毎日残業で辞めたい時の正しい転職方法を理想を実現した体験談から学ぶ

毎日残業がある日常

毎日当たり前の様に残業をして、家に帰ると寝るだけという生活になり、辞めたいと考えてはいないでしょうか?

 

働き方というものは年々見直され、残業するのが当たり前では無い社会へと進んでいますが、完全に無くなることはやはり難しいと言える問題です。

 

 

その業界や職種によっても大きな偏りがあり、社会が向いている方向とは関係なしに残業が当たり前の業界も多くあります。

 

残業が当たり前の会社で働いていると、周りの人すべてがそういう意識でいるため、おかしい状況であっても気付かないという事がよくあります。

 

 

そこでまずは、今の状況が当たり前と言える状況なのか、また一般的に見て異常な状況なのかを知る事が大切になってきます。

毎日残業2時間は当たり前?

毎日残業を2時間しているという事は、月40時間の残業となります。

 

月40時間程度の残業であれば、違法でもなく多くの企業で当たり前に行われている残業時間になります。

 

 

状況によっても変わってきますが、仕事のやり方の工夫次第で、残業しなくても良い日を作れることが可能な残業時間になります。

 

月45時間以上の残業となると違法となりますので、これぐらいの残業時間ならばやりがいを持ちながら働き続ける事は充分可能な範囲です。

毎日残業3時間はブラックなのか?

毎日残業3時間と言うと、月60時間の残業になってきます。

 

労働基準法で定められた残業時間を超えるものになってくるため、これぐらいの残業時間になってくれば、ブラック企業という疑いを持つべき領域になってきます。

 

 

一昔前ならば、会社の利益に繋がるためならば身を粉にして働くべき!と言う考えが多かったですが、現代ではやはり適切な労働時間というものが重要になってくるため、どんなに良心的な会社であっても、一度冷静に判断する事が必要となる残業時間になります。

 

 

これからの社会の考えとしては、いくら会社のためとは言っても、個人の残業時間と言うものはしっかりと管理されていくべきですので、いくら雰囲気が良くても、残業時間が多ければブラックだと言わざるを得ない状況になります。

 

一時的な事ならば会社の為、そして自分のための残業時間と言えなくも無いですが、一度慎重に考えなければならないぐらいの残業時間となります。

毎日残業があるのはおかしい?

毎日残業があるのはおかしい?

これまでの事を踏まえて、残業時間だけではなく、毎日残業する事がおかしいのかどうかを整理していきたいと思います。

 

これまで紹介したポイントを整理していくと、月々の残業時間が45時間以内であれば、法的にも問題の無い企業だと言えます。

 

 

しかし一番重要な事は、残業する事の意味になります。

 

残業しなくても済むような環境において、会社の経費削減の為に毎日の残業を余儀なくされ、かつ残業代も支払われないような体制だとすれば、それはやはり正しいとは言い難い状況になってきます。

 

 

仕事の工夫次第、もしくは会社の体制次第で残業が無くても済むような状況ならば、ただ会社の都合だけで残業させられている状況だと言わざるを得ません。

 

中には残業をしないように提言している企業でも、残業をせざるを得ない状況になるように仕事量を分配している企業もありますので、この点に関してはやはりしっかりと考慮する必要があります。

残業するのが当たり前だと思わない

残業が当たり前だとは思わない

今あなたが置かれている状況が、残業をするのが当たり前だという状況だとしても、決してそれが当たり前だと思ってはいけません。

 

冒頭でも申し上げた通り、周りがそうやっていればそれが当たり前だと感じて、異常な状況に気付かない事もあり得ますので、まずは残業が当たり前と言う考えを無くしていく事が重要になってきます。

 

 

会社の体制として、本当に残業をしないで済むような体制をとっているのか?上司の動き方が、本当に残業を無くすような行動となっているのか?

 

こういった点を冷静に判断していけなければ、無意味な残業を強いられる状況と言うのを判断していくことは出来ません。

 

 

表面上ではなく、本当の会社の体制がどのようなものなのかを、しっかりと判断できるようにしてください。

毎日の残業に疲れた、もう辞めたい

毎日の残業に疲れてもう辞めたい

毎日の残業に疲れ、かつ自分の置かれている状況がブラックかもしれないと感じ始めると、辞めたいという気持ちも大きくなってくるかと思います。

 

毎日の残業とは、疲れという言葉だけでは済まされない過酷なストレスも伴ってきます。

 

 

ストレスが積み重なれば、うつ病など精神的な病に繋がってくるため、早めの対処というものが重要になってきます。

 

転職と言う選択は、やり方を間違えなければ悩みを解決しつつ、給料なども下げることなく行う事が可能になります。

 

 

転職自体決して簡単に成功させられるものではありませんが、やるべき事をひとつずつやっていけば、成功率を上げていく事はできます。

 

そこでここからは、まず残業の多さに悩んで転職を決意し、その結果悩みを解決した上で満足いく毎日を過ごすことが出来た体験談をご覧いただきます。

 

 

今の状況から、満足の行く毎日へと変えていくために非常に参考になる体験談となっていますので、是非こちらもじっくりとご覧いただきたいと思います。

毎日の残業に疲れ転職を決意した体験談

転職を慎重に考える女性

総合商社での仕事

私は現在26歳のサラリーマンです。

 

大学を卒業し、新卒で大手総合商社の営業として入社し、鉄鋼業界でユーザーに材料を販売する仕事をしていました。

 

 

給料は総合商社という事でとても高く、同年代と比較すると1.5倍程の金額を貰っていました。

 

しかしながら、入社半年後から担当を持ち始め、入社1年後には月の売上目標は1億、担当取引先は50社を超えるようになりました。

 

 

商社は仕事のスケールが大きく、一つのミスが莫大な損失を生む為、事務作業一つとっても、非常に神経質に仕事していたと思います。

 

業務時間は1日中外回り、会社に戻ってからの事務作業で、勤務時間は6時~23時になり、仕事が終わらない場合は休日出勤等も増えるようになりました。

毎日残業を続けた結果

恐らく当時の残業時間は150時間近かったと思います。

 

人事部からは「残業を減らそう!」等という社内メールは送られてきていましたが、実際働いている現場ベースでは全く残業を減らせるような環境は整っておらず、ただの「形」だけのメールでしかありませんでした。

 

 

このような残業が2年以上も続き、私は心身共にストレスを抱えながら仕事をするようになりました。

 

そして3年目を目の前にして過労で胃腸炎を患い、会社を休業することになりました。

 

 

体調はすぐに回復しましたが、また復帰しても同じようにストレスを抱えて残業に耐えることになると思い、転職を考える様になりました。

 

新卒3年以内の転職で、自分のキャリアで転職なんて出来るだろうかという不安もありましたが、今後の自分の人生について考え直し、転職を決意しました。

転職エージェントを活用した転職活動

転職を成功させた女性

早速転職サイトに複数社登録し募集案件を検索してみましたが、求人募集だけでは実際の残業時間や、どういう職場なのかは判断出来ず、応募案件を探すことにも一苦労で、全然内定を貰うことは出来ませんでした。

 

 

その後私は転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーにワークライフバランスが確保出来て、長く働いていける環境と経験が活かせる業界を希望している旨を相談しました。

 

 

アドバイザーは、企業の内情に関しても詳しく理解しており、私の希望した条件に沿った良い求人、そして私のキャリアに興味を持ってくれている企業だけを厳選して案内して頂けました。

 

 

また、職務経歴書の書き方や中途の面接内容等に関して、基本的な部分も相談したり等、二人三脚で転職活動を行い、転職活動を始めて約3ヶ月で複数社から内定を頂け、私の希望に一番マッチしていた鉄鋼業界の大手メーカーへ転職に成功することが出来ました。

転職後の環境

転職後の残業時間

私が転職で入社した会社は労働組合が強く、給料や福利厚生が一定基準で確保されており、何より残業にはとても厳しく管理されていました。

 

夕方17時過ぎると上司はすぐに退社し、社員に「早く帰るように!」と声をかけ、18時までにはほとんどの人が退社していました。

 

 

私は転職してすぐは、本当に残業が無い環境に困惑しましたが、今ではプライベートな時間を利用して、趣味や自己啓発にも積極的に取り組め、毎日を充実して過ごすことが出来ています。

 

 

やはり現在の職場で不満を持っていても、年収が下がるかもしれないという不安や、今よりも良い環境に転職できるか等が不安になって、実際に「転職」を決意出来ている人は少ないかと思います。

 

 

しかしながら、会社というものは人生において非常に長い時間を過ごす場所になるので、自分に合った環境で働かなければストレスに繋がるため、そういう状況はお勧めは出来ません。

 

 

私にとっては、前職の長時間残業が自分のストレスに繋がっており、転職によってワークライフバランスが確保されたことで、自分の人生を豊かに変えることが出来たと思っています。

 

 

今回の体験談を読んでいる、当時の私と同じような環境での悩みを持っている人の、悩み解決に少しでも貢献出来れば嬉しく思います。

理想の転職を実現させる方法

これまでに紹介した体験談をもとにして、理想の転職を実現させるための方法を分かりやすくまとめていきたいと思います。

 

一般的に理想の転職先を見つける事は非常に困難なこととされていますが、決してそんな事はありません。

 

 

正しい転職方法が行えていない為に転職に失敗してしまう人が多いだけで、ひとつひとつ正しい道筋を進んで行けば、理想の転職先を見つけられる可能性は大きく上げる事ができます。

 

その為に必要な事をひとつずつ分かりやすく紹介していきますので、是非最後までじっくりとご覧ください。

毎日の残業に悩み辞めたいと感じる時の落とし穴

一般的に毎日の残業に悩んで転職を考える場合には、転職する第1条件に残業の有無が入ってくるかと思います。

 

悩みを解決するための転職ですので、これが決して間違った事だという訳ではありません。

 

 

しかし、何か大きな悩みに固執しての転職では、その悩みばかりに固執してしまうというデメリットがあります。

 

事実こういった考えで転職に失敗している人が大勢いますので、必ず考えておくべき問題です。

 

 

体験談では、残業が原因で辞めたいという気持ちが表れたにも関わらず、転職活動ではキチンとその他の条件をエージェントに伝える事ができています。

 

この冷静な考え方があって初めて転職に成功する事ができますので、悩みに固執しすぎないという姿勢は常に心がけていくようにしてください。

理想の転職先の見つけ方

体験談でも語られていますが、転職サイトなどを利用して求人情報を眺めるだけでは、具体的な残業時間や職場の雰囲気というものは掴むことは出来ません。

 

給与などの基本的な労働条件で会社を絞ったうえで、なるべく具体的な残業時間や会社の雰囲気、人間関係の問題の有無などを調べていく事が必要になります。

 

 

周りの人にその会社の情報を知っている人がいないか探してみたり、ネット上の口コミ情報を調べたりするなどして、なるべく具体的な情報を知ろうと努力する事が重要になります。

 

特に大きな問題を抱えているような会社の場合には、ネット上の口コミ情報で何かしらの情報が出てきますので、そういった情報を知る事で会社を判断する材料を得る事ができます。

 

 

何も調べずに転職するのとはリスクが大きく変わってきますので、自分自身で調べる努力をする姿勢も忘れない様にしなければなりません。

転職エージェントとの面談

転職エージェントを利用する場合には、給与などの表面的な労働条件だけを伝えるのではなく、どんな働き方をしていきたいのかをなるべく具体的に伝える事が重要になります。

 

 

体験談の様にプライベートの時間をしっかり確保でき、かつ長く働き続けられるような職場環境の良い、自分の経験が活かすことが出来る会社という具体的な希望を伝える事が大事になります。

 

 

給与などの労働条件だけでは、どのような職場環境を望んでいるのかエージェントに伝わらず、その結果人間関係の問題のあるような環境で働くことになるという事も充分あり得ます。

 

エージェントに自分自身の希望だけでなく、どんな考えを持っているのか?ということまで全て知ってもらえるように、なるべく詳しく面談をしていく事が重要だと言えます。

転職エージェントとの信頼関係

体験談でも語られているように、細かい事も相談しながら二人三脚で転職活動を行っていく事で、エージェントとの信頼関係を結ぶことが出来ます。

 

先ほど紹介したエージェントとの面談にしても、なるべく詳しくあなたの事を伝えようとすることで、より信頼関係を結べるようになってきます。

 

 

こういった行動でエージェントと信頼関係を結ぶことが出来れば、体験談の様に理想の転職を成し遂げられる可能性は大きく上がってきます。

 

毎日の残業を当たり前の様に続けていた時からは想像もつかない様な、給与や福利厚生が一定基準で確保されつつも、残業は無いという理想の職場を手に入れる事も充分可能です。

理想の転職先を手に入れるという事

これまで読んで頂き、エージェントとの面談など面倒くさいと感じる部分もあったかもしれませんが、この理想の転職先を得られるという事を現実に考えれば、決して面倒くさい事では無いと分かって頂けると思います。

 

 

理想の転職先を手に入れられるかどうかというのは、運などではなく転職のやり方次第です。

 

今回紹介したような以下のポイントをもう一度復習してしっかりと頭に叩き込んで行けば、理想の転職先を見つけられる可能性は大いにあり得ます。

 

・転職条件の設定時に悩みばかりに固執せず全体をしっかり見渡す

・自分自身で会社を見極める努力を怠らない

・転職エージェントを利用し、自分の事をすべて理解してもらうつもりで面談を行う

・エージェントと強固な信頼関係を築き二人三脚で転職活動を行う

 

もう一度言いますが、たったこれだけで体験談の様に理想の職場を手に入れる事ができるならば、全く面倒くさい事ではありません。

 

やるべき作業の事ばかりを考えるのではなく、理想の転職先で働くイメージを常に思い描いていれば、どんな努力も面倒だとは思わなくなります。

 

 

残業に悩み辞めたいという気持ちが大きく膨らみすぎる前に、こういったイメージを持ってなるべく早く行動を起こすようにしてください。

将来の不安
最新情報をチェックしよう!