転職を早く決めたいと思い始めた時の重大な落とし穴を実体験から学ぶ

転職活動に疲れ、早く転職先を決めたいと悩んではいないでしょうか?

 

実は転職活動の期間というものは、思っていた期間よりも長く掛かってしまう事が多い為、こういった悩みを抱えている人は非常に多くなっています。

 

 

確かに転職活動とは面白いものではないため、1ヶ月以内に決められれば理想なのですが、平均すると3ヶ月~半年程度はかかってしまいます。

 

しかし最初から半年程度を想定している人というのは少なく、そのため早く決めたいという気持ちが表れやすくなるようです。

 

 

こういった転職活動を早く終わらせたいという気持ちですが、実は理想の転職を行おうとする上で非常に大きなデメリットとなってしまいます。

 

早く決めたいという気持ちが、転職で一番厄介な問題となっている焦りに繋がっていき、焦りが生まれてしまうと転職の成功率は大きく下がってしまいます。

 

 

しかし今現在転職活動が辛すぎて早く終わらせたいと感じてしまっている人は、こういった事を言われてもなかなか気持ちを切り替える事は難しい事かと思います。

 

 

それでもこのまま早く終わらせたいという気持ちを持ったままでは、転職を成功させることが非常に難しくなる為、出来る限り一度落ち着くようにする..ことが重要になります。

 

 

そこで今回の記事では、転職を早く決めたいという焦りが生まれてきた場合のデメリットというものを、具体的に紹介していきたいと思います。

 

こういった焦りが生まれた時に具体的にどのような不利益になるかを理解してもらうことで、一度冷静になるきっかけとなってくれると思います。

 

 

これから紹介する具体的なデメリットは、実体験をもとに紹介していきますので、非常に分かりやすく身近な問題となっています。

 

転職先を早く決めたいと思い始めた時に見失いやすくなるものが具体的に書かれていますので、そういったポイントに注目して読んで頂ければ、より危機感を持って頂けるかと思います。

 

 

体験談を読んで頂いた後には、デメリットを一つずつより分かりやすくまとめていきますので、是非最後まで読んで頂き今後の転職活動に役立てて頂きたいと思います。

早く決めたい気持ちが先行して転職に失敗した体験談

焦っている女性

私はIT企業に勤めていましたが、社風が合っていないことを理由に退職しました。

 

その後、アルバイトをしながら転職活動を始めました。職種はもう一度IT業界に絞って仕事を探しました。

 

IT業界にこだわった理由は特にないのですが、未知の業界で働くのを避けたかったからだと思います。

 

 

何社か面接を受けてみましたが、次は良い企業に就職したいと言う気持ちから、なかなか働きたい企業が見つかりませんでした。

 

しかし、ずっとアルバイトしているわけにもいかず、いくつかの内定を頂いた企業の中で一番良さそうな企業に就職しました。

 

 

結果その企業は良いところだったのですが、仕事が多く残業も増えてきました。

 

今では遅い時間までの残業が当たり前で、その点で転職に失敗したと思いました。

焦りが生まれた事によるデメリット

焦ってしまう原因とは?

私が失敗した一番の要因は、転職活動に焦ってしまった事だと思います。

 

しっかり吟味しながら企業を探していましたが、結局最後は焦ってしまい、その時に内定を頂いてる企業から選んでしまいました。

 

 

もちろん自分の状況などもありますが、一時的なことで一生働くかもしれない企業を簡単に選んでしまうのは良くないと思います。

 

人によって企業に求める条件は違うと思いますが、やはり妥協はあまり良くなく、自分が働きやすい環境で働くことが大事だと思います。

 

 

私は、アルバイトと転職活動の両立ができていませんでした。

 

そこで焦るのではなく転職活動を一度やめて、体勢を立て直してからまた始めればよかったのかなと思います。

 

 

もしそのようにしていれば、生活も苦しくならず、転職活動にも余裕を持てていたと思います。

 

そうすれば、もっと違った企業を見つけられていたのかもしれません。

正しい企業の選び方

転職先を選ぶ基準

また、新卒の時には残業の事なども気にしながら企業を探していましたが、今回は社風ばかりに気を取られていました。

 

社風さえ良ければ良いという事は決してなく、今まで重視していた内容も気にしなければいけませんでした。そこも余裕の無さからくるミスだったと思います。

 

 

私が転職活動を通して思ったことは、まず転職活動に対してマイナスイメージを持ちながら活動するのは良くないということです。

 

前の仕事や企業で何かあったから、もっと良い環境で働きたいと思い転職する人は多いと思います。

 

 

つまりは、自分のためにやっていることなのだから、別にマイナスなイメージを持つ必要はないと思います。

 

マイナスなイメージのまま活動しても良い結果は出ないし、転職失敗に繋がるかもしれません。

 

 

あとは、しっかりと考えてから選考に進むべきだと思います。

 

自分が譲れない条件や、前の会社での反省を活かした条件など、新卒の時よりも条件は増えるかもしれませんが、そこは妥協してはいけないと思います。

 

 

転職サイトなどで条件を見るのはもちろんのこと、面接の機会があればどんどん企業の方に質問して、本当に自分に合っているのかを見極めないといけません。

 

転職というものは社会人を経験しているので、新卒の時とは観点が変わっていると思います。その辺もきちんと見極めないといけません。

転職する意味をもう一度じっくり考える

転職について考える

転職活動をしてみて気づいたのは、転職をする人は意外に多いということです。

 

自分はすごい少数派だと感じていましたが、面接で一緒になる人がいたり、転職者ばかりを採用しているような企業もあることを知りました。

 

 

私は同じ業界へ転職しましたが、他の業界にもっと目を向けてみても良かったのかなと思います。

 

もしかしたら業界自体が自分に合っていないのかもしれないし、そこは分からないので、視野を広げてみれば良かったと思います。

 

 

転職は自分の未来を変える事だと思いますので、簡単に結論を出したりせず、真剣に取り組んでほしいと思います。

 

自分に合う企業は絶対にあるという気持ちを持って、妥協せずに転職活動すれば必ず成功すると思います。

転職における焦り

転職活動において、焦りと言うものは常に付きまとってきます。

 

その都度適切に対処できなければ、焦りに飲み込まれてしまい、体験談の様に満足のいく転職が出来ない事態になってしまいます。

 

ここからは、体験談をもとにして、転職における焦りについてもっと深く追求していきたいと思います。

転職活動で焦りが生まれてしまう原因

まずは、焦りが生まれる原因をしっかりと把握しておく必要があります。

 

どのような状況で焦りが生まれやすいのかをあらかじめ知っておく事で、いざその状況になった時に冷静に対処できるようになります。

生活との両立

体験談において焦りが生まれる原因となったものは、生活のためのアルバイトとの両立になります。

 

働きながら転職活動を行っていくというのは、非常に重要な事なのですが、実際問題非常に大変な事です。

 

 

しかしアルバイトでもしていかなければ、生活が成り立たなくなってしまう可能性もあるため、両立しながら転職活動を行っている人は多くいます。

 

その結果転職活動は長引いてしまい、そして長引くほど焦りも大きくなっていきます。

 

 

体験談で言っていた通り、転職活動を一度止めて、落ち着いてから再スタートするという方法もありますし、一番大切なのは、転職活動における労力を出来るだけ少なくしていくという事になります。

転職活動の期間

転職活動を始める前に、どれぐらいの期間を見積もっているのかという意識でも、焦りが生まれやすいかどうかに変わってきます。

 

転職自体を甘く見ていたり、見積もった期間が短すぎると、長引く転職活動で焦りが生まれやすくなります。

 

 

転職を成功させるために必要な転職活動の期間は、平均2~3ヶ月程度、長ければ半年以上必要になります。

 

理想の企業を見つけるという事は決して簡単な事ではありませんので、事前にある程度の期間を見積もっておく事が焦りを生まない為には必要になります。

現状への不満

これも体験談で語られていますが、マイナスなイメージばかりを抱えての転職活動になると、正しい転職活動ができなくなってしまいます。

 

現状への不満ばかりに囚われすぎると、早く転職先を決めて現状を変えなければいけない!という考えになってしまい、その結果焦りが生まれやすくなってしまいます。

 

マイナスなイメージで転職活動を行うのではなく、理想の労働条件で働くことができる前向きなイメージを持つ事が必要になってきます。

転職活動で焦りが生まれる事によるデメリット

次に、転職活動中に焦りが生まれる事によって、具体的にどのようなデメリットがあるのかを整理していきたいと思います。

 

デメリットをしっかりと理解すれば、その分焦りが生まれる事への警戒心も高まっていきますので、こちらもしっかりと理解しておくようにしてください。

会社選び

体験談では、転職活動で焦りが生まれた事によって、会社選びに失敗してしまっています。

 

 

焦りが生まれてしまうと、本来自分が持っていた希望条件さえもきちんと考えられなくなり、早く決めなければいけないという気持ちだけが先行し、一生働くかもしれない企業選びを簡単に選んでしまうようになります。

 

 

そしてこのパターンに陥ると、体験談の様に転職後に後悔してしまう事になります。

 

いつの間にか転職する事が目的となり、妥協した会社選びになってしまうため、焦りは転職における一番厄介なものということになります。

労働条件の確認

もうひとつ焦った転職活動で犯しがちな過ちとして、労働条件の確認不足があります。

 

求人情報や面接の時点では、詳細な労働条件と言うものはまだ決まっていません。

 

 

あなたが会社に必要だと判断され、内定が正式に決まった時点で初めて労働条件は決定します。

 

あなたの能力を考慮した上で詳細な労働条件は決まりますので、これは当然の事と言えます。

 

 

しかし、求人情報や面接時の、ある程度幅の広い条件だけで判断し、労働条件を確認せずに転職して後悔する人が非常に多くなっています。

 

これも焦りが大きく関わってきており、体験談の様に焦りから転職を実現する事が最優先され、残業の部分を確認せ出来ずに転職後に後悔しています。

 

 

焦りが生まれる事によって、自分が一番こだわる部分でしか会社を判断しないようになってしまいますので、必ず事前に労働条件通知書を貰うようにしてください。

精神的ストレス

ここまで紹介した焦りのデメリットを回避できたとしても、焦った状況のまま転職活動が長引いてくると、精神的ストレスが大きくなってきます。

 

 

精神的ストレスが大きくなってしまうと、転職活動の質が落ちてくるだけでなく、最悪転職活動自体が出来なくなってしまう可能性もあります。

 

そんな状態では絶対に理想の職場を手に入れる事はできなくなってしまいます。

転職活動で焦りが生まれないようにする方法

これまで紹介した焦りが生まれる原因や、焦りが生まれる事によるデメリットをもとに、転職活動で焦りが生まれにくくする方法を考えていきたいと思います。

事前のスケジュール

転職活動を始める際、もしくは今現在転職活動中でも、これから先どれぐらいの期間を設けるかという設定を、余裕を持ってしておくようにしてください。

 

転職を成し遂げるのに必要な応募社数は平均20社程度となっています。

 

もちろんあなた自身の希望条件をもとに企業を選定していけば、これぐらいかかるという事です。

 

 

希望条件を削って行けば早く転職できるかもしれませんが、それでは転職する意味が無くなってしまいますので、生活の為など、早く転職しなければならないような方は、一度アルバイトでも何でも、生活の方を立て直すようにしてください。

 

初めから焦りがある状況では、決して良い転職は出来なくなってしまいます。

転職条件の軸

適切な期間が設定できたら、次はあなた自身の希望条件の軸を決めていく必要があります。

 

もちろんある程度は設定できていると思いますが、焦りによってブレる事の無い絶対的な軸を設定しておくことが大切です。

 

 

そもそも転職する事になった、転職で解決したい悩みや求める条件、やりたい仕事などをしっかりと整理して、それをブレてはいけない軸として設定しましょう。

 

焦りが生まれた時や迷いが出た時に、この軸を思い出して目的を見失わないようにしていく事が大切になります。

糸の様な緊張感

転職活動をしている時には、ある程度緊張感を保っていく事は絶対に必要になります。

 

なるべく間隔が空かないように、希望条件に合致した会社にはどんどん応募するようにしていく事で、緊張感は保たれます。

 

 

しかし、糸の様に張りつめすぎると切れてしまいますので、張りつめすぎた時には休憩する事も必要です。

 

何日間も休むと緊張感が取り戻せなくなりますので、ストレスが大きくなった時には、半日でも一日でもリフレッシュの時間を設ける様にすることも大切です。

労力の軽減

このように、転職活動では適切な期間の設定にブレる事の無い条件設定、緊張感を保つ事と休むことのバランス、そしてこれらをしっかりと行った上で、次は会社選びをしていかなければなりません。

 

しかも多くの人はこれを働きながらやっていると思います。

 

 

この労力というものは、焦りと同じぐらい転職において厄介なものになります。

 

せっかく焦りを生まれなくする方法を実践できても、労力の大きさからまともな転職活動が行えなければ、結局は満足の行く転職先は見つける事は出来ません。

 

 

焦りを生まなくする環境作りと共に、極力労力を減らしていくという事も大事なことになってきます。

 

そういった理由から、現代においてシェアを伸ばし続けているのが、転職エージェントになります。

ほとんどの人が勘違いしている転職エージェント

転職エージェントというと、なぜか敬遠する人も多いですが、転職で焦りを生まないために、そして労力を大幅に軽減していくために、転職エージェントはもはや必須と言える状況にあります。

 

 

ただでさえ忙しく働く現代社会において、これだけの事を転職エージェントなしで行っていくという事は、非常に困難な事になります。

 

転職エージェントを使ったからと言って、適当な仕事を紹介されるという事は絶対にありません。(エージェントの見極めが必要ですが)

 

 

転職エージェントの詳細なメリットは他にもたくさんありますが、今回の記事を読んで頂ければ、焦りを生まれにくくするという点と、労力を大幅に減らすことが出来るという2つのポイントだけでも、転職エージェントのメリットは十分に感じて頂けると思います。

 

 

無料で利用できるにも関わらず、これだけの力を発揮してくれるのですから、転職活動を行う際には絶対にエージェントを利用するようにしてください。

転職で不利になる事
最新情報をチェックしよう!