仕事でミスして辞めたい|逃げたいぐらい苦しい状況を抜け出す行動術

仕事でミスをして「職場に居場所がない」「もうやだ逃げたい!」という気持ちが大きくなり、辞めたいと悩んではいないでしょうか?

何とか前向きになろうと思っても、ミスしたことが常に頭に思い浮かんでしまい、家に帰ると涙が出てきてしまうぐらいミスはつらいものですよね?

中には本気で「死んでお詫びしたい」ぐらいに考え込んでしまっている人もいるのではないでしょうか?

 

大事なことなので最初に一番大切な結論を申し上げておきます。

あなたが死ぬ必要なんてこれっぽっちもありません。

逆にあなたが生きて会社のためにできることがたくさんあります。

 

あなたはミスをしたからこそ、働き続けて本領を発揮することができます。

もちろん状況によっては辞める選択をした方が良い場合もありますが、ミスをなかったことにするためには今の会社で働き続けるしか道はありません。

 

では辞めた方がいい状況や辞めずに働き続けた方がいい状況は、どのように判断していくべきなのか?

また実際に落ち込み辞めたい気持ちが強くなっている今の状況を、どのようにして乗り越えていくべきなのか?

今回はこれらのポイントについて、体験談をもとにして解説していきたいと思います。

 

この記事を読むことで、あなたはきっと明日から前向きに働くことができるようになります。

そしてまたミスをしてしまったとしても、その後どのような行動や思考を心掛けるべきなのか?適切に判断し行動することができるようになります。

重要なポイントだけをなるべく簡潔に解説していきますので、ミスをして辞めたいと悩んでいる人はぜひしっかり目を通してください。

仕事でミスして辞めたいと苦しんだ状況から抜け出した体験談

それでは早速体験談から紹介していきたいと思います。

この体験談では、ミスをしたことで陥りやすい負の思考や、そこから抜け出すための考え方が非常に分かりやすくなっています。

また、ミスに囚われず前に進んで行くための具体的な行動に関しても、理解しやすい内容になっていますので、体験談もぜひしっかりご覧ください。

  • 居住地:福岡県在住
  • 年齢:27歳
  • ペンネーム:ももかさん

仕事でお客様を怒らせるミス

私はこれまで仕事で大きなミスをしたことが何回もあるのですが、忘れることができないミスはお客様への対応ミスでした。

当時アパレルの会社で働いており、小さなミスを毎日していてその度に怒られていました。

その中でも一番の大きなミスは、お客様の注文品を他店から取り寄せる予定だったのが、ご来店された時点で商品を取り寄せていなかったというミスをしてしまいました。

ミスをして自分の不甲斐なさを感じる

お客様は当然ものすごく怒られてその場で帰られたのですが、その時は恥ずかしさと自分の不甲斐なさと、その場にいたスタッフに対しての申し訳なさを感じてすごく落ち込みました。

また、周りからはなぜこのようなことになったのかを聞かれ、とりあえず落ち込む前にお客様に電話をして問題を解決するようにとだけ言われました。

そしてお客様には電話をしたものの、お客様からはもういいと言われ全く話を聞いてはもらえませんでした。

ミスをして辞めたいと感じるのはどんな状況か?

ミスをしたことを後悔するほど「辞めたい」という気持ちは大きくなっていきます。

そんな状況でも、どんな時が一番辞めたいという気持ちが大きくなったのか?

私の場合には以下の3つの状況が、辞めたいと強く思う状況でした。

自己嫌悪が強くなると辞めたい気持ちが大きくなる

こういうミスをしてしまって周りに申し訳ないし恥ずかしいし、何より仕事ができない自分が恥ずかしくなって、辞めたいと思うようになりました。

また周りからはミスの多さも指摘もされて、自分だけでなく周りの目からも仕事ができないと思われていることを考えると、さらに辞めたい気持ちは大きくなってしまいました。

仕事を任されなくなり存在意義を感じなくなる

その後も辞めたいと思う時はたくさんあったのですが、やはり仕事が任されなくなってきた時も、辞めたいという気持ちはでてきました。

仕事が任されないということは、自分が多分ミスをするだろうと思われているし、信用をされていないということの証拠です。

他の人にしか仕事は振られなくなり、自分の存在意義を見出すことができなくなって辞めたくなりました。

周りの評判も辞めたい気持ちを加速させる

また、同期からなぜそんなに仕事ができないのか?という話を周りに言いふらされて、上司からもあまり相手にされなくなってきた時にも辞めたいと強く感じました。

同期からも仕事ができないと思われるし、ミスは指摘をされるし、それがすべて上司の耳にも伝わっているということがすごく嫌でした。

また、根拠はなくとも周りが私の噂をしているのでは?と勝手に思ってしまってさらに辞めたくなりました。

立ち直って前に進もうと思ったきっかけ

しかしそんな中でも、ある上司だけは自分のことをあまり怒るということはしませんでした。

部下のミスは上司のミスでもあり、部下のミスを尻拭いするのが上司の役割ということを言ってもらいました。

わざとではないミスである限りしょうがないし、なぜミスが起きたか?今後同じミスをしないためにどうしたら良いのか?を把握すれば問題ないと言ってもらえて、私の考え方は変わりました。

仕事ぶりを評価してもらうことでミスを吹っ切れた

上司からそういう言葉をかけてもらい、仕事のミスを減らす意識を高めミスを減らしていくことで、その仕事ぶりを評価してもらったことでミスを完全に吹っ切ることができました。

評価してもらうまではまだ少しですがミスを引きずっており、ミスをしていたらどうしようという気持ちもありました。

しかし仕事ぶりを評価してもらうことで、自分のやっていることは合っているということが実感でき、堂々と仕事ができるようになりました。

辞めたい気持ちが大きくなるやってはいけない思考

ミスをした後は、考え方一つで気持ちの揺れ方が大きく変わってきます。

前へ進む意識も重要ですが、なかなかそう簡単に切り替えられるわけではありません。

大事なのは、辞めたい気持ちが大きくなる負の思考をなくすことだと思います。

ここでも私の経験から言える、やってはいけない思考を3つ紹介しておきたいと思います。

後悔して落ち込むとモチベーションは上がらない

まずこの経験から言えることは、ミスした時にはミスをしたことに対して落ち込むということはいけないと思いました。

ミスをしたこと自体はしょうがないことなので、ミスを大きくしないためにどうしていったら良いのかを考える必要性があるんだと感じました。

ミスに落ち込んでも解決しないということが、この経験ではっきりと分かりました。

また、ミスしたことを考えるとさらに落ち込み、仕事のモチベーションが下がってしまうというのも経験したので、ミスしたことを考えすぎて落ち込むのは絶対にいけないなと思いました。

嘘は絶対NG

また、ミスを大きくしないために嘘をつくこともいけないなと思いました。

ミスを大きくしないためや隠すために、ついつい嘘をついてしまいたくなりますが、バレた時にはすごく怒られます。

また嘘が大きくなってしまうことで、より大きな問題になった時に対処するのが大変になってくるので、どんな時でも正直に状況を伝えること意識したほうが良いと感じました。

嘘をついてしまっているという罪悪感も残りますし、嘘をついてしまったということで落ち込んでしまう可能性もあるので、こういった考えもいけないと思いました。

仕事ができないという思考では前に進めない

また、自分はなんて仕事ができないのか?という考え方も、さらに落ち込み仕事の能率が下がる原因となるので、いけないなと思いました。

いま現在仕事ができないのは事実なのだから、一度受け入れてそこから前に進む努力が必要だなと思いしらされました。

仕事ができないこと自体に悩みすぎると自分に自信がなくなってしまい、仕事に後ろ向きになってしまいます。

ミスした時は現実を離れた世界でリフレッシュ

ミスに囚われない様にするにはリフレッシュすることが大事なのですが、私のオススメはゲームです。

とりあえず趣味に打ち込むことが大事ということですが、中でもゲームは別次元の話で自分ではないキャラクターを操作するので現実を忘れる良いきっかけになります。

仕事をいつまでも考えすぎるのはさらに自分が落ち込んでしまう原因になるので、ゲームなど現実と離れた世界に没頭して忘れるのがオススメです。

ミスで辞めたい逃げたいと苦しまないために必要なこと

この経験から言えるのは、ミスは自分のしたことだと受け入れて、前に進むために今後どうしていくべきなのかを考えたほうが良いということです。

ミスは自分の成長のきっかけだと思って、しっかりミスと向き合っていくべきだと思います。

また、落ち込んだ時は悩みすぎるとさらに落ち込んでしまうので、仕事が終わったら適度にゲームなどで別次元のことを考えると少しは落ち着いてきます。

もちろん、ミスを簡単にやり過ごすのはよくありませんので、ミスと適度に向き合って適度に忘れることが大事だと思いました。

ミスで落ち込むメカニズムを理解し、落ち込みすぎないようにするメンタルコントロールが重要!

⇒ミスばかりで落ち込む時のメンタルコントロール

ミスして辞めるかどうかの判断

ここまで体験談をご覧いただいたことで、ミスした時の最善の行動術は理解していただけたかと思います。

しかし冒頭でも申し上げましたが、状況によっては辞めることを検討した方が良い場合もあります。

ここではミスしたあとに辞めた方がいい状況と、辞めずに働き続けた方がいい状況について解説していきたいと思います。

ミスしても辞めない方がいい状況

体験談の様に、誰か一人でも自分を気にかけてくれる人がいるかどうか?というのは非常に重要です。

これは体験談の様に優しい一言をくれるじょうしだけではなく、厳しいことを言う上司も含まれます。

もちろん頭ごなしに怒るだけの上司ではなく、あなたのために怒ってくれている上司がいるということを念頭に置いておくべきです。

優しい言葉にしても厳しい言葉にしても、自分のためを思って言ってくれているかどうかをしっかり判断するようにしましょう。

基本的にはよほど追い込まれない限りは、辞めずに会社に利益を取り戻す気概で取り組んだ方が、あなたの今後のモチベーション的にも良いと思います。

辞めてしまうと、どうしても過去を引きずりやすくなりますので、できるだけ辞めずに成長していくことを意識するようにしてください。

ミス後に辞めた方がいい状況

対してミスしたらやめた方がいい状況についてですが、まずただ感情をぶつけられて怒られるような上司ばかりの場合には、辞めることを検討した方がいいです。

また、完全に職場で孤立してしまう様な状況でも、辞めることを検討するようにしましょう。

重要なのはあなたが、ただストレスを溜める様な状況かどうかになります。

ストレスを受け続けることは、精神的に病んでしまう働けなくなる可能性もありますので、決して楽観視できない状況です。

相手が何を思って言ってくれているのかをしっかり考えて、そこに意味を見いだせない場合には辞めることを考えてもいいと思います。

仕事のミスで辞めたい状況で大事なことまとめ

このように、仕事でミスをしたからと言って、落ち込むことはもちろんのこと、「逃げたい」「辞めたい」と悩み続ける必要はありません。

考え方を変えて前向きになろうと思っても、職場がそういう雰囲気ではなくあなた自身のストレスが蓄積され続ける状況ならば、辞めることも考える様にしましょう。

そういった状況でなければ、ミスした分を取り戻す気持ちで前向きに働き続けるしか、呪縛から解放される道はありません。

ただやはりミスを減らしていく努力というものは必要になってきます。

どのようにしてミスを減らしていくのか?具体的な方法については、仕事でミスばかりする人の特徴や原因を読んでみてください。

ミスをする原因や、ミスを減らしていく方法について体験談をもとに分かりやすくまとめていますので、必ずあなたの役に立てるはずです。

ミスを減らして、気持ちを前向きに維持し続けることで、あなたの未来は大きく開けてくるはずです。

苦しむのは今日までにして、明日から前向きに精力的に進んで行くようにしてください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!