知り合いの紹介で仕事を選ぶ危険性|辞めたい人が続出する原因とは?

転職のひとつの方法として、知り合いに仕事を紹介してもらうという形があります。

 

知り合いから仕事を紹介してもらうというのは、転職の成功率が上がる非常に良いイメージがあると思いますが、実は気をつけなければ転職に失敗してしまう注意点が存在します。

 

確かに転職を成し遂げるという点においては、これほど可能性というものを上げてくれるものは他にはありません。

 

しかし転職を成し遂げるという事と、転職を成功させるという事は別に考なければなりません。

 

どちらかと言えば、知り合いからの仕事紹介と言うものは、転職の成功率と言う点で言えば、逆に低くなる可能性が高くなる可能性があります。

 

それには様々な理由がありますが、一番大きな原因としては理想の転職を叶えようとする気持ちが低くなってしまう事にあります。

 

知り合いからの紹介となると、多くの人が安心して流れに身を任せてしまうことが多くなっています。

 

対して自分ひとりで転職活動を行っている時には、給料や労働条件、残業や人間関係など、転職後に後悔することがないように、無我夢中で情報収集をすると思います。

 

しかし知り合いの紹介という事で、これらの努力を怠ってしまう人が非常に多くなってしまうのです。

 

知り合いの紹介だからと言って、あなたの望むような働き方が出来るとは限りません。

 

相手側にとってみれば、なるべく良い事ばかりを伝えて働き手を確保したいと思っているはずですから、情報収集という努力は絶対に忘れてはいけません。

 

それ以外にもこういった状況においては、気を付けるべき事はたくさんあります。

 

そこで今回は、知り合いに仕事を紹介してもらう際のメリットやデメリット、注意点などをなるべく分かりやすく紹介していきたいと思います。

 

まずは知り合いからの誘いで転職して後悔する事になった失敗談をご覧いただきます。

知り合いからの誘いによる転職を後悔した体験談

知り合いのお店で働く

私は昨年転職を試みましたが、見事失敗に終わりました。

 

なぜ失敗に至ったのか。それは知り合いの方が経営する個人店(飲食店)へ転職してしまったからです。

 

今の時代に転職を考えてる人は、民間企業の転職支援サービスを利用する人がほとんどだと思います。

 

ですが私のように、知り合いのお店や知り合いの紹介で転職を考えている人も少なくはないと思います。

 

一見すると、知り合いなんだからいろいろ融通が利いていいんじゃないの?という意見があるかもしれません。

 

しかし、現実はそんな甘い世界ではなかったのです。

 

では、そんな知人のお店への転職の失敗の原因とは何だったのかをお話したいと思います。

知り合いのところで働くことになったきっかけ

オーナーの人間性

当初私は、転職先にお客として足を運んでいました。

 

独立して1年半ほどが経ち、ちょうど法人化の手続きを終えたばかりの小さな個人店です。

 

しかしある日、「今の仕事に満足しておらず、転職を考えている」という旨をオーナーに話したところ、「よかったらうちで一緒に働かないか?うちも人が欲しくて」という話をもらいました。

 

幸いにも料理は得意だったし、学生時代は飲食業でアルバイトを長年していたことから、少なからず自信があったのというは事実です。

 

また、何よりいつか独立して自分の店を持つという夢があったからこそ、より魅力的な話に感じたのだと思います。

 

しかしこれがすべての失敗の始まりとなってしまいました。

お客の時には見えなかった景色

裏の顔

気合十分で転職を終えいざ働きはじめると、さっそく問題が起こりました。

 

その問題とは、アルバイトの子たち(スタッフ)がすぐに辞めてしまうという事です。

 

そしてその子たちが揃って口にすることが、「オーナーの人間性が理解できない」ということだったのです。

 

では実際どういうことだったのかというと、何か問題があると全て他人のせいにする、感情的になるとすぐモノに当たるといった、私にとっても到底理解できないものばかりでした。

 

当然私も怒鳴られたり、理不尽なことばかり言われ続けました。

 

お客と従業員は違う。当たり前のことですが、自分の夢、想いが先行しすぎていて、こんな当然のことすら忘れていたのが事実です。

 

正直なところ、あのままお客として通い続けていた方が、何百倍も良かったと非常に後悔しています。

 

お客側からでは決して分からない、一緒に働いてみて初めて知ったオーナーの裏の顔、いや本当の姿だったのだと思います。

過酷な労働環境

過酷な労働環境

労働時間、これが一番つらいことでした。

 

いざ働き始めると、最初オーナーから伝えられていた勤務時間とあまりにかけ離れたものだったのです。

 

一日15~16時間、休憩はほとんどなし。

 

ろくにご飯も食べる時間もなく、人間とは思えない生活を送ることになってしまいました。

 

ある日これはよくないと思った私は、正直に「しんどい」ということを伝えると、「飲食業だから当たり前のこと。仕方がない」と一言で片付けられてしまい、相手にしてもらえませんでした。

 

また、休みも完全週休二日と伝えられていましたが、連勤が当たり前でした。(最高で20連勤ほど…)

 

給料も納得できるものではありませんでした。

 

時給に換算すると600円後半で、アルバイトの時給は1000円だったので、それより低い評価だったことになります。

 

完全に労働基準法に違反していました。

友人や知り合いの紹介で転職する時に気をつけたいポイント

後悔しているポイント

もし知り合いのお店や会社に転職を検討している方は、100%は無理だと思いますが、よくオーナーの人間性を理解したうえで転職することをお勧めします。

 

また労働環境についても、知り合いだから融通が利くなどと考えず、詳しく話を聞いた方が良いと思います。

 

目先のおいしい話に飛びつくのではく、広い視野をもって判断することが大事だと思います。

知り合いに仕事を紹介してもらうことのメリット

このように体験談でも、転職することが目標になってしまい、「理想の職場で働く」という一番大事な要素が抜け落ちてしまっています。

 

友人や知人からの紹介による転職を成功させるためには、まずそのメリットを正しく理解しておくことが必要になります。

職場の人からの紹介だと採用率が高い

友人や知人からの仕事の紹介での最大のメリットは、内定を得る確率が非常に高くなるということになります。

 

通常の転職ならば、地道に自分の長所を相手に伝えていく事で信頼を得ていく形になりますが、知人の紹介の場合には、こういったことが知人から伝わる為、面接時によっぽどのことが無い限りは、採用してもらいやすいという特徴があります。

友人や知人の紹介だと面接だけで採用の場合も

これも友人や知人からの紹介による大きなメリットになりますが、転職活動から内定までの時間を大幅に短縮する事ができます。

 

企業によっては、軽い面接だけで内定を出してくれる場合もあり、転職活動特有の労力をほとんど伴わずに転職する事ができます。

人間関係など内部情報を把握しやすい

具体的な仕事内容や、実際の職場の人間関係の問題などは、通常ならば実際に働き始めるまではっきりと把握する事は難しくなります。

 

転職先の人間関係を把握する方法で紹介しているような方法を実践すれば、事前に人間関係などを予測する事は出来ますが、それでも完璧に把握する事はできません。

 

しかし、友人や知人を通して転職する場合には、仕事内容はもちろんのこと、職場環境についてもある程度把握する事ができるため、人間関係に悩んで転職を考えている人などには特に大きなメリットとなります。

友人がいることで職場の雰囲気に馴染みやすい

転職した直後と言うのは緊張もあり、なかなか職場の雰囲気に馴染むというのは難しくなります。

 

しかし、知人の紹介ということで、その知人を巻き込んだ人間関係ができ上がっているため、職場の雰囲気に馴染みやすくなります。

友人や知り合いの紹介で転職することのデメリット

メリットだけでなく、デメリットをしっかりと把握しておくことが、友人や知人に仕事を紹介してもらって転職する場合の成功率を上げていく重要ポイントです。

 

両面を知って始めて冷静な判断が出来る様になりますので、デメリットこそしっかりと把握するようにしてください。

リファラル採用の報酬目当てだと情報の信ぴょう性が低い

紹介してくれる友人や知人の方は、あなたにとって最良の職場を提供しようと考えている訳ではありません。

そしてあなたにとっての理想の労働環境と言うものを深く考えてくれている訳でもありません。

 

そもそも知人の感覚とあなたが実際に感じる感覚自体にも差がありますので、相手の言うことをすべて鵜呑みにしていては、転職後の不安を取り除くことは出来ません。

 

さらに気を付けておきたいのが、リファラル採用の報酬が目的の場合です。

つまり友人や知人が紹介によって会社から報酬を貰える状況になります。

 

このような場合には、なんとか入社させて報酬をもらうことが目的になっている場合もあるため、情報の信ぴょう性は低くなります。

話が進みすぎて断る事が難しくなる

紹介による転職の場合には、話がトントン拍子に進みやすくなります。

 

途中で違和感を感じて転職を躊躇するようになっても、断りづらくなってしまうという状況はよくあります。

 

コネによる転職の注意点で紹介しているように、話が進みすぎるだけでなく、コネ特有のデメリットも生まれやすくなります。

知り合いが言っていた業務内容や職場環境が想像と違う

情報の信憑性と同じですが、あなたの考える理想の職場と、知人が考える理想の職場は、全く同じではありません。

 

友人や知人から聞いている話だけで転職を決意してしまうと、転職後に想像と違ったと後悔することになってしまいます。

 

やはり自分で行う情報収集も非常に重要になってきますので、後悔しない為の転職方法で紹介しているようなことは最低限調べておく必要があります。

知り合いが話を進めてくれるという気の緩みが生まれやすい

転職を成功させるためには、労働条件の確認や職場環境の情報収集など、理想にどれぐらい近いのかという部分をはっきりさせるために、やっておかなければならない事がたくさんあります。

 

しかし、友人や知人からの紹介となると、何もしなくても話は進んで行くため、つい気が緩んでしまい、調べるべき事を調べなかったりと、努力不足で転職後に後悔してしまう状況が多くなっています。

 

転職するからには、満足度の高い転職でなければ、結局は長続きしませんので、あなたなりの転職の軸を決めて転職先を見極めることも必要です。

 

あなたなりの転職における軸の考え方は、転職での決め手に詳しく書いてありますので、是非こちらもじっくりと読んでおいてください。

知り合いの会社で働くことのデメリット

紹介で転職することにデメリットがあるだけでなく、知り合いの会社で働くこと自体にも、以下のようなデメリットが存在します。

このデメリットを上回るメリットが確信できた場合には、紹介による転職も現実味を帯びてきます。

  1. 知り合いとの関係性
  2. 紹介入社という色眼鏡
  3. 辞めたいと言いづらくなる

すごく重要なポイントなので、ひとつずつ詳しく解説していきたいと思います。

友人・知人との関係性

紹介してくれる知人には、紹介者としてのプレッシャーもあります。

 

紹介するからには、あなたに良き労働力として働いてもらいたいという責任感がありますので、仕事上の考え方の違いなどで、その関係性が崩れてしまう事もよくあることになります。

 

また友人が上司という立場であったりすると、関係性はより難しいものになります。

紹介入社と言う色眼鏡で見られる

紹介入社の場合には、職場に馴染みやすいというメリットはありますが、その反面紹介で入った人と言う色眼鏡で見られるデメリットが生まれます。

 

特に上の人間からの紹介などでは、特別扱いされている偏見を持たれる傾向にあり、ひがみ嫉みを買ってしまう傾向にあります。

辞めたいと言いづらい

知り合いを通じて転職しているため、働き始めてから想像と違ったと感じても、なかなか簡単に辞める事は出来ません。

 

もちろん紹介してもらったチャンスを潰してしまうということについてもですが、紹介してくれた知り合いの今後に対する影響が一番大きくなります。

 

紹介してもらった仕事を辞めても、知り合いはもちろんその職場で働き続けるため、知り合いの評判を落とすことにも繋がりかねません。

 

紹介してもらって転職する場合には、簡単には辞められないという縛りを念頭に置いて、本当に自分が働き続けられる職場なのかをしっかりと情報収集していくことが重要だと言えます。

友人や知り合いの紹介による仕事を後悔する人が続出する理由

これまでの内容を踏まえて、紹介による転職時に、辞めたい人が続出する理由をまとめておきたいと思います。

知人や友人の紹介による転職の場合には、非常に多くの人がこれらの条件に当てはまっていると思いますので、こちらもしっかり読んでおくようにしてください。

  1. 労働環境の確認を怠りがち
  2. 給与などの労働条件を確認しづらい
  3. 転職するという行動が先走ってしまう

こちらも重要なので、ひとつずつ詳しく紹介していきます。

詳しい労働環境の確認を怠ってしまう

知人や友人の紹介による転職の場合には、紹介者の話を鵜呑みにするあまり、自分自身で労働環境を確認する手間を怠ってしまいがちです。

そもそも転職するからには、前職で何かしらの悩みや不満があったはずです。

その悩みや不満を解決するための転職であったはずなのに、紹介者の話を鵜呑みにして、転職後に後悔することになっては元も子もありません。

その職場の労働環境に問題がないかどうかぐらいは、自分自身でしっかり調べる様にしなければなりません。

給与などの労働条件を確認しづらい

知り合いの紹介で転職するデメリットでお話しした通り、この状況では時に話が進みすぎてしまう場合も少なくありません。

思った以上のスピードで話しがトントン拍子に進んでしまうと、給与など労働条件の確認をしづらくなってしまいます。

給与や労働時間などは、生活に直結してくる重要なポイントですので、これらを自分自身で確認せずに転職するのは絶対に止めてください。

紹介者が「任せておけ!」と言ったとしても、結局損をしてしまうのはあなたなので、事前にキチンと確認するようにしてください。

転職実現を最優先してしまう

これは転職活動全般でよくありがちなのですが、焦りなどから転職を実現することが先走ってしまうことがよくあります。

あくまで大事なのは、あなたの理想の職場を見つけるということであり、決して転職を実現させることではありません。

転職活動に苦労する⇒紹介によって転職できる可能性が大きくなる⇒安心して気が緩んでしまう、という流れになってしまいがちですので、あくまで理想の職場を見つけるという目標だけは忘れない様にしなければなりません。

知り合いに仕事を紹介してもらう際の3つの注意点

この問題のメリットとデメリットをしっかりと理解できた上で、次はこの状況における注意点を紹介していきたいと思います。

友人・知人だけに頼らない労働環境の確認

友人や知人からの紹介の場合には、安心という油断が原因となり、詳細な労働条件を確認せずに転職するという人が多くなっています。

 

事前に労働条件契約書を貰うなど、転職後に後悔しない為の確認はしておかなければなりません。

知り合いに任せきりにしない

友人や知人の紹介での転職の場合には、良くも悪くも話の進みが早くなります。

 

途中で迷ったりした場合にも、すでに内定が出てしまったり、断りづらい雰囲気になることも多くなります。

 

紹介者に全権を任せてしまうと、こういった状況になりやすい為、知人にも確実に転職するわけではない事を事前にしっかりと伝える事で逃げ道を作っておき、なるべく慎重に話を進めていく事が大切な事になります。

仕事を紹介してもらうという姿勢を捨てる

何度も言いますが、転職の一番の目的は、なるべく長く働き続けられるような理想の職場を手に入れることです。

 

対して紹介でのメリットは、転職を実現しやすいということだけで、決して理想の転職先が見つかるということはありません。

 

ですので、通常の転職活動と同じく、長く働き続けられる職場を求める場合のあなた自身の条件と言うものを事前にしっかりと整理しておき、紹介による転職の場合にも、これらを比較していく事が転職を成功させるために必要なこtになります。

 

転職を後悔しない為の具体的方法を読んで、それぞれの条件の正しい設定方法も復習しておくようにしてください。

友人や知り合いの紹介で転職することは正直おススメできない

このように、知り合いから仕事を紹介してもらえれば、転職が成功して安泰な人生が送れるという訳ではありません。

 

どんなに太いパイプだろうとも、あなた自身が働き続けられる理想の職場の条件はあなたにしか分かりません。

 

理想の転職を実現するためには、削れるだけ労力を削っていくということは重要な事ですが、削ってはいけないものまで削らないように注意してください。

 

転職を実現するだけならば、知り合いからの仕事の紹介と言うものは大きな意味を持ちますが、転職を成功させるという点で言えば、それほど大きなメリットはありません。

 

紹介してもらうとしても、自分の仕事ぶりをキチンと理解して、その上であなたに合った仕事を紹介してくれるような人物に紹介してもらいましょう。

 

ただの友人や知人の紹介では、本当にあなたのことを思っての紹介かどうかというのは、正直非常に難しくなります。

 

友人の紹介は太いパイプと言う点では大きな力ですが、決してその友人は転職のスペシャリストではありません。

 

知人と言う関係上、あなたの理想の仕事像さえも伝えることが難しい場合もありますので、そういった状況で転職するぐらいならば、転職エージェントを利用してしっかりと自分の理想を伝えていった方が、転職成功率は高くなってきます。

 

ここで一度、あなたが転職を成功させるためにやらなければならないことを、頭の中でリアルに想像してみてください。

ここがこの記事で一番重要な部分ですので、ここだけはぜひ注意深くご覧ください。

あなたは理想の転職先を見つける為に、会社の規模や給与形態、休日数や福利厚生などの情報をもとに、ネットやハローワークなどで様々な企業を見比べています。

しかしあなたの理想的な企業は、そう簡単に見つかるわけではありません。

それでも探し続け、やっと条件に合った企業が見つかります。

しかし今度は、その職場で長く働き続けられるのか、不安な気持ちが生まれてきます。

職場環境は?人間関係は?クセのある上司はいないか?そもそもブラック企業では?

条件面で満足できる企業を見つけても、転職してみれば結局長く働き続けられないような悪条件が隠れている企業だったということは、本当によくある話です。
じゃあその点についても、転職する前にしっかり調べておこう!

しかしネット上には参考になるような情報はない。

調べてみると、実際に夜中に企業の近くに行って、残業している人が多くないか調べている人がいた。

確かにそうすればブラックな残業をしている企業かどうか判断できるかもしれない。

 

じゃあ人間関係は?これも調べてみると、その企業の取引先の人に接触して情報収集したりして確認した人がいる。

確かにそうすれば、より内部の問題点を知ることができるかもしれない。

あなたはこういった行動を、今の忙しい現状、もしくは切羽詰った状況ですべてやりきることができるでしょうか?いや、ほとんどの人ができないと答えるはずです。でもやらなければ転職後に後悔する確率は高いままです。

ではどうすればいいのか?その答えこそが転職エージェントになります。

転職エージェントを利用すれば、あなたの条件に見合った企業を代わりに見つけてくれますし、企業の内部情報にも詳しいため、ブラックな環境や人間関係などの情報も詳しく把握しています。

 

つまりあなたがやるべきことは、本当にあなたが快適に働ける条件というものを、行き違いのないようにしっかりとエージェントに伝えるということだけになるのです。

エージェントとの面談不足で失敗する人も多いため、もう一度言っておきますが、あなたの希望条件を職場環境まで含めて、誤解のないようにしっかり面談でエージェントに伝えることが重要です。

 

エージェントを利用する場合でも、このように自分自身で最低限やっておくべきことはありますが、相手はプロですので、それに見合った転職先を紹介してもらえるようになります。

 

しかもあなたの労力は最小限で!

 

知らない人に相談するのに躊躇するという人もいるでしょうが、相手はその道のプロですので、任せておけば心配はいりません。

話はエージェントが進めてくれますので、あなたは伝えなければならないことだけを、しっかりメモして準備するだけです。

 

まだ転職に本気でない方は、すぐにエージェントに登録する必要はありませんが、今現在転職を考えているというのならば、転職エージェントには必ず登録してください。

どこに登録すればいいか分からないという人は、求人数がトップクラスで転職者満足度No.1のdoda、もしくは20代の人ならマイナビエージェントあたりに登録しておけば間違いないです。

 

ただの知人や友人の場合には、いくら熱意を持って接しても、その熱意や覚悟が転職後の環境に影響してくるわけではありませんので、より冷静な考え方が必要だと言えます。

 

 

結局は、転職を成功させるという意味においては、転職エージェントを利用してあなた自身が考えて出した答えをしっかりと伝えていくということが転職成功への最短距離になります。

 

エージェントとの面談が不安な方は、エージェントとの面談で信頼関係を築く方法についてしっかりと読んで理解しておくようにしてください。

 

転職の実現だけを追い求めて転職するのではなく、あくまで長く働き続けられる職場を見つけるための転職というものを心掛けて転職活動を行うようにしてください。

裏の顔
最新情報をチェックしよう!