安定した仕事に転職するために必要な4つのポイント

転職することによって、よりやりがいのある仕事や安定した仕事に就こうと考える人は多いと思います。

安定した仕事と言うと、公務員であったりより自分がやりがいを感じられる仕事であったり、現在非正規雇用という状態であれば正社員と人によって様々です。

 

 

そんな多くの人が望む安定した仕事ですが、こういった仕事を求めて転職を考える場合には、注意しなければならない事がいくつかあります。

転職というもの自体が決して簡単に成功できるものではありませんが、より安定した仕事を求めるという状況はさらに難しいものです。

しかし注意すべきポイントをすべて把握して転職活動を行えば、安定した仕事に就くことは決して不可能ではありません。

 

 

今回は、そういったより高みを目指して安定した仕事に就こうとする場合に注意するポイントを出来る限り分かりやすく紹介していきます。

実際の体験談をもとにした、より間違えてしまいやすいポイントばかりですので、じっくり読んで今後の転職活動へと役立ててください。

安定した仕事を目指す場合に注意するポイント

正社員を目指す場合に注意すべきポイント

正社員を目指す場合に注意すべきポイント

現在非正規雇用という形で働いている方は、将来的にもしくは今現在正社員という道を考える方が多いと思います。

確かに非正規雇用という形態には様々なデメリットが存在します。

そこから脱却して安定した仕事に就こうと考えるのは、決して悪い事ではありません。

 

 

ただこういった場合に、多くの人が間違った転職活動を行ってしまい、転職後に後悔するといった事態になっています。

その間違いとは、転職先に求める意識の違いです。

通常転職する会社選びというものは、様々な条件から絞っていくものです。

 

 

 

しかし、非正規雇用から正社員を目指す場合には、正社員になる!という意識が強すぎるため、それ以外の条件を疎かにしてしまいがちです。

まず最初に知っておいてほしい事は、割と簡単に正社員になれるような会社は、長く続けられる職場ではありません。

労働条件が厳しい会社というのは、入れ替わりが非常に激しい為、一か月単位で人が入れ替わったりします。

 

 

 

常に求人情報を調べて、どんな情報がどんな周期で載っているのかというのは、把握しておいた方が良いと思います。

その上で、正社員という事だけでなく、あなた自身が長く働き続けるために必要な条件は何か、という事をしっかりと整理しておくことが必要になります。

 

 

 

とりあえず何でもいいから正社員になるという事だけは止めておいた方が良いと思います。

正社員で働いていたという実績も、短期間ならば逆に悪印象になりますので、焦らずにじっくりと探していく事が大事になります。

 

 

 

以前紹介した正社員になって後悔した体験談では、正社員という夢を成し遂げたにもかかわらず、壮絶な仕事内容で結局再転職してしまうという、正社員を目指す場合に多くの人がやってしまいがちな話になっています。

非正規雇用から正社員を目指す場合に注意するポイントが非常に実感できる内容になっていますので、是非読んで頂きたいと思います。

やりがいを求めて転職する際に注意すべきポイント

やりがいを求める女性

仕事を長く続けるうえで、やりがいというものは非常に大切なものになります。

いくら職場環境が良くて、給料が良かったとしても、人はやはりある程度のやりがいを求める傾向にあります。

しかしこのやりがいを得るための転職というものは非常に難しいものです。

 

 

 

やりがいを求めて、自分のやりたい仕事がありそうな業種を選んで転職したとしても、あなたのやりたい仕事が出来る訳ではありません。

これ以上ないというぐらいの資格を持っていて、その資格が無ければ出来ないような仕事ならば別ですが、転職してやりたい仕事が出来る確率はそう高くはありません。

 

 

 

極端な話求人票にそういった仕事の内容が記載されていたとしても、全くそれとは違った仕事をさせられることも多くあります。

また、望んでいた仕事であっても、あなたのやる気を職場の仕事のクオリティが合致するわけでもありません。

 

 

 

やりがいを求める転職で注意すべき事について書いた記事では、まさにそういった望んだ仕事と、職場の熱量との温度差に悩んで再転職を余儀なくされる状況が書かれています。

通常の転職の様に、望んでいる条件が見つかったらゴールという訳ではないので、こういった転職はハードルが高くなります。

これを回避していくためには、転職前にその職場の詳しい仕事内容というものを調べていく必要があります。

 

 

 

また、やりたい仕事であっても、その満足度を上回るような忙しさや人手不足があったりすると、これもまたやりがいを感じられなくなってしまいます。

こういった状況だと、職場の人間関係も良くない傾向にありますので、悩みはさらに増えてしまいます。

 

 

 

こういった事は通常の転職活動においても考えなければならない事ですが、やりがいを求めるあまり、そこまで頭が回らないという人が多いようです。

やりがいのある仕事が見つかったからといって飛びつくのではなく、あくまで冷静な職場選びをすることが重要になります。

 

 

 

やりがいだけを求めた転職についての記事では、人手不足で会社のモラルも低く、さらには上司のパワハラなど最悪の会社へ転職してしまい、勢いに任せた転職を後悔する様子が書かれています。

 

 

 

この場合にも、常に求人が乗っているような会社だったという事で、やはり転職前の情報収集はとても大事な事になります。

やりがいを実現してくれる仕事内容なのか、やりがいに没頭できる職場環境なのかという事も選択肢に入れて転職活動を行うようにしてください。

転職でスキルアップを目指す場合に注意すべきポイント

転職でのスキルアップ

転職でスキルアップを目指す場合には、まずその狭き門を理解する事が大事になります。

転職でスキルアップを目指すという事は、まだそれを武器にはできていないという事です。

会社側からすれば、まだスキルを武器に出来ていない人よりも、武器として身に付けている人の方を採用したいのは当然の事です。

 

 

 

その状況でも雇ってくれる会社は、よほど人材の育成に長けている会社か、雇えば何とかなると考えているブラック企業かのどちらかになります。

要は、通常の転職よりも職場選びをより慎重に行わなければならないという事になります。

良い職場を選んでいくというのは、表面上では分からない部分まで疑ってかかる事が必要になりますので、非常に労力を使います。

 

 

 

しかしこれをやっていかなければ、狭き門をくぐる事はできませんので、必ずやって行かなければならない事になります。

やってみてから大変だと感じるのと、最初から険しい道だと覚悟して行う転職活動では、結果は大きく変わってきます。

一度転職に失敗してしまった人は、次の再転職ではより慎重に会社を選ぶようになります。

 

 

 

一度失敗した事で、狭き険しい道を歩んでいる覚悟ができ、より慎重に会社選びが出来る事になるという事です。

転職でスキルアップを目指した体験談では、ブラック企業に転職して後悔した後に、再転職で理想の職場に出会う事が出来ています。

 

 

 

このような覚悟をもっていれば、会社選びを失敗する確率は大きく下がってきます。

体験談のような壮絶な職場で働いたからこそ、次の転職ではより良い転職活動が出来たのだと思います。

 

 

 

体験談を読んで頂ければ、その失敗の大きさを肌で感じる事ができますので、あなたの転職活動もきっと大きく変わってくるはずです。

逆に言えば、そこまでの覚悟を持って狭き険しい転職活動を行う姿勢が出来れば、転職でスキルアップすることは可能になるという事です。

体験者の様に辛い状況にならないように、最初から意識を高く持って転職活動を行うようにしてください。

公務員への転職で注意すべきポイント

公務員への転職

公務員への転職を目指す場合にも、やりがいを求めている時のような注意すべき点があります。

公務員への転職を目指している場合には、それこそ安定を求めて転職するという人が大半だと思います。

極端な話、公務員になれればもう安泰だと考えている人が多いのではないでしょうか?

 

 

 

しかし公務員というものは、確かに安定という点ではずば抜けているのですが、誰もが働き続けられる職場かというと、決してそんな事はありません。

よくお役所仕事と言われるように、多くの人から仕事を熱心にやっていないイメージを持たれています。

その為、市役所などでは市民から厳しい態度を取られることも少なくありません。

 

 

 

公務員という仕事がすべてそうだという訳ではありませんが、多くの人は市民と関わる仕事をしているわけです。

そんな市民の先入観から、冷たい態度をとられたりすると、仕事のやりがいを見失ってしまいます。

冒頭でのやりがいについて書いた部分でも言いましたが、どんな仕事をする場合でもやりがいとはすごく大事な物です。

 

 

 

やりがいを見失ってしまっては、仕事を続ける気力を失ってしまいます。

その都度直接市民から報酬を貰う訳でもありませんので、ある意味究極のサービス業と言えるかもしれません。

公務員になって後悔した体験談では、その仕事の大変さが詳しく書かれていますので、こちらを読んで頂くと分かりやすいと思います。

 

 

 

先ほど言った通りお役所仕事と言われる事が多い為、勘違いしている人が非常に多いですが、公務員という仕事は非常に大変なものです。

安定した仕事というイメージだけで転職してしまうと、後に大きな後悔をしてしまう事になるかもしれません。

 

 

 

これまで紹介したように、安定した仕事に転職する場合に注意すべきポイントは以下の4つになります。

・正社員という目標でなく長く続けられる仕事を探す

・転職前に本当にやりがいがあるのか詳しく仕事内容を調べる

・スキルアップを目指して転職する際には狭き門という覚悟と持つ

・安定度ナンバーワンの公務員の仕事の大変さを知っておく

 

 

 

安定した仕事を求めている場合には、この4つは本当に多くの人が陥ってしまう大きなポイントになります。

あなたが本当に望む仕事内容、実際の現場での仕事内容をもう一度良く調べてから転職するようにしてください。

安定した仕事
最新情報をチェックしよう!