仕事のミスで落ち込む必要は無い!ミスから立ち直って前に進む方法

仕事でミスを起こしてしまい、周りの同僚や上司はもちろん、クライアントにまで迷惑をかけて落ち込んではいないでしょうか?

 

ミスを起こした事で落ち込むという事は当たり前の事ですが、落ち込むという事には生産性が無いという事は認識しておく必要があります。

 

 

ミスをして落ち込むという事は、ミスを犯してしまった自分自身への自責もあるかと思いますが、会社に迷惑を掛けてしまった後悔もあると思います。

 

自分自身への自責に関しては、ミスを踏まえて成長していくという事は絶対に必要ですが、では会社への迷惑という部分ではどうでしょうか?

 

 

ミスをしてしまったあなたの立場としては、会社に申し訳がない気持ちでいっぱいで落ち込んでいるのだと思います。

 

しかし会社にとっては、いち早くミスを乗り越えて、以前より質の高い作業で貢献してくれることが一番になります。

 

 

ミスをしてしまい会社へ迷惑を掛けてしまった自責の念と、会社が望む今後の働き方は、完全に相反するものです。

 

つまり、ミスを踏まえたうえで、あなたが今すぐにやるべき事というのは、落ち込み続ける事では無く、どうすれば今後より会社に貢献できるかを考えていく事になります。

 

 

こういった事を考えるだけでも、落ち込むことの生産性の無さ、そしてそこから抜け出すための材料にはなるかと思いますが、今回は更に深く掘り下げて、頭では理解できても、どうして落ち込んでしまうのか?どうすればミスから立ち直って会社に貢献できるのか?という事を詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

まずは実際に仕事で大きなミスを犯し、落ち込むだけでなく会社の利益を考えた行動を心掛けた体験談をご覧いただきます。

 

この体験談を読むことによって、ミスの捉え方次第で今後の仕事にどのような影響があるかという事が理解しやすくなります。

 

 

そういったポイントに注目しながら、ミスに落ち込むだけでなく、会社の利益を追求した考え方というものを読み解いていくようにしてください。

仕事でミスをし落ち込んだ体験談

私が働いていたのは、地元の求人広告を扱う広告代理店でした。

 

私が担当していたのは、その求人広告の原稿作成や営業さんが契約してきたクライアントとの電話でのやり取りです。

 

毎週締め切りがあり、その日はすごく忙しい日でした。

起こってはいけないミスで落ち込む

私はいつも通りに原稿を作成したり、相手のクライアントの方と原稿を確認しあったりして、掲載する内容を何度も修正したりしていました。

 

新しいクライアントができたり、急な価格変更、そしてお店の地図の作成などいろいろな作業を同時進行で対応していたため、心にも余裕がなく、最終チェックの時点では疲れ果てていました。

 

 

そして後日、その日に作った原稿が載った広告が出来上がりました。

 

しばらくすると、掲載していただいたクライアントからお電話があり、「電話番号が間違っている」とご指摘がありました。

 

 

社員数人で確認すると、やはり相手の方が校了した原稿とは違ったものが掲載されていたのです。

 

間違いなく担当していた私の責任でした。

 

 

求人広告で電話番号が間違っているということは、応募したい方が電話をしてもその会社にはつながらないという問題が出てきます。

 

そして、クライアントからしても、高いお金を払って掲載しているのに電話が来ないという問題になります。

 

 

これは、会社の信用問題につながるほどの大ミスでした。

 

お相手のクライアントの方は大激怒で、今後の契約についても破棄したいとおっしゃっていました。

 

 

営業さんがすぐにその担当者に連絡をしてくれて、なんとか場は収まりましたが、明らかに私のミスなので、すごく落ち込みました。

 

営業さんやクライアントに申し訳なさでいっぱいになりました。やはりお金をいただいている以上、きちんと責任は取らなければいけないと思いました。

ミスの重大性

今回のケースでは、お金をいただいて掲載をしていたので、掲載を無料にすることはもちろん、今後の掲載に関しても金額をサービスするという対処法で相手のクライアントには納得していただきました。

 

今となっては、それだけでは解決しないほどの問題だったと思います。

 

無料掲載は少なくとも3回程度、信頼が取り戻せるようになるまでは自分の会社が掲載料を負担するべきでしたし、ミスをしたのは営業事務の私の責任なので、相手のクライアントに菓子折りを持ってしっかりと謝りに行くべきだったのではないかと感じています。

 

 

顔を見ずに相手に謝るというのはとても失礼ですし、今後も付き合っていくクライアントになるので、これからの信頼を取り戻すためにも早めの対処が必要だったと思います。

 

 

そして、せっかく契約を取ってきてくれた営業さんにも同じくらい申し訳なかったことを伝えるべきだとも思いました。

 

忙しさのせいにして、自分自身のミスを認めきらなかった自分を悔やみます。

落ち込んでも解決しない問題

仕事でミスをすると、やはり自分に自信がなくなり、他の人や会社に迷惑がかかったことが印象に残ります。

 

それが原因で、仕事に意欲がなくなったり、仕事内容にも自信を持てなくなってしまうと思います。

 

 

しかし、そこで落ち込むのではなく、そこからさらに会社に貢献できるような気持ちを持つことが大切です。

 

自分の仕事がいかに会社にとって重要な位置なのかを実感できることだと思いますし、ミスをすることで迷惑をかけた分恩返しをする気持ちが持てると思います。

 

 

ここで頑張れば、自分の能力も通常よりさらにアップさせることができます。

 

さらには、迷惑をかけた営業さんとのコミュニケーションもさらに深くなっていくと思うので、これからのクライアントにはもっといい提案などができてくるかもしれません。

 

 

ミスをしなければこの気持ちは生まれてこないので、ミスをすることは決して悪いということだけではないということです。

 

むしろ将来にいい結果を出せるようには必要なことなのかもしれません。

ミスに対する姿勢

この体験談を読んでもらった事で、ミスに落ち込むことでは何の解決にもならないという事は理解して頂けたかと思います。

 

これ以降は、体験談で語られている内容をもとにして、ミスに対する正しい姿勢について詳しく紹介していきたいと思います。

仕事のミスで落ち込んでしまう原因

ミスに対して謝罪する事はもちろん重要な事ですが、いつまでも落ち込んでいる事には何の意味もありません。

 

落ち込むことに意味はないということが分かっていても、考え込むとどうしても落ち込んでしまいますので、考え方自体を変えていくことが重要になってきます。

 

 

そもそもミスに落ち込んでしまう心理状態とは、ミスに囚われてしまい、ミスした事ばかりを考えているから起こる事です。

 

なぜ確認しなかったのか?どうしてもっと慎重に進めなかったのか?ミスを起こした当時のことを後悔していては、どんどん落ち込んでいってしまいます。

 

 

大事なことは、ミスを犯した原因が追究できたら、それを今後どのようにして活かしていくか?ということになります。

 

ミスを反省し、それを踏まえて今後どのような仕事を心がけていくか?という事を考えていかなければ、いつまでも落ち込むだけで終わってしまいます。

自分を責めてもミスは消せない

ミスをしたことをいつまでも考えていても、絶対にミスを消し去る事は出来ません。

 

体験談でも言われている通り、ミスをしたことにいつまでも囚われ落ち込み、その結果仕事の意欲や自信が無くなったりすることが一番避けたい状況になります。

 

 

周りに迷惑を掛けて本当に申し訳ないという気持ちがあるのならば、それ以上の仕事をして恩返しするしか方法はありません。

 

ミスに囚われ落ち込んで自分を責めても、何一つ取り戻すことは出来ませんので、ミスして迷惑を掛けた分仕事で貢献して恩返ししていく事を考えていかなければなりません。

ミスした後の気持ちの切り替え方

体験談でも言われている通り、ミスを踏まえて今後どのようにスキルを積んで会社に貢献していくか?という事を考えていかなければなりません。

 

今後スキルアップして会社の利益に貢献するという前向きな考えをもつ事で、落ち込むという呪縛から逃れるきっかけになりますし、何より会社の利益にも繋がり迷惑を掛けた人への恩返しにもなります。

 

 

そうすることで体験者が言っている通り、迷惑をかけたクライアントにもより良い提案が出来る様になります。

 

何度も言いますが、仕事で貢献していくしか、会社の人にもクライアントにも挽回していく事は出来ません。

 

 

迷惑をかけたことを挽回するには会社に貢献するしかない!という考えを持つことで、気持ちが前向きになりミスから立ち直りやすくなります。

気持ちを切り替えてミスを乗り越える事のメリット

仕事でミスをしてしまった事は、デメリットばかりではありません。

 

これまで紹介したような考え方で、少しづつでも前に進むことが出来れば、メリットも得る事ができる様になります。

 

前向きな行動の先にあるメリットを理解する事で、落ち込むことなく前向きな姿勢になりやすくなりますので、こちらもしっかり把握しておくようにしてください。

仕事の重要性を再認識できる

まず体験談で言われている通り、自分の仕事の重要性を再認識できるようになります。

 

仕事を続けて何事も無く進んで行くと、いつか必ずその仕事の重要性を忘れてしまうようになります。

 

 

頭では理解できていても、自分ひとりの作業で大きな問題になるという実感が沸かなくなるため、意識の低下から体験談のように大きなミスへと繋がってしまうことも少なくありません。

 

 

こういった気持ちを引き締めるための機会というのは、ある意味ミスを起こすことでしか学ぶことはできません。

 

また、ミスをした事をきっかけに再認識できれば、同じ過ちを繰り返すという事もなくなるため、今後の仕事の質は格段に上がってきます。

仕事の質が上がる

仕事の重要性を再認識し仕事の質が上がるだけでなく、会社へ貢献する明確なビジョンが出来上がるため、これまでとは比べ物にならないほどの質の高い仕事が出来る様になります。

 

 

また、迷惑を掛けた人に恩返しをするという意識を持てていれば、体験談で言われている通りコミュニケーション量も上がり、会社としてより良い仕事が出来る様になるため、クライアントに対しても質の高い提案が出来る様になります。

 

 

意識を高く保って質の高い仕事を続けていけば、いつか迷惑を掛けたクライアントとも、過去のミスを笑って話せるような状況になれるはずです。

仕事に対する姿勢

社会で働く上で、いつの間にか情熱もなくなり、ただ目の前の仕事をこなしていくだけの人も少なくありません。

 

こういった姿勢が定年まで続く人だって珍しくはありません。

 

 

しかしミスを機に会社に貢献するという意識を持つ事ができれば、より高いレベルで仕事に没頭できるようになります。

 

ここまで仕事に没頭できる状況というのは、よっぽどやりがいのある仕事でなければ、通常は手に入れられるものではありません。

 

 

ミスをしてしまったという事実は重いですが、その分当たり前では手に入れる事ができない仕事への熱意を持つ事ができる様になります。

まとめ

今回紹介したように、仕事でミスをして落ち込むという状況は、本当に意味の無い時間であり、生産性の無いものになります。

 

冒頭でも言いましたが、ミスをして落ち込んでしまうのは仕方ありません。

 

 

しかし、ミスをしたことで迷惑を掛けてしまった分、今後自分に何ができるのか?という事を具体的に考え、実行していく事が一番会社のためでもあり、落ち込みから立ち直る一番の方法になります。

 

ミスをしたことを忘れさせるぐらいの働き方をして、数年後には会社に大きく貢献できるような人材になれば、会社にとってもあなた自身にとっても最高の未来になります。

 

 

決して落ち込んで退職したりする道を選ばず、あなた自身にとって本当に幸せな未来へと進んで行けるようにしてください。

仕事のミスで落ち込む女性
最新情報をチェックしよう!