転職条件の優先順位を正しく設定する方法|迷いのない転職の実現

転職する際に条件設定の優先順位に迷って、転職を躊躇してはいないでしょうか?

 

実は転職における条件を正しく設定できている人は少なく、その結果転職に失敗してしまう人が非常に多くなっています。

 

 

転職という選択をしたのは、何かしら前職で解決したい悩みがあったからだと思います。

 

すると転職活動では、その悩みを中心に条件設定していく事になるかと思いますが、その際にそれ以外の条件設定がうまく出来ていない人が多いようです。

 

 

転職に失敗しないための正しい条件設定というものは、各条件の重要度やバランスを考えていく事が重要になってきます。

 

よく、悩みが大きい人、例えば異常な残業に悩まされて転職を決意した人などは、残業さえなければ!という意気込みで条件設定をしてしまいがちです。

 

 

もちろんそれでは残業以外の条件で転職を後悔する事になってしまいやすくなる為、すべての条件を考えるという事が非常に重要になってきます。

 

そこで今回は、転職における条件設定の優先順位の正しい考え方について詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

まずは正しい条件設定を行えなかったことで3度の転職を繰り返し、それでもなお悩みを抱え続けている体験談をご覧いただきます。

 

この体験談を読むことによって、正しい条件設定の重要性と考え方が理解していただきやすくなります。

 

 

最後に体験談をもとにして、転職条件の正しい優先順位の考え方と注意点をより分かりやすくまとめていきますので、まずは正しい優先順位の考え方に着目して体験談をお読みください。

転職条件の優先順位を設定せずに失敗した体験談

仕事を辞めたい女性

30代男性ですが、これまでの転職事情を紹介したいと思います。

 

今現在3社目の職場に、現在1年半ほど在籍しており、仕事内容や人間関係には、ある程度満足しています。

 

 

もちろん仕事なので、辛いことや納得いかないこと、不満などは多少は抱えています。

 

そして、転職する際に分かっていた事ではありますが、現在は金銭面で不満というか、辛い思いをしております。

 

 

やはり、仕事を変えることで給料が下がり、家族に迷惑をかけることがとても辛いです。

 

 

二児の父親として、子供たちにお金の事で迷惑をかけたくないし、我慢させる事も教育上大切ですが、ある程度欲しいものは買ってあげたいし、習い事も本人がやりたいと言えばやらしてあげたいと思っています。

 

 

転職をすることで私自身のストレスや疲労などはかなり軽減しましたが、子供が大きくなればなるほど、転職は慎重に考えるべきだと感じました。

将来性に不安を感じての転職

仕事を辞めたい理由

1社目は、大学卒業後〜30歳まで約8年働いていて、若かったということもありますが、30歳を迎え会社の将来性に不安を感じだし、転職をする形になりました。

 

 

会社自体は給料こそ低かったのですが、夫婦だけの生活には問題ない金額でしたし、会社も社員思いの会社で全国規模の会社ですが、アットホームな感じの会社でした。

 

 

自分の好きなことを仕事にしたので、仕事内容も大方満足をしていましたが、役職がつき責任をもつ立場になるとストレスを感じ、当時は会社に対する不満、部下に対する不満などが何重にもなり、マイナス方向の思考になり転職を考えるようになりました。

 

 

その後店舗数も減り、株価も下がり、大幅のリストラをしたそうで、吸収合併が懸念されている状態らしいです。

 

 

子供もいなかったのでフットワークは軽く、当時はとても前向きな転職として考えていました。

 

明るい未来が待っているぐらいに思っていたと思います。

将来性を考えて転職した会社での不満

忙しくて仕事を辞めたい

2社目は、約5年働いていました。こちらの会社ではとにかく精神的、肉体的に辛い思いをしました。

 

ただただ救いだったのが、人間関係が凄く良く、マイナス的思考ですが、会社の愚痴や不満を漏らしながら出来たのが救いでした。

 

 

仕事はまさに朝から晩までで、休みもきつい時期は月に3〜4回というのはザラという状況でした。

 

給料面は今の仕事よりは良かったものの、休日出勤や残業代などを給料に換算すると、もっと貰っていても良いのではないかと今でも思っています。

 

 

今でも付き合いのある同僚もいるし、この会社で培ったことが今の会社に生きていることもあるので無駄ではなかったと思っていますが、正直遅かれ早かれ転職をすることは決まっていたような会社でした。

 

1社目、2社目となかなか安定することができず、またハローワークにお世話になることになりました。

転職条件の設定ミスで感じる不満

2度仕事を辞めて思う事

資格を利用して3社目は割とあっさり決まってしまったのですが、上記したように今度は給料面で不安と苦労をしております。

 

 

3社経験をして今思うことは、安定した仕事は世の中にたくさんあると思いますが、公務員もたくさん苦労していると思いますし、一見安定していそうな大きな会社の社員も不安を感じているんだろうなと思いました。

 

 

安定した仕事に就くために転職を繰り返すのは大きな間違えで、自分が安定することが安定した会社の判断基準になるのかなと感じました。

 

 

昔ほどではありませんが、転職することが世の中的にはまだまだダメなイメージが強いですが、転職して良かったこともたくさんありますし、1社では経験できないことをたくさん経験することができたので、プラスに考えるようにしています。

 

 

転職する際に、年齢は採用する会社側からも重要な項目になると思います。

 

 

私は36歳の年に再転職をして現在に至っております。

 

もちろん年下の上司もいますし、長年働いているパートさんより仕事ができなかったりもします。

 

 

プライドを傷つけられることも男なので多々ありましたが、家族のためにはいらないプライドだと思っています。

 

今は割り切って今の仕事を安定させるように頑張りたいと思っています。

 

 

話は逸れてしまいましたが、これから転職を考えている方は本当にマイナスに考えても意味がないので、新しい仕事で野望を持って働くことが良いと思います。

転職条件の正しい設定方法と注意点

仕事を辞めたい時に考えるべき事

ここからは体験談で語られている内容をもとにして、正しい条件設定について紹介していきたいと思います。

 

正しい条件設定を行うためには、仕事上での不満についてしっかりと理解しておかなければなりません。

 

 

体験談でも言われている通り、どんな仕事であっても多少の不満は付いて回ります。

 

まずはそれぞれの不満の特徴を理解し、その上で正しい条件設定を行えるようにしてください。

人間関係の問題での不満

人間関係で仕事を辞めたい

社会人として働く以上、人間関係の問題と言うものは避けては通る事はできません

 

そしてこの問題で一番重要なことは、人によってその度合いが大きく変わってくるという事です。

 

 

職場の全ての人から問題だと言われている人がいたとしても、それを感じる度合いと言うものは、人によって様々になってきます。

 

それが辞めるほどの問題なのか、流せば済む問題なのかと言うのは、人によって感じ方が変わってきます。

 

 

しかし周りが流せているからと言って、あなたも流せるような問題かと言うと、決してそんな事はありません。

 

これまでの生き方や環境によって、その問題を重要な問題と捉えるかどうかと言うのは人によって大きく変わってきますので、周りが我慢しているからと言ってあなたも我慢する必要はありません。

 

 

ただ、上司との人間関係と言うものは、ちょっとした考えの転換だけで途端にうまくいくという事もあります。

 

仕事を辞める前に考えるべき事では、人間関係の見直し方についても触れていますが、こういった行動をしていく事も重要な事になります。

 

 

人間関係の問題と言うものは、精神面に一番関わってきますので、我慢するのは一番良くない問題になります。

 

パワハラなど、放っておけばうつなど精神的に病んでしまう状況もあり得ますので、辞め時を見誤らないように一番気を付けなければならない問題だと言えます。

給与面の不満

給与の低さから仕事を辞めたい

給与面の不満と言うものは生活に直結してきますので、これが原因となって仕事を辞める事を考えている人は多いと思います。

 

さらにここで重要な事は、体験談でも語られている通り、仕事量に見合った給与を考えていくという事です。

 

 

体験談で言う2社目の様に、給与が比較的満足いくものだとしても、労働時間が長すぎればそれに見合う満足度は得られません。

 

また逆に、仕事量や人間関係に満足しても、給与が低すぎても悩みを抱え続ける事になってしまいます。

 

 

自分の能力に見合う、そして労働時間に見合う給与を得られなければ、結局長く働き続ける事は出来ない為、仕事を辞めても結局再転職という問題に直面する事になってしまいます。

 

 

自分が今よりも給料を貰えるようなスキルがあるのか?または労働時間を増やして給料を増やせる状況なのか?をしっかりと考えてから仕事を辞める様にしてください。

 

仕事を続ける長く続けるための給与面の仕組みを読んで、転職における給与面の重要性をもう一度整理しておくようにしてください。

仕事内容の不満

仕事内容の不満

自分のやりたい仕事ではない、仕事に慣れてやりがいを感じないなど、仕事内容によっても仕事を辞めたい原因となり得ます。

 

この問題は、今後の社会人人生を見据えた場合には非常に重要な問題となりますが、辞め時を誤ってしまいやすい問題でもあります。

 

 

まず一番に考えなければならない事は、仕事を辞めて転職したからと言って、確実にやりたい仕事ができる訳では無いという事です。

 

やりたい仕事に転職する場合の注意点を読んで頂ければ、こういった転職で仕事のやりがいを求める場合の注意点が分かって頂けるかと思います。

 

 

今の仕事を辞めて、転職してからやりたい仕事をやって行くためには、それなりの努力を伴った転職活動が必要になります。

 

さらに転職する以上、転職後の人間関係などの問題は必ずついて回りますので、転職自体にもそれなりのリスクというものが生じてきます。

 

 

今すぐに仕事を辞める事を考えるよりも、今の職場のままで、自分がやりたい仕事に近づけていく事ができないかどうかを考えていく事も必要になってきます。

 

どの問題でも言えることですが、不満をそのまま仕事を辞めるという事に繫げるのではなく、今やれることや将来に繫げていく事を考えていく事は絶対に必要になってきます。

 

 

辞める事を優先させる状況では無く、冷静に判断すべき状況というのは、このやりがい以外にもいくつか存在しますので、早く辞めたいと考える時こそ冷静な判断が必要を読んでいたき、今すぐ辞めるべき状況か、冷静に判断すべきかの判断方法をしっかりと把握しておくようにしてください。

会社の方針が不満

会社の方針への不満

会社自体のやり方や経営方針、または上司の仕事の進め方がどうしても自分に合わずに仕事を辞めたいと感じる時も多いと思います。

 

この問題に関しても仕事内容と似たような注意点があり、まず転職したからと言ってこの問題が解決できる保証はありません。

 

 

社風という問題に関しては、大きく3つのタイプに分けられます。

 

客観的に見た場合に、社風がどうしても合わない人、合わないけれどやって行ける人、社風に合う人の3つです。

 

 

これはあくまで客観的に見た場合の話で、多くの人が実は自分では会社に合わない人だと感じています。

 

社会人になるまで早くても十数年生きてきた訳ですから、働き始めていきなり考えが合致する会社と言うのはなかなかありません。

 

 

体験談にもありますが、どんな会社で働いてもそれなりの不満と言うものは必ずついて回ります。

 

転職を後悔しない為の方法でも触れていますが、まずは職場のやり方に合わせてみるという事も重要になってきます。

 

 

人の会社や考えの違う上司のもとで働く限り、食い違いは必ず起きます。

 

まずは上司の言う通りのやり方をやってみて、その上で本当に自分にはできないかどうかを判断していかなければなりません。

 

 

そうしなければ、仕事を辞めて転職したとしても、必ず同じ問題に引っかかってしまいます。

 

やりがいはまた別の部分で見つける事ができますので、まずは社風に合せてやってみるという行動も大切にする様にしてください。

転職条件の優先順位と注意点

仕事を辞めたいと思う理由

このように、転職条件というものは、それぞれが単独ではなく密接に関係してくるものですし、考え方を少し変えるだけで回避できる問題と言うものも多く存在します。

 

体験談の様に給与が高くなっても労働時間が長すぎては満足できませんし、労働時間が減って人間関係に満足していても、給与が下がってはまた悩みを抱える事になってしまいます。

 

 

転職条件を正しく設定していくには、冒頭で述べた様にその重要度とバランスをしっかりと考えていく事が重要になってきます。

 

それぞれの条件の重要度を設定し、大事な条件についてはどれぐらいを望むのか?それ以外の条件については最低ラインを考えておく事が重要だと言えます。

 

まずは具体的な条件の重要度設定から詳しく紹介していきたいと思います。

希望条件の重要度設定

体験談で言われている通り、自分自身の考え方を安定させるという事は、転職において非常に重要になります。

 

すべての条件を見直して、重要度の低い条件についても最低ラインを設定しておく事で、仕事上での多少の不満というものを許容範囲と捉える事ができる様になります。

 

 

重要度の高い条件ばかり考えていては、いくら転職しても新たな不満が生まれ続ける事になってしまいます。

 

つまり、転職条件の優先順位というものは、すべての条件を一度重要度ごとに分類してみる事が重要になります。

 

 

10点満点でどれぐらい重要視するのかを、すべての条件に関してまずは行うようにすることが重要です。

 

具体的に転職時に考えるべきポイントを以下に紹介しておきます。

人間関係

先ほど紹介したように、職場の人間関係というものは、転職の満足度を大きく左右してきます。

 

給与や仕事内容、会社のやり方や労働時間がすべて望みどおりだったとしても、パワハラや職場いじめなど大きな問題があると、結局長く働くことは出来ず、転職は失敗に終わってしまいます。

 

 

どんな好条件をも覆すほど大きな問題になる可能性がありますので、人間関係の問題は常に重要視すべきポイントになります。

給与

給与は生活に直結してくる問題ですので、体験談の様に子供が生まれた後など環境の変化まで考慮して考えるべきポイントになります。

 

特に転職において給与というものは、実質労働時間に大きく関わってきます。

 

 

給与アップを目指して転職しても、労働時間が長すぎて体力が続かなければ、転職する意味はなくなってしまいます。

 

スキルに見合った給与、また賞与や昇給、各種手当までしっかり考えて設定しなければなりません。

労働時間

残業が多すぎて転職を考える事も少なくはありませんが、一般的に労働時間が減ってしまうと、給与も大幅に減ってしまいます。

 

残業に悩んでの転職だとしても、ただ残業が少ない企業を探すのではなく、今の環境や将来の生活を見通したうえで、残業を含めどれぐらい働くことが可能なのか?ということを考えていく事が重要になります。

 

 

例えば8時から17時までの8時間労働が通常だとして、プライベートの時間を考慮した上で1日2時間、19時ぐらいまでの残業ならば充分可能なのであれば、それに見合った企業を探していく事が重要になります。

 

1日2時間程度でも、1ヶ月で40時間と、給与に大きく影響してくるため、給与も大幅に変わってきます。

 

 

また、残業時間だけでなく、休日日数や有給取得率なども、プライベート時間の確保に大きく影響してくるため、そういった点も含めて労働時間を考える様にしてください。

勤務地

勤務地の設定も決して軽く考えてはいけません。

 

どうしても覆すことが出来ない状況で、しょうがなしに長時間通勤している方はしょうがないですが、転職の際の勤務地設定は必ず冷静に行うようにしてください。

 

 

例えば通勤に1時間以上かける人というのも少なくありませんが、1時間だとしても往復2時間の時間を取られてしまいます。

 

せっかく残業時間などを綿密に設定しても、通勤に往復2時間取られたのでは、さらにプライベートの時間の確保が難しくなってしまいます。

 

 

給与的に考えても、往復1時間の通勤時間の人と比べて、1時間残業ができるのと同じ時間を通勤で無駄にしてしまう事になります。

 

出来れば30分以内の通勤時間を目指して、その分プライベートの時間の確保を目指すなり、残業をするなりした方が、より満足度は高くなります。

具体的な仕事内容

これも不満の特徴の部分で紹介しましたが、頭の中で描いているやりがいにばかり縛られるのではなく、将来を見据えたスキルというものを意識していく事が重要になってきます。

 

ただその時その時のやりたい仕事を追い求めていても、将来的に満足仕事が出来る訳ではなく、かえって可能性としては低くなってしまいます。

 

 

目の前の仕事に不満をぶつけるだけでなく、その中にやりがいを見出すことはできないか?を考えることは大前提です。

 

その上で、自分のスキルを伸ばしてくれる仕事へと転職する事が重要になります。

 

 

年齢を重ねるほど、転職の成功にはスキルが重要視されてきますので、転職を繰り返すのは構いませんが、その職場でやりがいだけでなくスキルの向上が望めるのか?という事も考えていくようにしてください。

会社の方針

これも不満の特徴で紹介した、不満の感じ方というものが大前提となります。

 

つまり、会社や上司のやり方が気に食わないという事を、あなたがどれだけ不満なのか?という部分をまずはハッキリさせる必要があります。

 

 

不満を感じている状況で、不満度を冷静に判断する事は難しくなりますので、まずはそのやり方に従ってやってみるという事が重要です。

 

会社や上司に言われた通りの仕事の進め方を試してみて、その上で本当に転職するぐらい不満なのか?それとも不満を感じながらも続けられそうなのか?を分析するようにしてください。

 

 

その上でやはり転職するという選択をするのならば、あなたにとって社風というものは重要度の高い条件だと結論付ける事ができます。

福利厚生

福利厚生というものは、会社が労働者に対して設定している給与以外の報酬になります。

 

つまり、会社が労働者をどのように扱っているか?という指標になってくれます。

 

 

同時に働く側としての満足度に大きく関わってくるため、どのような福利厚生があるのか?という事は必ず確認しておかなければなりません。

 

福利厚生が充実している企業は、それなりのコストをかけて実施していますので、それだけ労働者の満足度に関心のある会社だという認識を持つ事ができます。

条件に重要度のポイントをつける

これまでに紹介した以下の労働条件に関して、それぞれ10点満点でも100点満点でもいいので、点数をつけてください。

 

後から修正していく方がどんどん制度は上がってきますので、まずは今の感覚ですべて点数をつけてみてください。

・給与

・労働時間

・勤務地

・具体的な仕事内容

・会社の方針

・福利厚生

※人間関係の問題に関しては、この部分に含めず最終的な判断に利用します。(具体的な話は後述します)

 

 

先ほど紹介したそれぞれの条件の注意点を考慮しながら、それぞれの条件に点数をつけられたでしょうか?

 

それを点数の高い順番に並び替えれば、それが今のあなたの労働条件の優先順位になります。

 

 

もちろん求人情報と照らし合わせながら、さらに精度を高めていく事が重要になります。

 

その前にまずは、具体的な希望条件を設定していく事が重要になってきます。

具体的な条件設定

先ほど点数をつけた条件で、一番の条件だけ希望する条件を設定し、それ以外の条件については、すべて最低ラインを設定するようにしてください。

 

優先順位をつけてしまうと、転職後に優先度を一番低く設定した条件で悩んでしまう事になりかねません。

 

 

給与で言うならば最低いくら欲しいのか?残業で言うならば月何時間程度なら働けるのか?など、一番の条件以外は最低ラインを設定しておくようにすることが転職後の悩みを小さくするために必要な、正しい条件設定になります。

 

最低ラインを設定しておけば、少なくとも何も考えずに転職後に後悔すると言った状況は避ける事ができる様になります。

求人と見合わせていく

この条件票をもとにして、実際に求人情報を検索してみてください。

 

たくさん出てくるようならば、一番の希望条件をより高く設定しても構いませんし、1番以外の条件で改善したい部分を少し高くして見ても構いません。

 

 

どちらにしても、求人との照らし合わせで、この希望条件表の精度を高めていく事が重要になります。

 

これを繰り返すことによって、あなたがより重要視したい部分が分かってくる可能性もありますので、より希望に沿った条件を考える事ができる様になります。

 

 

求人が少ない場合には、スキルに見合っていない高望みの給与を設定していないか?給与に見合わない労働時間を設定していないか?を見直してみてください。

 

妥協できない点が1つでなく2つあった場合にも求人が少なくなってしまいます。

 

一番こだわりを持っている妥協できない点はできれば1つに絞るようにしてください。

人間関係の問題

人間関係の問題は、先ほど紹介させて頂いた通り、どの条件をも覆してしまうほどの大きな問題となる場合が少なくありません。

 

そして人間関係の問題をすべての企業で調べようと思うと、非常に労力を伴ってしまうため、求人にヒットした企業すべてを考えていくというのは現実的ではありません。

 

 

そのため、希望条件の優先順位に沿った企業選定の最後に、企業の見極めとして活用する事をおススメします。

 

転職の成功を左右する非常に重要な問題ですので、必ず見極めを実践するようにしてください。

 

以下具体的な見極め方法について紹介していきます。

企業の人間関係の問題の見極め方

一般的に入社前に人間関係の問題を把握する事は難しいとされていますが、決してそんな事はありません。

 

やるべき事をしっかりやって行けば、そのリスクは必ず見つける事ができますので、事前に見極める姿勢というものを必ず意識しておくようにしてください。

職場見学

職場の人間関係のリスクを把握しておくためには、実際に職場の雰囲気を確かめておくという事は非常に重要です。

 

全体的に明るい雰囲気か、重苦しい雰囲気かを見る事も重要なポイントになりますし、実際に働いている人の表情や声の掛け合い、パワハラの可能性のある威圧的な人がいないかなど職場の雰囲気を見極めるためのヒントがたくさん得られます。

 

 

また、できれば職場見学だけでなく、実際に働いている人と会話する事でも大きな情報を得る事ができます。

 

特に実際にパートナーや教育担当の人とは実際に会話をさせて貰って、問題のある人では無いかを見極める事が重要になります。

口コミ情報

ネット上で公開されている企業の口コミ情報も、職場の人間関係を事前に見極めるためには大きな情報になってくれます。

 

大きな企業であれば掲示板などでも情報はたくさん集まり、大きな問題があればすぐに情報を得る事ができます。

 

 

しかしネット上の掲示板などでは、信憑性というものが不安視されるため、より確実な情報を得る為に無料会員登録が必要なサイトなどが大きな力になってくれます。

 

こういった無料会員登録で口コミを閲覧できるサイトでは、会員登録と口コミの投稿という手間はかかりますが、得られる情報は信憑性が高いだけでなく、給与水準や労働時間の満足度、また企業のホワイト度なども見る事ができます。

 

 

そのため企業の人間関係を見極める情報を得られるというのはもちろんですが、見るだけでも非常に面白く為になるサイトになっています。

 

いま現在転職を考えていて、10万件の企業口コミ。キャリコネなどの口コミサイトを利用していないという人は、今後利用していく事を強くお勧めします。

転職エージェントの利用

転職エージェントに対して偏見を持っている方も多いですが、人間関係のリスクを避けていくためには、必ず利用したいツールになります。

 

転職エージェントは、これまでの経験から企業の内部情報もかなり深い内容まで把握している事が多くなっています。

 

 

そして転職エージェント自身にも信頼性というものが重要になってくるため、人間関係に重きを置いている転職者に、リスクがある会社を紹介する事は出来ません。

 

転職してすぐに辞める事になってしまっては、転職エージェントの経歴にも傷がついてしまうため、希望をしっかり伝えられればリスクの低い会社をちゃんと探してくれます。

 

 

さらに今回の方法で希望条件の優先順位がきちんと設定できている場合には、転職エージェントにも求めているものが伝わりやすい為、より理想に近い企業を探すことができます。

 

というのも、転職エージェントには非公開求人が多く存在し、企業によってはエージェントが非公開求人を独占している事も珍しくありません。

 

 

転職エージェントを利用しなければ見る事が出来ない求人が多くありますので、これだけでもメリットは非常に大きくなります。

 

偏見からこういった可能性を逃してしまうのは非常に勿体ないですので、転職エージェントの利用も積極的に考えていくようにしてください。

まとめ

今回紹介したように、転職条件の優先順位の考え方は決して難しく考えるものではありません。

 

何か一つの条件に縛られるから難しくなるのであって、すべての条件を自分自身で見直していけば、転職に失敗してしまう可能性は大きく下げることができます。

 

 

希望する条件に見合う企業を見つけやすいというだけでなく、条件の見直しを繰り返すことで本当に自分が求めている条件というものもより深く理解できるようになります。

 

転職して後悔する人も少なくありませんが、そもそもその人が求める条件が何なのか?という事がまとめきれていない人が多い為、後悔も多くなっていると言えます。

 

 

こういった転職条件の優先順位をしっかりと設定していく事で、ミスマッチを減らすことができ、さらに企業の人間関係の問題を見極めていく事で、転職の成功率は大きく上がってきます。

 

 

転職条件に優先順位をつける事ばかりに囚われずに、職場の人間関係の問題だけは、最終判断に利用していくべきだという事も忘れない様にしてください。

 

この記事によって、転職条件の優先順位をしっかり設定し、あなたにとって理想の職場で働けるようになることを心の底から願っています。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!