体験談の様にパワハラやモラハラ、セクハラなど何でもありの無法地帯に転職してしまっては、決して長続きしません。

 

 

それどころか、体験談の様にうつ病などを発症し、働けなくなってしまう可能性だって大きくなってしまいます。

 

やりがいを得られるというのは、年収が下がってでも充分意味のある事になりますが、職場環境が悪ければ決して長く働くことは出来ません。

 

やりがいを持って仕事をしたい場合には、年収が下がってもいいですが、職場の環境を見極める努力だけは怠らない様にしてください。

 

 

また、少し話は逸れますが、体験談の様に過度なストレスを抱えた場合には、出来る限り早く辞めるという事を意識するようにしてください。

 

体験談の様に働けなくなってからでは、復帰するのも決して簡単ではありません。

 

 

通常転職では早く辞めるという事は、転職の成功率を下げてしまう大きなリスクを抱えてしまうため推奨できない事ですが、今回の様に心身に大きく影響を及ぼす場合には、いち早く辞めるという事も重要になってきます。

 

 

今回の様なパワハラだけでなく、いち早く辞めるべき状況というのはいくつか存在しますので、早く辞めるべき状況判断についても是非読んで頂き、早く辞めるべき状況、今すぐに辞めるべきではない状況についてもしっかりと把握しておくようにしてください。

関連記事

仕事で何かしら大きな悩みを抱えていて、「早く辞めたい」、「会社にもう行きたくない」と悩んでいる人は多いと思います。 早く辞めることや転職を現実的に考えるようになるほど、明るい未来の妄想が大きくなり、より早く今の会社[…]

早く辞めて理想の会社で働く

転職で年収が下がる状況で大切なこと

これまで紹介したように、年収が下がってでも得られるメリットというものは、今回の問題では非常に重要になってきます。

 

そしてメリットが得られるだけでは転職が成功したとは言えないという事も充分理解して頂けたかと思います。

 

 

これまでに紹介した内容を簡単にまとめると、以下の様なポイントが重要だと言えます。

 

・年収が下がるにしても許容範囲は設定しておく

 

・仕事のやりがいや職番環境についても重要視する

 

これら2つの事をしっかりと考えておかなければ、年収が下がる転職は成功させることは出来ません。

 

 

あなたが置かれた状況がどんな状況なのかを冷静に見つめ直し、その上でこの2つのポイントを考えて転職を勧める様にしてください。

 

最後に年収が下がる転職の注意点を紹介しておこうと思います。

年収が下がる転職での注意点

年収が下がるということは生活に直結してきますので、絶対に安易に決め手はいけません。

 

今回紹介した事をしっかりと考えるのはもちろんのこと、必ず家族に相談した上で結論を出すようにしてください。

 

 

さらに年収が下がるという事は、思った以上に生活影響を与えますので、その環境にすぐに対処できるわけではありません。

 

これまでの生活スタイルは簡単には変える事ができないため、貯蓄には充分余裕を持っておくようにしてください。

 

副業など副収入で年収をカバーするという方法も、状況によっては有効になります。

 

 

最後に、年収アップの転職においては、希望する額をしっかり設定できると思いますが、年収が下がる事を覚悟した転職においては、その許容範囲をしっかり設定してから、転職するかを判断するようにしてください。

 

 

決して感覚で決めずに、いくらまでなら大丈夫というはっきりした金額を設定する事で、迷いや間違いも少なくなります。

 

年収が下がる事による影響は回避できませんが、将来の為には時には必要な選択でもあります。

 

長い将来を冷静に見極めて、年収が下がるリスクを上回るメリットを確実に得られるようにしてください。

転職後の仕事
最新情報をチェックしよう!