ゲームプランナーを辞めたい!辞める時の判断基準や転職を成功させる方法

  • ゲームプランナーとしてのプレッシャーの押しつぶされそう。
  • 問題の責任を押し付けられる。
  • プレゼン力が低く伝える能力に限界を感じる。

ゲームプランナーとしてこれらのような悩みを抱えてはいませんか?

ただ面白いゲームを作りたかっただけなのに、様々な場面で「向いていないんじゃないか」と不安を感じる。

仕事の幅が広いゲームプランナーでは、実は多くの人が抱える悩みです。

 

だからといって、今すぐゲームプランナーを辞めるという結論に至るべきではありません。

辞めるべき状況、辞めるべきでない状況を把握し冷静に判断すべきです。

またゲームプランナーの職に問題があるのではなく、職場に問題がある可能性も否定しなければなりません。

 

そこで今回の記事では、ゲームプランナーの仕事に限界を感じた時にどう行動するのが正解なのか?

実体験をベースにして、正しい選択について解説していきたいと思います。

ゲーム業界でのゲームプランナーの現状

ゲームプランナーは、企業で勤める場合とフリーランスとでは、かなり仕事の幅と求められるスキルが異なります。

 

企業ではチームが編成され、プランニングでもゲームの一部を担当し、各セクションと連携しながら進める。

制作前の企画段階でもマーケティングやプレゼンテーションを任される場合は、そういう専門の立ち位置です。

 

またフリーランスの場合には、ゲームデザインやシナリオなどの境界が甘いです。

ゲーム開発の企画段階からプレゼンテーションもしますし、制作進行までやる場合もあります。

作るゲームが自分のオリジナル企画であれば、さらにやりがいはあります。

 

しかしプロジェクトとして、きっちり収めなければならないのでその分プレッシャーも大きいです。

 

この場合のプロデューサーはあまり頼りにできるものではありません。

単にプランナーという枠内でシナリオや設定のみの文芸寄りであれば、専念できるとは思います。

 

ゆくゆくはゲームプランナーからゲームデザイナーの称号にクラスチェンジすることも考えておきましょう。

ゲームプランナーを辞めたい理由

ゲームプランナーの仕事を辞めたいと思う理由は人それぞれです。

ここではよくある辞めたい理由について解説していきたいと思います。

ゲームプランナーとして圧し掛かるプレッシャー

ゲームのボリュームが大きい場合、プランナーの数が少ないとプレッシャーになります。

また、零細企業や自分の企画を立ち上げた場合は、自分のクリエイティビティが問われます。

ゲームプランナーはいかに大量インプットしてきたものを、化学反応させて出力させるかです。

 

大企業の場合は過去のリソースが豊富なので、ある意味マニュアルや指示系統が明確で、データ管理が主です。

仕事のフロー的には安心ですが、結果的につまらない仕事と感じるかもしれません。

そしてここでも、自分にセンスを感じないときは自信を無くすかもしれません。

評価に対する不満

他セクションのプログラマーやデザイナーから、問題をプランナーに責任転嫁された時。

大企業なら本来こういうことはないのですが、零細企業ではありえます。

 

またゲームプランナーはプレゼンテーションや伝える能力がないと、評価を下げられたり誤解されることがあります。

特に企画段階のゲームプランナーは無駄な熱意も必要です。

 

ゲームプランナーは、大企業などは特に評価が正当に積み上がるのかは謎です。

デザイナーやプログラマーなどは経験が確実に積み上がっていきます。

メンタル的に限界

自分の興味のないゲームの場合は、単純作業のデータ処理の繰り返しが苦痛になることも多いです。

 

一番つらいのが、チーム内に大御所がいて気を使わないとならない時。

特に大御所プロデューサーやシナリオライターなどは、仕事が非常にやりにくいです。

 

自分の企画したゲームが開発中止でぽしゃった時もメンタルに大きなダメージを受けます。

ゲーム製作もビジネスで大きなお金が動きますから、大人の事情で開発中止になったり。

会社ごと身売りになるケースもありました。

今のゲーム会社を辞めた方がいい状況

まずはあなたの現状をしっかりと整理するようにしましょう。

なるべく早い行動が求められる状況をわかりやすくするため、今すぐゲーム会社を辞めるべき状況から整理していきます。

ゲーム会社の仕組みに問題がある場合

会社内の役割分担が曖昧で、制作フローがいきあたりばったり、かつディレクターの人格に問題がある場合は辞めた方が良いです。

 

とにかくチームプレーですので、トップダウンで何でも無理難題を押し付けてくるところは危険です。

社員の士気も下がっていると思います。

人の入れ替わりが激しい

危険な信号としては社員がすぐに辞めてしまう会社。

あなたが今の会社に対して、そこまでブラックなイメージを持っていないとしても、危機感を持つべきです。

人がそれだけ辞めるにはそれなりの理由がありますので、今のうちに転職を視野に入れておくべきでしょう。

ゲーム会社の経営状態

ゲーム会社の経営は難しいという意識をもって、今の会社の経営状態を客観的に見極めることが重要です。

会社自体が危ないと感じた場合は、給料がもらえるうちに早めの転職をおすすめします。

わりと現役でやっていれば、ヘッドハンティングで良い会社に移れたりもします。

辞めない方がいい状況

対して今すぐ辞めるべきでない状況についても整理しておきたいと思います。

乗り越えるべき壁を目の前に辞めると、成長する機会を失ってしまいます。

人間関係の問題

ディレクターなど指揮系統の横暴がなければ、同僚とのトラブルなどは大した問題ではありません。

つまり仕事がまっとうできる職場で、仕事に対する評価をしてくれるのであれば辞めないほうがいいです。

キャリア形成のために最低でも3年はいましょう。

給料が安い会社

今は給料が安くても、同じ職種の先輩が評価されているなら見込みはあります。

作っているゲームが市場的に有望であれば、将来待遇が良くなる可能性はあります。

ゲームプランナーを辞めるデメリット

ゲームプランナーという職業で、中途半端にすぐにやめてしまうと次の職が難しくなります。

関わったゲームはプロジェクト歴に関わるので、終わるまでやり遂げたほうが良いです。

 

ゲームプランナーだと何のゲームに携わったか必ず聞かれますからね。

 

引き継ぎもゆっくりできますし、途中で投げ出すというのは気分が悪いです。

会社も自分も。

 

鬱とか健康を害した場合は、休職するなり辞めない方法で一旦対処してから考えましょう。

ゲームプランナーを辞める前にできる対処法

今すぐゲームプランナーを辞める前にできる対処法について解説していきます。

後々考えてみると「大した問題じゃなかった」ということも多いですので、冷静に判断するようにしましょう。

積極的に相談する

社風にもよりますが、上司に相談できる人がいれば相談するようにしましょう。

チーム作業なので、ギスギスしていると仕事しにくいです。

 

無断欠勤や、やる気のない仕事をダラダラ続けても結果悪い方向にむかいます。

 

あとは職場環境を変えてみる。

在宅でできる会社もあるでしょうし、会社員から外注になってもよい。

少なくとも一定の評価があるのであれば、あなたの要望を聞いてくれる可能性もあります。

仕事に縛られない

仕事は仕事と割り切って、仕事以外の時間を楽しむ。

 

運動したり、趣味に没頭したり。

ストレスが解消されて、仕事の悩みも消えるかもしれません。

 

また、ゲームプランナーでやりがいを感じれないときは、やりたいことを提案してみる。

自分の企画だとか、自分の提案をアピールしてみる。

 

そうすることで、会社から違った角度から評価されることになるかもしれません。

ゲームプランナーとして転職を成功させるには?

ゲームプランナーを辞めてしまうよりも、ゲームプランナーとして転職を成功させるのが理想です。

ゲームプランナーとして仕事を続けながら、悩みを解決できる職場へ転職するコツを解説していきます。

吸収できるものはしておく

ゲーム会社で働いている人の中でも、尊敬できる人は大概いるものです。

その人を目標にやってみるのもいいですし、その人の仕事を参考にできます。

 

何の仕事でもそうですが、こうやって一人前になっていくのです。

ゲームプランナーは仕事の内容が広すぎるので、一様に定義はできませんが、

プレゼンが苦手な人は台本を作る。

台本を読めるようにようにリハーサルする。

プランナーという職業は、難しい仕事でもしっかりリサーチして、情報をまとめて整理していけばなんとかなるものです。

成長することを忘れない

職場は入社してみないとわからない部分が多いですが、社風と評価基準は重要です。

しっかり評価してくれて、チームの士気が高くやりがいがあれば問題ないです。

 

ゲームプランナーは経験が増すと求められる仕事が広くなります。

しっかりとインプットして、その会社の歴史を継承していく意識が成長へとつながります。

 

会社の資産である過去のゲームをリスペクトすれば道は見えてきます。

どういう会社でも強みはありますので、それを踏まえて進化させると、ゲームプランナーとして成長できます。

ゲームプランナーを辞めたいときの対処法まとめ

このように仕事で悩んでいても、今すぐゲームプランナーという職を辞めるべきではありません。

精神的に限界が近い状況を除いて、今できる成長を意識することが重要です。

今やれることをしっかりやりながら、同時に転職活動を行っていくことで、初めて理想の職場に転職できる可能性が見えてきます。

とりあえず転職して環境を変えるという考えでいると、同じような悩みを抱えることになるので注意してください。

 

働きながら効率的に転職活動を進められるよう、転職サイトはこれから紹介する2つに必ず登録しておきましょう。

ゲーム業界専門の転職サイト

まず1つ目はゲーム業界専門の転職サイトであるシリコンスタジオエージェント。

ゲーム業界の様々な職種に特化した転職サイトですので、よりあなたの望みに近い会社を見つけることが可能です。

  • 大手も少数精鋭のゲーム開発会社も実績多数
  • 全員がゲーム業界に精通したスタッフ
  • ゲーム業界からの信頼度が高い

在籍しているエージェント全員がゲーム業界に精通しているため、働きながらでもあなたの代わりに理想の職場を見つけてくれます。

面倒な残業時間や給与などの交渉も代わりに行ってくれるため、理想のゲーム会社に出会う確率が大きく跳ね上がります。

非公開求人多数

\ゲーム業界に特化した人材紹介サービス/

大手の転職サイトも登録必須

転職サイトは、ゲーム業界に特化したサイトだけでなく、大手の転職サイトにも登録しておきましょう。

リクナビNEXTなどは他を圧倒する求人数を誇っていますので、転職情報を集める際には必須のサイトです。

  • 日本最大級の求人情報量
  • AIがあなたにぴったりな求人を提案
  • 企業からダイレクトにオファー

求人情報量もそうですが、AIによる求人情報の選別が大きなメリットです。

ゲーム業界に特化したあなたに最適な求人をAIが次々に紹介してくれます。

日本最大級の求人情報

AIがあなたの未来を切り開く

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
あなたの未来を切り開く求人を高精度AIが提案
リクナビNEXTのAI求人情報
あなたの未来を切り開く  高精度AIが選ぶ求人情報
 リクナビNEXT  AI求人情報