転職を決断する時にチェックしておくべきポイントを実体験から学ぶ

転職を考えているが、いつ決断すべきかタイミングに迷っている、もしくは転職に対する不安が大きく決断しきれないという思いで悩んではいないでしょうか?

 

実はこういった悩みを抱えているならば、対して大きな問題になる事はありません。

 

 

問題なのは、対して深く考えもせず、目の前の仕事や職場が嫌だからという理由で転職を決断してしまう場合です。

 

考えるべき事をしっかりと考えた上で転職を決断しなければ、転職の成功率は下がってしまいますし、最悪再転職活動をしなければならない状況になってしまいます。

 

 

しかし転職を決断するタイミングに迷っている状況ならば、これから先いくらでも正しい道へと修正していく事が可能です。

 

つまり、転職を今決断すべき状況なのかどうか?というポイントをしっかりとチェックし、冷静に行動していく事が重要になります。

 

 

そこで今回は、転職を決断する時にチェックすべきポイントについて詳しく紹介していきたいと思います。

 

これから転職が失敗に終わった体験談をご覧いただきます。

 

 

この体験談では、体験者自身の失敗ポイントが詳細に書かれており、これをもとにして転職前にチェックしておくべきポイントを具体的に紹介していきたいと思います。

 

 

いざ転職を考える時に誤った行動というものが非常に分かりやすい体験談になっていますので、そういった部分に注目して読んで頂ければよりチェックすべきポイントを理解していただきやすいかと思います。

 

 

体験談を読んで頂いた後には、転職を決断すべきポイントをより分かりやすくまとめていきますので、是非最後までしっかりと読んで今後の転職活動に役立ててください。

転職を決断すべきポイントを痛感した体験談

転職における注意点

所属事業部を閉鎖し子会社同部門への事業合併決定という事態から、私の転職活動が始まりました。

 

現状スタッフの処遇はどうなるのか?会社からの返答は長期間ありませんでした。

 

 

その後、直属の上司の解雇が決まり、それ以下の社員は子会社移籍か自主退職かの決断をしなければいけませんでした。

 

移籍先の社員達は、指導した事もある後輩社員が大半でした。

 

 

社員の処遇への返答が遅く、そして定年間際の上司の解雇通達と、感情的にネガティブになっていたのだと思います。

 

「ウチはやり方が違いますから、一から覚えてもらいますね。」という言葉も浴びせられ、そんな彼らからは悪意を感じていましたし、プライドもあり、どうせ新しく仕事を覚えるのであればと、自主退社を選択しました。

 

 

長く勤めていた会社での評価と、社会の評価は同じではありません。

 

その後とても狭い世界で生きていたのだと実感していく事となりました。

簡単に考えていた転職活動

転職活動を始めた女性

そして転職活動を開始しました。転職サイトへも登録し、スカウトメールが数々送られてくるので、いくらでも選べるんだと勘違いしました。

 

そんな中最終面接まで行って受からなかった会社がありました。最終面接は、幹部の確認作業だろうと軽く考えていたので驚きました。

 

 

が、実はこの面接の際に言われた言葉が引っかかってはいたのです。「急な状況の変化で大変だったのでしょうね。落ち着いてご自分の気持ちを考えられる様にはなりましたか?」

 

あなたは、自分がどう生きていきたいか理解していますか?そう言われていたのだと思います。

 

 

子会社への移籍が嫌だから助けてください!とばれていたのだと思います。

 

面接先の会社へとても失礼な態度であったと反省しています。

 

御社で本気で働きたいと伝えられていませんでした。

 

 

その後、前職とは異業種の会社へ転職が決まりました。

 

とても丁寧で熱意をもってお誘い頂き、条件には不満点もありましたが、そんなに必要とされるならと決めました。

 

 

が、その会社も既に退職し他社へ再々転職しています。

 

そんな私の転職活動反省点を紹介したいと思います。

転職を決断する時にチェックすべきポイント

転職活動における注意点

自分の価値

現状の給与・労働環境面に大きな問題点が無ければ、勤務しながら計画を立てましょう。冷静に自分の年齢とスキルの確認が必要です。

 

辞めたくなった原因を解決しないまでも、緩和できる環境を作れるようにし、どうせ辞めるのだからと開き直って気持ちを切り替えるのが良いと思います。

視野を広げた情報収集

転職エージェントに訪問した際には「良いところがあったら紹介して下さい。」と視野を広げている人々に出会いました。

 

こういったものを利用する事で、現実的に自分の市場価値や他社の給与待遇が確認できて、計画がより具体化していくと思います。

家族を含めた将来像

自分一人の生活なら極端な話どうにでもなります。

 

家族、自分の家庭等考慮しなければいけない状況の中で、自分の要望とどう折り合いをつけていくか、なかなか答えが出ないと思います。

 

 

自分や大切な人達が幸せになるために必要な収入を得るための仕事。

 

その仕事を続け環境を良くしていくための選択肢が今転職なのか、まだ早いのか、を考えていく事が重要です。

働くことの意味

余程のキャリアアップでない限り、そう簡単に転職によって給与が高くなる時代ではないと思います。

 

社員が長く勤め、貢献度を高めることはその会社の大きな財産です。

 

 

自分がその大切な財産であると認識して下さい。

 

その大切さを伝えてくれる人、社員間で認め合っている事が少ないのが一番の問題点だと思います。

周りの人の意見を聞くことのメリット

転職サイトを利用するメリット

実際に転職すると決めていなくとも、目先を変えて転職市場を確認することはとても刺激になります。

 

今の自分の不満が正解なのかの判断材料にもなります。また、現状より良い環境を求める為に異業種の状況を目にすることも、今後の視野を広めてくれます。

 

 

いつもと同じ仕事、同じ仲間で過ごしていると、考え方が固まってきているかもしれません。

 

やはり上司部下のコミュニケーションは難しいと思います。

 

一人で悩まず、どう仕事をしていくのが幸せなのか、他の人達はどう仕事しているのか、収入の安定している間に話を聞きにいくのが良いと思います。

転職を決断する時に必要なチェックポイント

ここまで紹介した体験談を読んで頂ければ、転職を決断する際には重要なポイントをしっかりと見つめ直すことが重要だと理解して頂けたかと思います。

 

体験談で語られているポイントは、体験談の様に勢いで退職してしまった場合など、冷静さを欠いた状態では確認を怠りがちなポイントばかりです。

 

 

事前に重要なポイントであるとしっかり認識して、転職を考える場合には必ずチェックするようにしなければなりません。

 

ここからは体験談で語られているポイントを、より分かりやすく詳細にまとめていきたいと思います。

自分自身の現状を把握する

転職するというのは決して簡単なものではありませんし、ブラック会社などリスクというものも常に付きまといます。

 

今の会社や仕事が嫌だからと言って簡単に転職を考えていては、ただ職場が変わるだけの転職に終わり、何も悩みは解決しないままという状況もあり得ます。

 

 

あなた自身の年齢や今後役立てられるスキルを冷静に見直してみる事で、どれだけ需要があるのか?という事を知る事は非常に重要になります。

 

今のあなた自身の価値が思ったよりも低ければ、欲しがる企業が少なく今よりも悪い環境で働くことになってしまう可能性もあります。

 

 

この事を冷静に見つめ直すことは、転職市場でのあなたの価値を決める非常に重要な事ですので、時間を掛けてじっくりと行う必要があります。

 

体験談で語られている通り、不満があるから何よりも辞める事を優先させるのではなく、どうせ辞める会社だと割り切って働き続けながら、じっくり行動する事が重要になってきます。

 

 

辞める会社だと割り切ってしまえば、悩みに執着する事がなくなり、気持ちが楽になってくるため、ストレスも軽減されるようになります。

 

そうなれば悩みがあっても働き続ける事ができる様になりますので、じっくりと自分自身を見つめ直す時間を持つ事ができる様になります。

 

 

もちろんそれではすまない様な状況に置かれている場合には辞める事を最優先すべき時もありますが、余裕があればこのように気持ちを切り替えて、見つめ直す時間をしっかりと取るようにしてください。

転職するメリットを確認する

自分自身を見つめ直すことが出来たならば、その上で転職によってメリットが得られるかどうかを冷静に判断していきます。

 

まずこれまでの自己分析だけでなく、転職エージェントなどを利用して他己分析も行ったり、ツールなどを利用して自己分析していく事も重要になります。

 

 

自分自身だけの分析ではどうしても目の届かない部分が生まれるため、第3者目線での分析というものは非常に重要になってきます。

 

転職エージェントを利用した分析では、自分でも分かっていなかったような自分の強みなどを知る事も多い為、利用価値は非常に大きいと言えます。

 

 

自己分析を踏まえた上で、さらに業界に縛られない情報収集を行う事で、今の自分に何ができて、どれぐらいの給与待遇を貰えるのかを知る事ができます。

 

これにより今の自分が転職する事にメリットがあるのか?という事が分かり、転職すべきかどうかというのを判断できるようになってきます。

家族を含めた将来像を描く

家族がいれば、家族も含めた将来像を描いていく必要があります。

 

家族が今現在いなかったとしても、将来家庭を持つ予定があれば、その状況で働くことをイメージする事も重要になります。

 

 

例えば給与が上がったとしても、残業が大幅に増えるようでは、家族との時間は大幅に減ってしまうため、それが最良の選択とは言えなくなってしまいます。

 

家族全員の事を考えた上で、今転職という選択をするのが最良なのか?冷静に考えていく必要があります。

 

 

体験談でも言われていますが、転職する事で給与が簡単に上がるようなものではありません。

 

これまでに紹介したような事をしっかりと分析して、さらに家族の状況も踏まえた上で、冷静に転職するタイミングを見計らう事が重要になってきます。

転職を決断するポイント

このように、転職を決断するためには、必ずチェックしておくべきポイントが存在します。

 

転職によって現状よりも上のステップへ進めなければ、転職する意味はありません。

 

 

悩みが大きい時ほど、転職すれば状況は改善すると思い込みがちですが、冷静は分析なしでは転職で状況は改善しません。

 

大事なことですのでもう一度チェックすべきポイントを以下にまとめておきたいと思います。

・自分自身の転職市場での価値を見つめ直す

・転職によってメリットが得られるかを様々な求人から予測する

・自分だけでなく家族全員の事を考える

 

これらの事をすべて実践した上で、最適な転職タイミングを選択していく事が、転職成功への近道となります。

 

間違っても勢いで転職し、転職後に後悔してしまうという状況になってしまわないよう、しっかりとタイミングを見計らうようにしてください。

転職における注意点
最新情報をチェックしよう!
あなたの未来を切り開く求人を高精度AIが提案
リクナビNEXTのAI求人情報
あなたの未来を切り開く  高精度AIが選ぶ求人情報
 リクナビNEXT  AI求人情報