国税専門官への転職はやめとけばよかった|激務やつらいと評判の真相を体験談から学ぶ

国税専門官という職業に興味を持っている、もしくは国税専門官を目指してきたが「激務」や「つらい」という評判を聞いて、本当に自分にできる仕事なのか?不安になってはいませんか?

言っても普通の公務員ですから、何不自由なく働き続けられる人が大半です。

しかしその中の一部の人はやっぱり働き続けることが難しく、精神的なストレスから休職したり辞めてしまったりしているというのもまた、まぎれもない事実です。

 

結論から先に申し上げるならば、国税専門官の職業は間違いなく向き不向きの振り幅が非常に大きな職業だと言えます。

 

公務員の中でも人気は低く、かつ難易度も年々下がってきているため狙いやすいという一面はありますが、その分注意点も大きいです。

「公務員だから安定してそう」という安易な考えでいると、毎日大きなストレスを抱え、何のために働いているのか?自問自答しながら生活を送り続けなければならない可能性もあります。

 

不安をあおるような形になってしまいましたが、今回紹介する内容を実践してもらえれば、そんな不安をすべて払拭し自信を持って国税専門官の仕事をやっていくことができるようになります。

 

まずは国税専門官のハードな一面をリアルに実感していただくために、仕事内容や研修制度、離職率やストレスについて、実際の体験談をもとに紹介していきます。

さらにあなたは国税専門官に向いているのか?を簡単に判断できる方法も紹介していきます。

 

国税専門官はあなたに向いている職業なのか?しっかりと判断するようにしてください。

体験談を読むことで、国税専門官のリアルな現場の雰囲気が理解しやすくなりますので、この部分もぜひじっくりとご覧ください。

国税専門官になるのをやめとけばよかったと後悔した失敗談

国税専門官への転職をやめとけばよかったと後悔した体験談

私が転職したのは会社ではなく税務署でした。

私はそれまで歯科技工士として自宅近くの歯科技工所で働いていたのですが、歯科技工士業界の薄利多売という体質の将来性の無さに、専門学校に通っていたころから悲観的な考えを持っていました。

 

そして、卒業と同時に就職をしたのですが、働きながら公務員試験の勉強を始めて2年以内に公務員になろうと決意しました。理由は簡単です。

福利厚生は充実していて、親方日の丸で経済状況によってあるいは会社の業績によって大きく左右されないだろうと思っていたからです。

 

歯科技工士として働いていた私は、給与や待遇に特に強いこだわりをもっていて、特に就業時間はできるだけ短いところに就職しようと思っていました。

歯科技工士は求人票では残業1~2時間程度など、普通の事務職のサラリーマンと同程度の勤務時間を装っていますが、実は毎日夜の9時10時くらいまで働くのが常態化しています。

 

一生の時間の3分の一の時間は睡眠に充てているので、このまま何十年もこの仕事を続けていては、自分の生活に充てる時間はとても少ないものになってしまうという考えに思い至り、特に拘束時間や福利厚生にこだわりを持っていました。

公務員試験で唯一合格した国税専門官

公務員試験の中で唯一 国税専門官に合格

そうして私が受けた公務員試験は一般職の国家公務員試験と裁判所事務官、防衛省事務官、県職員、東京消防庁、国税専門官、地元の市役所、警察官などなど試験日が重ならなければありとあらゆる試験を受けました。

その中で唯一最終合格したのは国税専門官採用試験でした。

 

これは名称こそ仰々しく、何かえらく重責のある仕事のように思えますが、要は税務署の職員です。

税務職員になるには高校を卒業した後に国家公務員試験を受けて国税局に採用されて、1年間の研修施設で研修期間を経て税務署に配属されるパターンと、大卒程度の国税専門官試験を受けて、採用後に埼玉の税務大学校で3か月間の研修を経て税務署に配属されるパターンの2種類があります。

 

私は後者のパターンでした。最初は公務員の待遇の良さに魅かれて入庁したのですが、研修を受けているとだんだんとこの仕事にも充実感や、やりがいを感じれるのではないかと感じるようになり、意気揚々と期待に胸を膨らませていました。

しかしいざ配属されてみると、人に仕事を押し付け合う人たちばかりの集まりでした。

国政専門官の仕事で抱えたストレス

国税専門官の仕事で抱えたストレス

研修で学んだことは実務で使うことはなく、新人ということで窓口に来る相談者や納税者の相手をさせらて、そのたびにまるでガキの使いのように先輩職員と相談者納税者の間を行ったり来たりするだけでした。

さらに一緒に配属された同僚は非常に性格が悪く、私に文句ばかりを言ってきました。

 

そうするうちに私は気分が滅入り、病院に通うようになりました。軽度のうつ状態になった私は税務署を去ることになりました。

国税専門官になったことを後悔した理由

国税専門官になったことを後悔した理由

税務署は公務員ということもあり、当初考えていた通りに時間的な拘束などは、確定申告期を除いてはほとんどありありませんでした。

しかし、業務内容は敵意を持った納税者や意味不明なことを口走る相談者と先輩、上司との板挟みになり、非常に強い精神的なストレスにさらされることになりました。

 

最近は世の中の景気が良く、それに輪をかけて人手不足も重なって公務員になろうとする人は少なくなったと思いますが、それでも地方に行けばまともな就職口は電力会社と公務員ぐらいしかありませんし、まだまだ内向きの若者は多く試験の倍率は高いものです。

 

その多くは安定しているという理由で公務員になろうとしていると思いますが、業務内容や人間関係、特に来庁者と直接対話しなければならない役所の職員のストレスは大変なものです。

単純に安定の二文字だけで仕事を選ぶのは間違いだと思います。転職するときはその他の部分も十分に調べて検討するべきだと思いました。

国税専門官の現実

国税専門官へと転職した体験談をご覧いただきましたが、これ以降はさらに国税専門官について詳しく紹介していきたいと思います。

ここまでレビューを読んで疲れてきていると思いますが、ぜひこの部分だけはしっかり注目して読んでください。

国税専門官に向いているか調べる方法

国税専門官の適性を調べる方法

非常に重要なことなのにほとんどの人がやっていないこと。

それは仕事の適性を知っておくことです。

 

「適正分析なんて面倒くさい」と思っている人も多いと思いますが、実は転職サイトのツールを利用するだけで、事前に適性を知ることが可能です。


無料で利用でき、非常に精度の高い結果を返してくれるリクナビNEXTあなたの強みを見つける分析ツール

 

このツールは本当に意外なほど有能で、これだけであなたが国税専門官に向いているか事前に把握することが可能です。

あなたの診断結果に以下の項目があれば、国税専門官の仕事に向いていると言えます。

これらのうち2つ該当していれば、あなたは国税専門官として立派に働いていけるでしょう。

逆に分析結果に以下の項目が結果に表示されたという人は、残念ながら国税専門官に向いていない可能性が大きいでしょう。

大きなストレスを抱えながら仕事をしなければなりませんので、他の道を検討することも考えてみてください。

もちろん国税専門官に限らず、他のどんな仕事との相性も照らし合わせていくことが可能です。

 

あなたがどんな適性を持っているのか?というのは、どんな仕事をするにしても絶対把握しておくべき情報です。

適性を把握せずに働くと、最悪ストレスによって働けないような状態に陥るまで向いていないことに気付かない可能性もありますので、他のツールでは代用できないこのツールで診断しておくことは必要になるかと思います。

 

とりあえず国税専門官に向いているか不安が大きい人は、まずは一度診断してみて、先ほど紹介した向き不向きの項目と見合わせてみてください

※登録上の注意点

リクナビNEXTはAIによる求人情報の選別にも定評があります。

転職が当たり前の現代社会において他では得られない非常に大きな機能です。

登録時には必ずスカウト情報(職務経歴書)まで登録して、この機能の恩恵がうけられるようにしてください。

あなたの強みを見つけるグッドポイント診断

リクナビNEXTは求人数が業界最大数ですので、本格的に転職を考えた際には、どちらにせよ登録するべき転職サイトのひとつです。

一度診断してしまえば、リクナビNEXT内での応募時に志望企業へ診断結果を添付する事でアピールする事もできるため、そういった点でも必要度の高いサイトです。

国税専門官への転職

冒頭でも紹介したとおり、ネット上で大変な仕事やブラックだという情報が多く出回っており、一般的な公務員志望の人からはあまり人気がありません。

そのため最終合格者を多く出す傾向にある為、何でもいいから公務員になりたいという人には人気があるようです。

 

公務員の中でも、国税専門官への転職は割と低難易度の部類だと言えます。

国税専門官への転職は簡単なのか?

低難易度と言っても、公務員の中では割となりやすい部類と言えるだけで、決して簡単になれるわけではありません

試験内容も民法・商法・会計学と専門分野も多い為、試験難易度自体は高くなっています。

 

間違いの無いようにもう一度言っておきますが、公務員試験の中では比較的入りやすい仕組みにはなっていますが、試験自体は難しい為、国税専門官に簡単になれるという訳ではありません。

国税専門官の仕事内容

国税専門官の仕事内容は 主に以下の3つに分類されます

・国税調査官

個人や企業を相手に、申告に関する相談や申告内容の調査を行う。窓口業務だけでなく直接出向いて調査を行う事が多い。

・国税徴収官

滞納された税金を徴収する業務。支払われない場合には財産を調査し、金銭や財産の差し押さえも行う。

・国税査察官

通称「マルサ」と呼ばれ、悪質な滞納者に対しての強制捜査や告発などを行う。

国税専門官の残業時間

国税専門官は、税務署勤務ならば一般的に残業時間は少ない傾向にあります。

通常定時上がりで土日は休日となりますが、確定申告時期は忙しく残業することもあります。

しかしその税務署にもよりますが、残業をなるべくしないようにとの流れができつつあり、そういった場合には朝早出をするような場合もあるようです。

また国税局勤務、特に国税査察官(通称マルサ)では残業も多い傾向にあります。

残業時間の上限80時間近くなることも珍しくなく、休日出勤も多くなります。

国税専門官の仕事がきつい、激務と言われる理由

国税専門官の仕事は、世間的なイメージとして仕事がきつい、激務というイメージを持たれる場合が多くなっています。

しかし残業が多い訳でもなく、具体的に何がきついのかあやふやな部分も多いと思いますので、ここでしっかり認識していきたいと思います。

体育会系の縦社会

国税専門官の仕事は、よく極端な縦社会、超体育会系などと言われています。

上のいう事は絶対で、上が黒だと言えば黒になります。またそういった体質だからか、飲み会が非常に多いという特徴も持っています。

 

飲み会でのコミュニケーションが仕事のやりやすさに繋がっていくという考えを持っている人が少なくありません。

頻度としては都会と地方でだいぶ差があると思いますが、飲みの付き合いは覚悟しておいた方が良さそうです。

 

また、週末にはスポーツ大会などが開催されている地域もあるようです。

強制参加ではないのですが、暗黙の了解で参加するという体育会系特有の空気があるため断りづらくなっています。

仕事の特色

仕事内容の特色としては、基本的に人を疑うという事が根本にある仕事ですので、対象者には嫌われやすいという点は否めません。

仕事を頑張れば頑張るほど人に嫌われてしまいます。国税専門官になって友人が少なくなったという人も多いようです。

こういった特徴から、自分の仕事を全うするために、相手の状況に左右されない心構えというものは必須となってきます。

転勤の頻度

国税専門官は癒着を防ぐという理由から、2、3年ぐらいのサイクルで転勤があります。

転勤は基本的に採用局ブロック内で行われますが、採用局以外のブロックに転勤する場合もあります。

家庭を持つようになると、希望なども加味されてきますが、基本的には3年ぐらいのサイクルで転勤がやってくる大変さという部分の覚悟は必要です。

国税専門官の離職率

国税専門官の離職率が高いという話は聞いたことがあると思います。

事実その業務内容の特異性から、離職する人と言うのは少なくありません。

 

離職率の具体的なデータと言うものは出ていませんが、結論から言うと業務の特異性、ストレスの大きさから離職率が高いというイメージになっているのだと思われます。

 

一般企業と比べても、離職率だけで言えば決して高いものではありません。ただ業務の内容が特異的であり、あまり人に好かれるような仕事ではないことから、辞める人の意見と言うものが誇張されている傾向にあります。

 

ただひとつ注意点としては、精神的に病んでしまい、離職ではなく休職してしまうような人も、ある一定数いるようですので、その辺も吟味して考える必要がありそうです。

 

向き不向きがはっきりとしている職業ですので、向いていなかった人の意見が大きく取り上げられている状況だと言えます。

激務度が高いのは徴収部門

国税専門官の中でも、一番激務度が高い言われているのが国税徴収官です。

国税徴収官は裁判所の令状なしでも、税金滞納者の財産を強制的に差し押さえることができる役割を持っています。

そのため実際に滞納している人に催促や財産処分をするストレスと労力のふたつを併せ持っています。

国税専門官の中にも、徴収部門に行きたがらない人は多いようです。

国税専門官でつらいのはストレスの大きさ

国税専門官がつらい原因となっているストレスについて、その大きさと原因を詳しく紹介します。

ストレスの大きさ

やはりその業務の特異性から、ストレスは大きいと言わざるを得ません。

実際にうつ病などを発症して求職している方も少なくは無いようです。

ただ、先ほども申し上げた通り向き不向きの振り幅が非常に大きい職業ですので、人によって大きな差が出てきます。

ストレスの原因

税務調査

歓迎されることのない敵対心丸出しの相手の懐に飛び込み、実際に調査し問題点を探し出す。そしてそれを相手に説明し納得させるという非常にストレスを抱える業務内容です。

縦社会

さらにストレスに拍車をかけるのが、縦社会という仕組みになります。

調査した結果を上司に報告するわけですが、もちろん上司はその調査内容に口を挟んできます。

 

もっとこうしろあーしろと言うだけでなく、企業との間で一度は解決したような問題に関しても、上司が納得しなければ再調査となります。

ただでさえ企業に出向いての敵対心の中での作業はストレスが溜まるのに、さらに問題を掘り起こして再調査するというのは、企業の反感を買う事は間違いありません。

国税専門官の良いところ

国税専門官は、これまでに紹介してきたような体質やストレスなどマイナスな面だけでなく、もちろん良い部分もあります。

ここではそんな国税専門官のメリットについて紹介しておきたいと思います。

税理士の資格がもらえる

税理士資格を得るためには、通常5科目の試験に合格する必要があります。

しかし国税専門官として10年働くと税法3科目の試験が免除され、23年働けば全5科目が免除されます。

国税専門官として23年働けば、税理士の資格が得られるため、大きなメリットとなります。

平均年収が高水準

国税専門官の年収は、一般的な行政職よりも高水準にあります。

年収で比較すると、地方公務員と比べると50万円~100万円ほど高い水準になっています。

年収は生活に直結してくる部分ですので、国税専門官の大きなメリットだと言えます。

将来性が高い

国税専門官は、景気の影響を受けづらいという特徴があります。

景気が良い場合には、欲にかられて少しでもお金を残そうと節税や脱税が目立っていましたが、景気が落ち着いたからと言ってそういう行動が減ったかと言うと、決してそんな事はありません。

景気に関わらず税務署の監視の目というものは必ず必要な部分ですので、国税専門官の将来性は明るいと言えます。

 

さらに、税金と言うものは国の財政に直結してきますし、脱税の手口なども年々巧妙化されているため、国税専門官の必要性は高いと言えます。

こういった点から、民営化される可能性も低く、引き続き公務員の安定性という需要を得る事ができ、この部分に関しても将来性は明るいと言える根拠となりそうです。

国税専門官が向いている人

ここまで紹介した情報をもとに、国税専門官に向いてる人はどんな人かを一度まとめておきたいと思います。

まず人間関係の部分で、体育会系の圧倒的縦社会に馴染める人でなければなりません。

上司から言われた事を忠実にこなす覚悟の出来る人が向いていると言えます。

 

仕事内容としては、人を常に疑うという事に関しては大変なようでもありますが、正義のもとに毅然と立ち向かっていくという考えを持てれば、すごくやりがいが持てる仕事になります。

正義のためならば、そういった仕事内容にやりがいを持てる人が向いてる人だと言えます。

国税専門官の仕事は向き不向きを見極めることが大切

国税専門官の仕事は、今回紹介したようなポイントをしっかりと見極めて、自分に向いているのか向いていないのかをしっかりと判断する事が大切になります。

もちろんそんな事は他の仕事でもそう言えることですし、あなたが今公務員を目指そうと思っている理由も、もしかしたら今の仕事・職場が向いていないと考えているからではないでしょうか?

国税専門官の仕事の場合には、向いていない人のストレスが特に大きいという特徴がありますし、結局転職を考える際には、あなたに向いている仕事は何なのか?というのは、もう一度しっかりと見極めておく必要性があります。

国税専門官が激務と評判の真相まとめ

仕事の向き不向きによって、結果的に大きなストレスを抱えてしまう事に繋がり、特に国税専門官においては向いていない人のストレスは非常に大きく、精神疾患によって休職状態に追い込まれている方は少なくありません。

 

国税専門官の仕事の特徴と、あなた自身の客観的な自己評価というものをしっかりと見比べた上で選ぶようにしてください。

ひとつの仕事だけに囚われすぎないようにし、なるべく広い視野をもっていくことも大切になります。

 

将来を安定させる為の選択肢は公務員だけではありません。

理想は安定性があって、かつあなたのやりやすい環境で仕事が出来ることです。

 

どんな仕事であっても不満の無い仕事と言うのはほとんどありません。

今現在転職を視野に入れているのならば、転職を最優先と考えるのではなく、今の現状を見直すことから始めなければ、結局転職後に後悔してしまう事態に繋がります。

 

転職を考えても、仕事を辞める前に考えるべき事をキチンと見直さなければ、絶対に転職はうまくいきません。

仕事を辞めたい時に考えるべき事と辞めたいと言えない時の対処法を読んで、今やるべき事をしっかりとやっておくようにしてください。

 

また、転職の理想を現実に結び付けていくためには、転職サイトや転職エージェントの活用が非常に重要になってきます。

自分ひとりで行う転職活動と、転職エージェントを利用した転職では、労力も質も大きく変わってきます。

 

実際の転職活動の現場において、エージェントを利用しないということは大きなデメリットになってしまいます。

転職エージェントが必要ないと言っている人は、ある程度仕事はどうでもいいと思っている人の戯言です。

 

転職活動の大変さを読んで頂ければ、自分ひとりで行う転職活動の大変さと、エージェントを利用する事の大きなメリットは理解して頂けるかと思います。

あなた自身に最もふさわしい仕事を選び、なるべく長く働き続けられる選択ができるようにしてください。

 

もし今回の記事を読んで頂いて、国税専門官が向いていないと感じられた方は、どんな状況であっても手遅れなんかではありません。

すでに試験に合格していたとしても、また実際に働いている状況だとしても、本当に合わないと感じるならば、今からでも充分やり直すことはできます。

 

もちろんその道を諦めて、いきなり無職になってしまっては、理想的な転職が出来ない可能性が高くなります。

しかし、転職サイトで求人情報をこまめに入手したり、転職エージェントと二人三脚で転職活動を行っていけば、あなたの性格に合った、ストレスを一切感じることの無い仕事を見つけることは充分可能です。

 

悩みだけが大きくなり、一歩踏み出す勇気が持てずにいると、うつ病など仕事を続けていく事ができない状態になってしまうリスクがどんどん大きくなってしまいます。

 

もし今現在悩んでいるのならば、今すぐ明るい未来に向けて行動するようにしてください。

できれば転職エージェントの方が、より理想に近い転職が可能になりますが、エージェントとの面談が必要など、今すぐ行動するにはいろいろと壁を感じてしまう方も多いと思います。

かといって行動しないとリスクはどんどん跳ね上がっていきますので、とりあえず転職サイトには登録しておくようにしてください。

 

転職サイトもいろんなサイトがあり、どれを選べばいいか分からないという人も多いかと思いますが、そんな方には業界最大手のリクナビNEXTの利用をおススメします。

リクナビNEXTは転職した人の80%が利用しているという業界最大手のサイトですので、安心感も大きいですし、求人数もそれだけ多くなります。

 

とりあえず登録していろんな求人を見つけてみる!ただそれだけでも未来のリスクは格段に小さくなっていきますので、最低限転職サイトには登録しておくようにしてください。

公務員への転職
最新情報をチェックしよう!