結婚で転職すべきタイミング|女性視点に絞った完璧な転職方法を紹介

結婚を機に転職を考えている人は多いですが、その際どのようなタイミングで転職すべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

この結婚に伴う転職を行うタイミングは非常に重要で、あなたが置かれた状況によって、また今後目指すべき働き方によってタイミングも変わってきます。

 

 

結婚するという事自体が人生の一大イベントの為、その事ばかりに意識が集中してしまい、最適なタイミング、または最適な雇用形態を選択できないという人が多くなっています。

 

 

結婚後の生活に望むものだけでなく、家庭という人生をもっと長い目でしっかりと考え、それに合わせた最適な労働形態を選択する必要があります。

 

その上で最適なタイミングを選択して転職する事が、結婚に伴う転職を成功させるために必要な事になります。

 

 

そこで今回は、あなたの状況にあった雇用形態の考え方と選択方法、それに合わせた最適なタイミングについて詳しく紹介していきたいと思います。

 

今後の人生設計の考え方と、それに合わせた労働形態の選択方法、そしてそれぞれに最適なタイミングを実体験を交えながら詳しく紹介していきます。

 

 

最初に紹介する体験談では結婚に伴う転職において見失いがちな注意点や、タイミングを間違えた場合のデメリットについて注目して読んで頂ければ、より今回のテーマである最適なタイミングの正しい考え方が理解できるかと思います。

 

 

体験談の後には、結婚に伴う転職での正しい労働条件の選択方法やタイミングの考え方について、より詳しく紹介していきますので、是非最後までじっくりと読んでこれからの転職活動に役立てていけるようにしてください。

結婚・引っ越しに伴う転職での失敗談

転職活動を始めるまでの状況

引っ越し

私は短大を卒業してから勤めていた会社を、3月末で退職いたしました。

 

退職した理由は、結婚をする事となり、相手が自分とは住んでいる地域が他府県の方だったため、一緒に住む事で通勤することができなくなったからです。

 

 

この会社が長かったので、辞めたくない気持ちがあり、どうにかして通勤できないかと交渉もしましたが、やはり無理でした。

 

再就職する間は、今まで雇用保険を支払ってきたので失業給付もでるだろうし、それなりに退職金もあるのでなんとかなるだろうという気持ちがありました。

 

 

仕事を辞めてからゆっくりとこの土地がどんな土地なのか、自分もそれなりに分かってから探せばよいだろうという気持ちでいました。

 

それに今は就職氷河期でもないので、仕事を選ばなければそこそこの条件は常にあるのだろうと思っていました。

 

しかし、実際は知らない土地なので家に居てもやることがなく、こっちには知り合いもいなかったので暇をもてあそぶ毎日でした。

 

 

もともと家にずっと居るという性格ではないので、早く働きたいという気持ちが芽生えてしまいました。

 

ハローワークでも、早期就職者には再就職手当というものがでると教えていただき、失業給付は3か月待たないともらえないということで、今度は早く働きたいという気持ちの方が強くなっていました。

田舎での転職活動

田舎

ハローワークで仕事を探し始めましたが、全然望むような求人がありませんでした。

 

ハローワークの職員の方にも伺いましたが、私の業種の求人がこの時期は少ないということでした。

 

 

私の就職活動時期は5月だったのですが、5月は新人職員がすぐ合わなくて辞めたりする人がいるものだと思っていました。

 

五月病という言葉もあるので、5月に辞める人もいるだという安易な気持ちが、まだこの時にはありました。

 

 

しかし実際は、5月6月はやはり求人は少ないようです。

 

それなりの大手は、1月とか2月ごろに求人が出回るようです。

 

 

実際に3月に少し求人を見ていた事もありましたが、やはり2月3月の時にはそれなりに求人がありました。

 

しかし地方だったという事もあり、すぐに転職活動ができませんでした。

 

あと私の中で迷いがあり、なんとかして前の職場に通えないかな?という気持ちが残っていた為、すぐに行動には移せなかったのだと思います。

田舎での転職活動に生まれた焦り

転職活動の焦り

こういう状況になってしまうと、早く就職活動をしないといけないという焦りが、今度はどんどん増していきます。

 

毎日見たって仕方がないのに、ハローワークの求人やほかのサイトの求人を閲覧していました。

 

 

しかし、無い時は本当に無くて、数週間たっても更新がないということも多々ありました。

 

引っ越し先が県庁所在地や主要都市とかでもない田舎だった為、余計にそうだったのだと思います。

 

わたしの地元はそれなりに便利もよく求人もそこそこ常にあったと思います。求人数の格差はやはりあるんだと感じました。そして業種にもそれはあると思います。

希望していた条件と実際に転職した職場の差

夢と現実

本当は結婚しての再就職だったので、条件としてあげたい項目が3つありました。

 

・産休育休制度がある(福利厚生)

 

・退職金制度がある

 

・自宅から通いやすい(家事との両立ができる)

 

などありましたが、実際この条件に合うような仕事はありませんでした。それでも家にいても仕方がない為、今働いている職場で働くことにしました。

 

 

家からの通勤距離は本当に近くて自転車で5分くらいです。

 

しかし給料は激安で、福利厚生の面が整っていない、出産したら辞めないといけないという職場です。

 

 

なのでこの職場は私の通過点になるかと思っています。

 

就職した時期が本当に悪かったのだと、後になってすごく後悔をし反省しました。

 

 

本当に良い職場に転職したいと思うのならば、それなりに常に情報は取得しないとだめだなと感じました。

 

転居する地区の特徴を必ず掴んでおくようにしてください。

結婚・引っ越しに伴う転職失敗談の要点

この体験談では、結婚に伴う引っ越しが原因となって転職する形となっています。

 

このような状況での転職は、慣れない土地での転職活動という大きなデメリットを抱える事になってしまいます。

 

そういった不利な状況にも関わらず、体験者は何とかなるだろうと軽く考えてしまい、その結果転職活動が非常に難航してしまうという状況に陥っています。

求人数の地域格差

まず体験談から分かる、引っ越しに伴う転職で気を付けるべき最初の要点としては、求人の地域格差になります。

 

その地域の求人数の特徴や、時期的な求人の増減など、事前にしっかりと把握しておかなければ、体験談の様に転職活動がうまく進まなくなってしまいます。

 

 

ただでさえ慣れない土地というデメリットを抱えていますので、事前にこういった情報は仕入れておきたいポイントになります。

産前産後休業・育児休業を望んだ転職

結婚してからの転職活動になると、企業側からすれば出産の可能性が非常に気になる部分になってきます。

 

せっかく仕事を覚えても、産休・育休で長期離脱するというのは、企業側にとってはやはり大きな懸念材料になりますので、積極的な採用は行ってもらえない可能性も大きくなります。

 

 

しばらく出産の予定がなくて、それを企業側にしっかりと伝える事ができれば採用してもらえる可能性もありますが、やはり選択肢は狭くなってしまいます。

 

それが原因となって体験談の様に望んだ仕事に就けない状況という事も、充分起こり得る事になります。

結婚を機に残業を減らす目的で転職した失敗談

今回は続いてもう一つ体験談をご紹介したいと思います。

 

この体験談では結婚時の転職における労働条件の正しい考え方が学べますので、そういったポイントに注目して読んでみてください。

結婚生活に合わせた転職

結婚を機に転職

10年近く勤めた会社から、結婚を機に転職したときのお話です。

 

もともと結婚後も仕事は続けるつもりでしたが、当時は月50~60時間ほど残業が必要な会社で働いていたので、結婚後は家庭のことにより多く時間を割けるように転職することにしました。

 

 

結婚後は転職を繰り返してキャリアアップを図りたいわけではなく、安定して長く働いていきたかったので、正社員での転職を第一の条件として考えていました。

 

 

そうは言っても、独身の頃のように昼間会社の仕事だけして夜は帰って寝るだけ、という生活をするわけにもいかなくなったから転職することにしたわけなので、残業が月10~20時間程度で済む会社があれば、と思って転職活動をしていました。

 

 

希望年収を前職より100万近く下げて探したため、思っていたよりは順調に転職先が決まり、IT企業に「ヘルプデスク」として採用されました。

 

 

正社員としての採用ですが、勤務は客先常駐となり、業務内容は「社内システムに関する質問対応やアカウント管理」「メンバーの入退に伴うPC管理」「Excel、Word、PowerPointでの資料作成」でした。

 

 

もともと働いていた会社もIT企業で、私は管理部門で人事・労務を担当していました。

 

10年近く働いている間に3回の異動を経験しており、自社製品のテクニカルサポートを担当していた経験もあったので、ヘルプデスクとしての問い合わせ対応もやっていけるのではないかと考えて、入社を決めました。

転職後の仕事内容

転職後の仕事

入社後に常駐先が決まり、金融系システムのプロジェクトに配属されました。そこは自宅からちょうど1時間の場所でした。

 

通勤時間は倍かかるようになりましたが、9時~17時の勤務で残業がないので、前職よりは断然早く家に帰ることができました。

 

 

常駐先に関わらず土日祝日は完全に休み、夏季休暇はまとめて取れて、年末年始休暇もあり。私が配属された常駐先は穏やかな方が多い雰囲気で、人間関係も良好でした。

 

とても大きな会社でオシャレな食堂が3つもあり、お昼はいつもそちらを利用できるので便利でした。

 

自社のほうも、普段はそれぞれが常駐先で勤務していますが、基本的に月1回全員で集まる食事会で顔を合わせる機会があり、私より若い方が多い雰囲気でしたが、皆さん明るく素直な方が多い感じがしました。

 

 

私がそれまで働いていた会社は、同じIT企業ではありながらもかなり古風な会社でした。

 

強烈なトップダウンの体制の下で長く働いていたため、社風の違いがとても新鮮でした。

転職後の意外な悩み

転職後の悩み

でも、私はその会社を試用期間の3ヶ月で退職することにしました。

 

働く条件や環境としてはとてもよかったです。ただ、業務内容で悩むことになってしまいました。

 

 

「ヘルプデスク」としての採用だったため、質問対応が主な業務で、それに付随する業務として管理作業や資料作成等を担当するような内容でイメージしており、採用面接の際に確認したときも、イメージからは大きく外れていない内容だと認識していたのですが…。

 

 

実際の常駐先での業務内容は、「会議室の予約管理」「PC・プロジェクタ管理」「会議資料の印刷」「資料のファイリング」でした。8割が印刷とファイリングのお仕事でした。

 

私が常駐するようになった時期が、ちょうどプロジェクトの工程がひと段落ついた時期だったそうです。

 

 

自社の上司とも頻繁に常駐先の業務内容について相談していましたが、毎日1時間かけて通勤して印刷やファイリングだけやっているのでは、モチベーションが維持できなくなりました。

 

 

プロジェクトのタイミングや常駐先の違いによって状況が変わることは重々承知していましたが、自分の判断で仕事を進めて行くタイプの業務ではなかったので、暇に耐え切れず退職してしまいました。

 

 

長く働き続けるために、条件や環境はとても大切だと今でも思っていますが、根本的に吟味するべきは、やはり仕事の内容だということを痛感しました。

結婚生活に合わせた転職の要点

この体験談では、結婚生活に合わせた環境にするために、残業が少ない仕事に正社員として転職しています。

 

こういった状況での転職においては、体験談の様な失敗が非常に起こりやすくなります。

目的は安定して長く働くこと

このような転職の最大の目的は、結婚生活に合わせた環境で長く働き続ける事になります。

 

短期的に結婚生活に合わせたいのならば、時短勤務やパート勤務などでも可能です。

 

 

しかし正社員として長く働き続けるためには、残業がなくなるだけではなく、仕事のやりがいも重要になってきます。

 

「結婚生活が最優先だから仕事内容にはこだわらない」といった方も多いですが、体験者の様にそれでは続かない方もまた多くなっています。

 

 

結婚生活優先であっても、ある程度仕事のやりがいを持つ事は、長く働き続けるためには非常に重要になってきます。

結婚を機に女性が転職する場合の注意点

これ以降は、女性が結婚に伴い転職を行う際の注意点や成功させるための方法を、より詳しく紹介していきたいと思います。

 

この結婚に伴う状況での転職は、より綿密な計画と冷静な判断が必要になってきますので、重要ポイントをしっかりと理解しておくようにしてください。

女性が結婚に伴って転職する理由

まずは女性が結婚に伴って転職する場合の理由から整理しておきたいと思います。

 

人によって理由は様々だと思いますが、この転職理由によっても転職すべきタイミングや注意すべきことなど変わってくるため、非常に重要なポイントになってきます。

結婚に伴う転居が理由の転職

体験談の様に、恵まれた職場に残りたいという気持ちはあっても、転居に伴ってどうしても働き続けられないような状況はよくあることです。

 

知らない土地での転職活動は、より余裕を持った転職活動が重要になってきます。

残業などを減らして結婚生活を中心にしたい

結婚に伴う家事の負担や、育児に合わせて残業を減らしたいというのも結婚に伴う転職では、よくある理由になります。

 

今回紹介した体験談でも、残業を減らす事を目的とした転職を行っていますが、その事ばかりに執着しないようにすることが重要になってきます。

出産後の子育てを優先させる働き方をしたい

現在の会社では、子育てサポートの体制が十分でない、または産休・育休制度はあるものの、取得した実績がないなど、出産後の子育てを優先させたいというのも、この時期の転職でよくある理由になります。

 

子育て世代が多く働いている会社かどうかが、非常に大きな見極めポイントになってきます。

 

 

結婚に伴う転職の理由としては、これらのものが多くなっていますが、このような理由だけでなく、正社員として働くのか、またはキャリアダウンしてパートなどで働くのか?という事も重要なポイントになってきます。

正社員を目指す場合に重要なのは転職するタイミング

結婚に伴う転職において、今後も正社員という就業形態を目指すのならば、転職するタイミングが非常に重要になってきます。

 

タイミングひとつ間違えるだけで、体験談の様に転職活動自体がうまく進まなくなる可能性が大きくなります。

 

その原因として、出産・育児というものが大きく関わってきます。

結婚して転職する場合の企業側の懸念

結婚している女性の場合には、企業側からは出産が近いのではないかという懸念を持たれる様になります。

 

企業的には採用コストをかけて人材募集し、時間をかけて育てた人材が、すぐに産休育休で抜けてしまうというのは、やはり痛手になります。

 

 

少子化傾向にある現代において、子供が生まれるというのは喜ばしい事ですが、企業側の立場はまだまだこれを許容できる体制ではありません。

 

個人的には子供が生まれる事は喜ばしいと感じたとしても、やはり企業の体制からすると、今後の運営が難しくなる為、採用に積極的ではなくなるという現実があります。

 

 

こういった状況から、出産の可能性のある女性の採用を控える企業も、残念ながら存在します。

 

結婚後に転職するのでは、転職できるとしても選択肢が大幅に狭くなる為、結婚前に転職しておくことが望ましくなります。

産前産後休業・育児休業にも大きな影響

結婚後に転職するとなると、産前・産後休業、育児休業にも大きな影響を及ぼすようになります。

 

多くの企業では、 育休に関して労使協定で入社1年以上などの条件がある場合が多い為、転職後1年間は育休が取得できない場合が多くなります。

 

 

また、育休給付金も育休開始前2年で合計12か月以上の被保険者期間が必要などの条件があるため、これに関しても給付を受ける事は難しくなってきます。

 

産休や育休、育児給付金を確実に貰えるようにするためには、少なくとも結婚1年以上前から転職しておくことが理想になってきます。

 

 

こういったポイントを理解したうえで、転職すべきタイミングを冷静に見極める事が、結婚に伴う転職を成功させるために必要な事になります。

 

ここで、結婚する前と結婚した後の転職、それぞれのタイミングでのメリットやデメリットを整理しておきたいと思います。

結婚前・後それぞれのタイミングでのメリット・デメリット

結婚前に転職するか、結婚後に転職するのかには、それぞれメリットやデメリットが存在します。

 

一般的には、女性は出産の可能性があるため、結婚前の転職が最良とされていますが、求める就労形態によっては結婚後の転職でも問題ない場合もあります。

 

 

それぞれのメリットやデメリットをしっかりと理解した上で、あなたがどのようなタイミングで転職すべきなのか、冷静に判断するようにしてください。

結婚前の転職のメリット

・妊娠・出産などで戦線離脱する可能性が低く、選べる仕事の幅が広くなる

結婚前だと出産の可能性が低い為、企業側も積極的に採用を行ってくれます。そのため選べる仕事の幅も非常に広くなり、あなたの希望条件に沿った企業を見つけやすくなります。

 

・選択肢が広い為出産後のサポートが手厚い会社も選ぶことができる

選べる選択肢が広い為、出産後のサポートが充実した会社も選びやすくなります。結婚後の転職だと、どうしても福利厚生目当ての転職だと思われることも多くなる為、企業にやる気をアピールする事が難しくなりますが、結婚前だとそういった先入観が少ない為、平等に評価してもらう事ができます。

 

・少しでも若いほうが選択肢が広がる

年齢が若い方が覚えも良く行動力もありますので、企業側から積極的に採用してもらえる可能性が高くなります。

 

・出産までに信頼関係を築くことができ、産休・育休を取得しやすくなる

結婚までの期間、また出産するまでの期間に信頼関係を結べるという事も非常に大きなメリットです。

 

転職してすぐに出産となると、信頼関係もロクに結べていないため、産休が取得できたとしても復帰後にまた一から人間関係を構築していかなければなりません。

 

 

仕事で役に立っていないのに戦線離脱して、職場の人に迷惑を掛けたという自責も生まれるため、壁の様なものも生まれやすくなり、より馴染むまでに時間がかかってしまいます。

 

・結婚生活が始まると環境が変わるため、転職が同時期になるとストレスが大きくなる

新婚生活というものは幸せな事ばかりでなく、新生活というストレスも抱える事になります。

 

そんな時期と同時期に転職するとなると、ストレスは非常に大きくなり、仕事上でもどこかしらに綻びが生まれてしまう可能性が高くなります。

 

結婚前に転職しておくことで、仕事の環境にだけでも慣れておくということは、非常に大きな意味を持ってきます。

結婚前の転職のデメリット

・結婚後の生活リズム

結婚後の生活が思うような生活リズムでなければ、再度転職を考えなければならない状況もあり得ます。

 

家事の負担が思ったより大きかったり、仕事と両立させると思った以上の負担があったりと、結婚してからでないと分からないリズムもあるため、より慎重に条件を設定していく必要があります。

・結婚・出産のタイミング

結婚前に転職するという事は、ある程度長く働き続ける事を想定しての事だと思います。

 

これから結婚、出産という流れがあると思いますが、しっかり今の職場で信頼関係を結んでから結婚・出産へと進んで行かなければ、良好な信頼関係を結ぶことは難しくなってしまいます。

 

 

結婚・出産が早まってしまうと、転職したばかりでまだ信頼関係を結べていない人を結婚式に呼ぶのか迷ったり、仕事をまともに覚えてもいないのに出産によって戦線離脱することになったりと、大きなデメリットが生まれてしまいます。

 

 

早すぎる出産によって、育休後復帰できない人も多くなっていますので、しっかり信頼関係を結んでから結婚・出産と進んで行く事が望ましくなります。

結婚後の転職のメリット

・現実の結婚生活のリズムに合わせた求人を選ぶことができる

結婚してからの生活リズムが確立された状態での転職ですので、プライベートと家庭を両立できる条件がそろった仕事を選べるようになります。

 

金銭的に問題がなければ、無理をせずにパートなどの非正規雇用という形態を選ぶことも出来ます。

 

 

家庭を第一優先と考え、パートなどで働く事も視野に入れている方は、結婚後の転職の方がより生活リズムに合った働き方ができるようになります。

 

・既婚と分かって採用してもらえる企業は出産後も働きやすい

一般的に、既婚女性の場合には出産の可能性があるため、積極的に採用を行わない企業も多くなります。

 

そんな状況においても採用してくれる会社であれば、出産後のサポート体制も整っている働きやすい会社であることが多くなります。

 

 

もちろん基本的な労働条件をしっかりと吟味しなければ、単に転職しやすいブラック企業と言う場合もありますので、この点に関してはしっかり注意しておく必要があります。

 

・職場からも結婚生活を考慮してもらいやすい

男性、女性に限らず、独身に求められるものは、動きやすさと行動力になります。

 

そのため独身の場合には、急な仕事の指示などもされやすい状況といえますが、既婚という事が認識されている事によって、ある程度働き方を考慮してもらえるようになります。

 

 

出産後においても、子供の急な発熱など融通の利く働き方が出来るようになる為、大きなメリットになります。

 

・経済的な問題がなければ妊娠・出産後にゆっくりと落ち着いて転職活動が行える

経済的に余裕のある状況ならば、結婚という慌ただしい時期に転職するのではなく、出産後にゆっくりと仕事を探すことも出来ます。

 

結婚から出産、ある程度の子育てまでブランクが生まれますので、正社員に復帰しようと思うと多少難しくなりますが、パートなどであればスムーズに働くことができるようになります。

 

 

ただ、経済的に余裕がある状況であるという事が大前提となります。

 

周りのサポートの有無や、地域や年齢によっても選択肢は変わってきます。

関連記事:出産後の転職

妊娠・出産を機に子育てサポート体制の整った企業へ転職したいと考える人は多いのではないでしょうか? 正社員という労働形態のまま、子育てを中心に考えていけるように残業がない職場、また子供の急な発熱などでも早上がりさせて[…]

出産後の働き方

 

結婚後の転職のデメリット

・出産に対する懸念

結婚後の転職となると、企業側からはやはり出産の可能性を懸念されるようになってきます。

 

コストをかけた採用に、人材育成の手間を考えると、やはり企業の立場としては貴重な戦力を育てた直後、または途中で抜けられるというのは非常に痛手となってしまいます。

 

1つ目の体験談でも紹介したように、数年間出産を待つという決意があれば状況も変わってくるかもしれませんが、出産というものも大切な事ですので、やはり仕事に振り回される形はなるべく取りたくありません。

 

 

正社員として働き続けるのであれば、結婚前に転職して早めに信頼関係を結び、その後でスムーズに出産へと進める様にしておきたいところです。

 

・採用対象から外れる場合も多く、求人の選択肢が狭くなってしまう

出産に対する懸念から、既婚女性を敬遠する企業も多くなってしまうため、求人の選択肢が非常に狭くなってしまいます。

 

特に産前・産後休業や育児休業などを取得したいと考えている場合には、結婚後の転職では非常に敷居が高くなってしまいます。

 

 

目指すべき仕事像や取得したい制度など、転職に対して具体的な目標がある場合には、結婚前から転職しておくことが重要になってきます。

 

・仕事をある程度覚えてから出産を考える必要がある

結婚した後の転職でも、すぐに出産することを前提として雇ってくれる企業はほとんどありません。

 

せっかく採用してもらえたのに、働き始めてすぐに出産する事になってしまっては、信頼関係を損ない働きづらくなってしまう事もあります。

 

 

このような状況になると、迷惑を掛けてしまう自責の念を感じてしまう人も多く、育休を取得する事ができたとしても、復帰後に良好な人間関係を築くことが難しくなってきます。

 

しばらくは仕事に専念して、仕事上での信頼を得られてから出産の事を考える様にすることが望ましい状況となります。

 

・出産が先になってしまうと再転職が困難になる

結婚してからは妊娠するということが100%無いとは言い切れません。

 

結婚してから転職活動を始めると、転職先が決まるよりも先に妊娠してしまう事もあり得ます。

 

 

そうなってしまうと、退職から結婚、妊娠からある程度子育てをするまで、長い期間転職をする事ができません。

 

経済的にも大きなデメリットを抱えながらの生活になりますし、ブランク期間が転職の際にも大きな影響を及ぼし、思ったような仕事に就けない可能性も大きくなります。

結婚に伴う転職の注意点

次に紹介するのは、これまでに紹介したメリット・デメリット以外に注意しておくべきポイントになります。

 

体験談で語られている様な失敗ポイントなど、注意しておかなければ転職の失敗に繋がる重要ポイントですので、しっかり読んで把握しておくようにしてください。

結婚式の準備期間との兼ね合い

結婚式の準備期間は、夫婦での話し合いの場も多く、意見が合わずに喧嘩する事も多くなる為、ストレスが多くなり転職活動の質も落ちてしまいます。

 

転職活動の質が落ちた事で、元々思い描いていた理想の企業とはかけ離れた条件の企業に、とりあえず転職するという事態にもなりかねません。

 

 

結婚式の準備などは、半年前から本格化する為、それよりも1年ぐらいは余裕を持って転職しておくことが理想になります。

 

仕事に慣れるまでにも時間がかかりますので、そういった時間も結婚式の準備期間に重ならない様に余裕を持っておく事が重要です。

結婚に伴う転居がきっかけの転職での注意点

最初の体験談のように転居に伴う転職の場合、その土地によって求人数に大きな差があるなど、注意しておくべきポイントがあります。

 

知らない土地に転居する場合には、情報収集をなるべく早くから行い、少しでも求人が多い時期を見極めて転職活動を行わなければなりません。

 

 

また、住む場所が変わる事によって起こる精神面の変化についても注意が必要になります。

 

慣れない環境では、ただでさえ不安な気持ちが大きくなっていきます。

 

 

そのような状況では、新しい職場へ飛び込む勇気も減っていく為、余裕を持った転職が重要になってきます。

関連記事:結婚に伴う引っ越し・転職での重要ポイント

結婚を機に二人で住む住居に引っ越して、それに伴い転職をする方も多いと思いますが、あまり深く考えずなんとなく普通に転職できると考えてはいませんか?実は女性の結婚&引っ越しに伴う転職では、想像しているよりも大変な毎日が待っています。[…]

結婚時の仕事の転職に失敗した体験談

残業などを減らし結婚生活優先の働き方をする場合の注意点

2つめの体験談のように、安定して長く働ける職場を見つけたいと思う方も多いと思います。

 

しかし体験談の様に、そればかりに固執してしまうとそれ以外の点で転職を後悔する事になってしまいますので、長く働ける職場を見つけたいならば、やりがいなども絶対に忘れてはいけません。

 

転職するうえで最も大切な事はあなたに合った職場を選ぶ事ですので、結婚生活に合わせるだけでなく、より長く働く為に重視する条件をしっかり考えておくようにしてください。

出産後の子育てを優先した働き方を求める場合の注意点

結婚に伴う転職ということを、面接などで前面に押し出すと、採用に不利になる場合があるため注意が必要です。

 

そういったポイントを前面に出してしまうと、福利厚生だけを目的とした転職だと思われる可能性が高くなってしまいます。。

 

 

企業にとっても利益のある人物を採用する事が目的ですので、そういったポイントをしっかりとアピールしていく事が重要になります。

 

また、そういった転職理由を出してしまうと、出産で離脱する可能性を懸念されるようになるため、採用対象からも外される可能性があります。

 

出産後のサポート体制を魅力に応募した企業だとしても、あくまでキャリアアップなど仕事への意欲を積極的にアピールするようにしてください。

既婚女性の働きやすさを見極める必要性

単に求人票の情報や福利厚生の充実度で判断するのではなく、既婚女性の働いている割合などもしっかりと確認する事が重要になります。

 

産休・育休制度なども、その有無だけでなく、取得実績まで確認しなければ、制度はあるが取得実績は無い場合もあり得ます。

 

 

また、これまでに取得実績があっても、景気によって取得しづらい状況もありますので、冷静にこういったポイントまで見極める必要があります。

 

時短制度やリモートワークなど、子育てに合わせた働き方を実践している企業であれば、そういったサポート力は強いと判断する事も出来ます。

残業や出張の有無の確認

家庭を優先して働いていくためには、休日出勤や転勤の有無などをしっかりと確認する必要があります。

 

転職直後はそういった話がなくとも、長く働き続けることでそういった可能性がある場合もありますので、あなた自身が採用時にそういった対象であるかではなく、会社自体にそういった仕組みがあるかどうかをしっかり見極める様にすることが重要です。

キャリアダウンする際の注意点

子育てなどを優先するためにキャリアダウンする場合には、元のキャリアに戻ることは難しいという事を理解しておく必要があります。

 

子育てに集中したい時期だけキャリアダウンするという考えの人も多いですが、やはりブランクは馬鹿にならないため、如何にその穴を埋めるのかという事が重要になってきます。

 

 

キャリアダウンするパートなどの仕事でも、なるべくスキルが磨けるものや、能力が落ちない仕事を選んでいく事が重要になってきます。

 

また、子育てを重視する事はすごく重要な事ですが、パートなどを選択すると、生涯年収も大きく異なってくるため、今後必要なお金をしっかり計算して、冷静に判断するようにしなければなりません。

結婚に伴う転職を成功させるための確認ポイント

これまで紹介したように、結婚に伴う転職を成功させるためには、現状だけで判断するのではなく、将来設計をしっかりと立てて、今後どのような道を選択していくのかを、しっかりと判断することが重要になってきます。

 

結婚・出産後にどれぐらいのお金が必要で、そのために望ましい労働条件を明確にし、その上で計画を立てていかなければなりません。

 

決して育休制度など福利厚生面だけで判断するのではなく、仕事のやりがいや家庭の生涯年収についてもしっかり意識し、冷静に判断していく事が重要です。

正社員のまま転職する際の確認ポイント

・会社の規模や収入、やりがいにもこだわる場合

結婚後では企業が出産の可能性に敏感になる為、転職する側としては選択肢が狭まってしまうので、転職は結婚前にしておくということが重要なポイントになります。

 

また、今の会社で時短勤務、部署異動するなどして労働体制を改善できないかも確認しておく事も重要です。これが可能ならば、環境の変化を最小限にしつつ、子育て環境の整った部署へ異動する事が可能になります。

 

今の環境で産休や育休の前例がなければ、あなたが取得する事も簡単ではなくなりますので、この場合にも結婚前に転職しておいた方が良いでしょう。

 

・結婚に伴って転居する場合

結婚に伴って転居しなければならない状況では、支社や子会社へ転勤できないか確認する事も有用です。

 

あくまで今の会社が結婚後も働きやすい環境ならば、新しい会社へ転職するよりも、リスクを少なくすることができます。

 

そういった選択しが無い状況ならば、体験談の様にタイミングを逃してしまわない様に、なるべく早く情報収集を行っておくことが重要になってきます。

家庭を最優先しキャリアダウンする際の確認ポイント

パートなどで収入が減ってでも、家庭の事を最優先に考えたいという様な状況でも、世帯年収までしっかり考えて、将来も見据えてその収入でやっていけるかどうかを考えていく事が重要になってきます。

 

そこまでしっかり考えて、その上で生活が可能な状況ならば、専業主婦という選択もあります。さらに結婚生活に慣れてから、ゆっくり仕事を探すという事も可能になります。

 

 

妊娠・出産後から子育てまで落ち着いてからの活動でも充分可能になります。

 

雇用形態や給与・待遇にこだわらない、子育て第一の為体力的に無理のない範囲で働きたいという方は、あせらずゆっくり考えていく事が可能になります。

落ち着いたら戦線復帰したい場合の確認ポイント

一度キャリアダウンすると、再び同じような環境で働くのは非常に難しくなります。

 

一度パートなどでキャリアダウンするとしても、復帰後に武器になるようなスキルを磨けるパートを選ぶことが重要になってきます。

 

非正規雇用という形態を選ぶ場合でも、将来的なキャリアに結びつく、または感覚を忘れずに済むような仕事を選んでいくという事を意識するようにしてください。

結婚に伴う転職を成功させるために

これまで紹介してきたように、結婚に伴う転職を成功させるためには、結婚・出産後の生活にどんな働き方が理想なのか将来設計し、夫婦でしっかり話し合う事が重要になってきます。

 

家庭の10年後までをしっかり想像し、そこにたどり着く為に必要なプランを立てていくということが結婚に伴う転職を成功させるためには重要になってきます。

 

 

特に正社員という雇用形態のまま、家庭と両立させられる働き方を目指す場合には、家庭と労働条件のバランスをしっかりと考えていかなければ、転職を成功させることはできません。

 

より選択肢を広くして、よりあなたの適性に合った仕事を選び、その中でより子育てサポート体制の充実した企業を選んでいく事が重要になってきます。

 

 

その為には、自己分析をしっかりと行って、まずはあなたの適性をしっかり調べていく事が重要になります。

 

自己分析ツールなどを使うと、自分でも思ってなかったような分野で需要がある場合も多くありますので、まずはこういったツールを利用してしっかり自己分析するようにして下さい。

 

 

その上で、選択肢を広くしていくために、転職エージェントを利用していく事も重要になります。

 

転職エージェントを利用すれば、非公開求人もたくさんある為、ネットで求人を検索するよりも多い情報を手に入れる事ができるため、結果的に選択肢を広くすることが出来ます。

 

 

さらに結婚に伴う転職では、転職活動に費やすことが出来る時間も限られてくるため、転職エージェントで労力を減らせるというのも大きなメリットになります。

 

自己分析や希望する労働条件をしっかりと設定さえ出来れば、転職エージェントを利用する事で、非常に短い期間で転職を成功させることも可能になります。

 

 

結婚に伴う転職では、通常の転職よりも考えなければならない事が多くなるため、もはや転職エージェントの利用なしでは成功させることは非常に難しくなってしまいます。

 

ただひとつ注意点として、転職エージェントの見極めをしっかりと行わなければなりません。

 

 

転職エージェントにもいろんなタイプがいますので、中には自分の利益を最優先するようなエージェントも存在します。

 

ロクに希望条件も把握しないうちから、ブラック企業に転職させられる場合もある為、慎重にエージェントを見極めていく事は絶対に必要になってきます。

 

 

ただ、今回の結婚に伴う転職など、そのような見極めに時間を掛ける事が無いという状況も多くなります。

 

ですので今回の様な状況ならば、私がおススメしているdodaを利用してみてください。

 

 

このエージェントならば、全体的にエージェントの質が非常に高くなっていますので、見極めを行う必要がなく安心して相談する事ができます。

 

登録して一度面談をしてもらうだけで、その安心感を感じて頂けるかと思います。

 

 

時間が限られている中では、ただ迷っている時間というのが一番勿体ない時間になります。

 

今すぐに行動して、少しでも余裕のある行動がとれるようにしてください。

結婚を機に転職
最新情報をチェックしよう!