転職で絶対に妥協してはいけない事を妥協によって失敗した実体験に学ぶ

転職では、妥協してしまうと後に大きく後悔していしまう大事なポイントがあります。

 

転職する際には、人それぞれいろんな条件を考えると思いますが、妥協して良い点と悪い点をちゃんと把握しておかなければ、転職活動はうまくいきません。

 

 

妥協してはいけない点と言っても、決して難しい話ではありません。

 

ちゃんと自分の中で整理しておけば、転職活動は必ずうまくいきますので、是非今回の記事は参考にしてください。

 

 

みんな何かしらの理由から転職を決意している事でしょうから、こんな簡単な事で転職を失敗させるわけにはいきません。

 

さらに、今回紹介する事をちゃんと整理しておくことで、転職の成功率を上げるだけでなく、転職活動における作業もスムーズにできる利点もあります。

 

 

整理するというのは、面倒くさいイメージがある方も多いですが、一度整理してしまえばその後がすごく楽になります。

 

思った以上のメリットをもたらしますので、是非これを機に、これから紹介する事をちゃんと整理するようにしてください。

 

 

まずは、ある事で転職に失敗した方の体験談をご覧いただきます。

 

この体験談を読んでいただくと、転職で妥協してはいけない点が理解しやすくなりますので、是非じっくりとご覧ください。

転職活動を妥協して失敗した体験談

転職活動を妥協する男性

自分の意思で転職をする時でも、不可抗力によりやむを得ず転職をしなければならない状況になった時でも、金銭的な不安などから早く転職先を決めたくなる心理が働くと思います。

 

しかし、時にはそれが原因でとんでもない会社に就職してしまう、ということも発生します。

 

 

私はとある派遣会社で、派遣会社の親会社に派遣されるという形で勤務しておりました。

 

仕事は苦労しながらも評価を頂き、契約更新を続けることができましたが、親会社の投資抑制のあおりを受ける形で契約更新の話がなくなりました。

 

 

いわゆる「派遣斬り」です。その後、派遣会社の営業から新しいオファーも無く退職を余儀なくされました。

 

有給消化を兼ねた転職活動でハローワークを訪ねてから、とある会社の求人を紹介されました。

 

 

それは今までと同じ業種で、業務も似通った内容の仕事のある会社でした。

 

実はこの会社の求人は、派遣勤務時にもハローワークから紹介があった会社でした。

転職後の現実

現実と向き合わない男性

給料は今までよりも良いという事もあり、面接を受けることにしました。一次、二次と無事に面接を突破し晴れて内定を頂いたのですが・・・

 

 

その会社に入ってから驚きの連続でした。

 

求人票にはボーナス支給とあったにもかかわらず、1年目はないとのこと。

 

 

また固定残業代+資格手当てを含んだ契約内容を送付されてきました。

 

今で言えば裁量労働制のような契約条件に近くて、遅くまで普通に働くような状況でした。

 

 

また、上司は管理者を養成する学校を卒業しているからか、部下に対して人権も考えない発言で公共の場で怒鳴ることも日常的でした。

 

数ヶ月前に入った上司も例外的ではなく、ひどい扱いを受け半年で去ってしまう状況になったりしました。

 

そうなると上司の攻撃対象は私になってきました。

 

 

「俺の考えを察して動け」

 

「お前のためを思って言っているんだ。パワハラなんて無い」

 

 

そうなっていくうちに私は精神的に病んでしまい、この会社を辞めることになりました。

 

その後、先天性の病気があることも発覚して、治療をしながら社会復帰を目指しています。

転職活動で大事な事

転職活動で大事な事

この時に私が強く感じたのは、受ける会社と自分自身について、内定を頂いてから返答するまでの間の時間でよく考えて調査しようということでした。

 

 

まずは会社についてです。入ってみないと分からない部分がほとんどかと思いますが、今はインターネットで色々な情報を入手する機会のある時代です。

 

もちろん2ちゃんねるのような掲示板もありますが、こういう時は2ちゃんねる系が意外と利用できます。

 

 

というのも、ブラック系の会社は評判を常に気にしてチェックしています。

 

なぜなら人員の出入りが激しいからで、新しく人が来てもすぐに抜けていく、その情報源を掴もうとしているからです。

 

 

マイナビ等の転職サイトの評判と合致した情報があれば、9割信用できるといっても過言ではありません。

 

 

さらに、ハローワークでずっと出ている求人というのも、怪しい会社だと疑うポイントです。先にも述べましたが、この会社の求人は半年以上残っていました。

 

 

次に自分自身についても、この会社に合うべきかを知ることです。これはブラック系でも言える事かと思います。

 

後悔先に立たずですが、ブラックだということに私は働くまで気付かなかったのです。

 

 

もちろん、雇用保険があるとはいえ、無収入の時期というのは焦ってしまいますが、さらに焦って妥協までしてしまうと、とんでもない会社に入ってしまうこともあるのです。

 

そういった会社に入るのは、申し訳ないですが自己責任になります。

 

 

入ってみないと分からないリスクがあると先にも書きましたが、それでも防げるだけ防ぎたいものだと思います。

 

そして時には時間をかけることも大切だ、と思います。

転職で妥協してはならない事

妥協してはならない

転職において、まず絶対に考えなければならない事は、自分が働きたい条件をはっきりさせることです。

 

そして、条件をはっきりさせる時にも大事な事があります。

 

 

以前の記事にも書きましたが、希望条件はトータルで考える必要があります。

 

詳しい事は、転職する際の希望条件の考え方について書いた記事をお読みいただくと分かりやすいと思います。

 

 

簡単に言うと、希望の給与がどれぐらいというのがあるのならば、それに対する労働する時間も考え、残業時間も考えるという事です。

 

転職する際に、給与面だけを見て、実質労働時間を考えておらず、後悔すると言う方が非常に多くなっています。

 

まずは、この希望の条件をトータルで考える事によって、転職活動を円滑に進められるようになります。

 

 

これが出来た上で、いよいよ転職活動で妥協してはならない事部分を考えるべきタイミングとなります。

 

給与面や労働時間などは、すべて自分の思い通りにはいきませんので、妥協していく必要があります。

 

 

例えば、給与面では希望通りだけれども、労働時間が長いのならば、そこを妥協するのか。

 

もしくは、給与面では希望通りならば、多少労働時間が増えるのを妥協するのか。

 

 

こういった妥協というものは、転職活動において不可欠になります。

 

不可欠になるからこそ、まず最初に自分の希望をトータルではっきりさせておく必要があるのです。

 

 

では、妥協してはいけない部分がどこかというと、転職活動における情報収集になります。

 

転職をする前に、情報収集をすることは、転職を成功させるのには必要不可欠な事になります。

 

 

この作業を怠ってしまうと、転職した後にブラックだと後悔したり、聞いていた条件と異なる労働条件を強いられたりなど、転職に失敗してしまう事になります。

 

体験談でも触れられていますが、より詳しい情報を集めるには、ネットで情報を集めるのも効果的です。

 

 

特に、転職サイトなどを利用する事は、より詳しい情報を集めるのに役立ってくれます。

 

転職活動を行う上で、転職サイトを利用する事によって、転職するべき職場を見極める事が出来たという意見は当サイトにも多く寄せられています。

 

 

より内部に詳しい情報を集めるという事は、転職後の職場環境を見極める為の、非常に大事な行動になります。

 

そしてその情報を集める為に最良なのは、転職エージェントを利用するです。

 

 

転職活動における情報収集は、意外と手間のかかるものですが、転職エージェントを利用する事によって、自分一人では調べきれないような情報も集める事が出来ます。

 

 

もちろん転職エージェントを利用するだけでなく、正しい使い方をしていく必要がありますが、そんなに難しい事ではありません。

 

詳しく知りたい方は、転職エージェントのメリットと正しい使い方について書いた記事をご覧ください。

 

 

ある程度使い方が分かっている方は、より良い転職エージェントを使っていくために、サイトの口コミなどもしっかりと目を通して、より力になってくれる転職エージェントを使っていくようにしてください。

 

 

転職エージェントを使う事は、転職活動に大きな力を与えてくれます。

 

転職を成功させる確率は、決して高くはありませんが、当サイトに寄せられている意見をまとめると、転職エージェントを正しく利用している人は、転職成功率も高くなっています。

 

 

他の何を妥協したとしても、転職エージェントを正しく使う事によって、転職の成功率は大きく変わってきますので、是非前向きに利用するようにしてください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!