転職で会社選びに失敗してしまう5つのポイント

転職に失敗してしまう原因として、会社選びというものが大きく関わってきます。

どんなに理想の仕事内容だとしても、どんなに給料が良くても、それを上回る悪条件があれば長く働き続ける事はできません。

 

 

急な状況の変化や、新しい仕事への過度な期待などから、しっかりと情報収集せずに転職してしまう事が会社選びに失敗する原因になります。

どんな状況であっても、調べるべきことは必ず調べるという姿勢が大切になります。

 

今回の記事では、どんな状況の場合にどんな失敗をしやすいかというのを、詳しく紹介していきたいと思います。

 

多くの人がこの会社選びという部分で失敗していますので、是非じっくりと読んで今後の転職活動に役立ててください。

記事中に記載している失敗談のリンクは、クリック後に別ウィンドウにて開きますので、是非その都度確認して頂ければより注意すべきポイントがより分かりやすくなると思います。

転職での会社選びに失敗してしまうポイント

詳しい労働条件の確認

労働条件の確認

転職をする際には、人それぞれ様々な状況があります。

自分の目指す転職に向けてじっくりと準備を進めている方もいれば、様々な状況の変化によって急いで転職をする人まで様々です。

まずは、急いでいる状況で転職をする人の注意すべきポイントを考えていきます。

 

急いでいる転職でよくある状況としてまず最初に紹介したいのが、現在の職場に不満を持って転職を考えている状況になります。

不満を持っている状況だと、早く転職して今の状況から逃げ出したいという気持ちが大きくなり、ある意味失敗しやすい状況だと言えます。

 

 

もしそんな状況で、自分が望むような仕事の情報が入れば、すぐに転職したいと思うはずです。

労働条件の確認不足での失敗談の記事では、まさにそんな状況で転職をし、後悔する事になっています。

このような失敗で一番大きいのは、情報収集をしっかりしていればちゃんと避けられた転職であるという事です。

 

 

体験者からはこのような状況で失敗しない為の4つのポイントがあげられていますが、転職での会社選びでは必須と言えるものだと思います。

どんな状況においても、このようなポイントを順守する事で、会社選びでの失敗というものは避ける事が出来る様になります。

 

急いでいる状況での転職として次に考えられるのが、急な状況変化による転職になります。

現在あなたが働いている職場の経営状況が悪くなった、上司が変わった事によって職場環境が悪くなった、など急な状況変化によって転勤を考える事も多いと思います。

 

このような場合でも、焦りというものが生まれてしまい、転職を失敗してしまう可能性が大きくなってしまいます。

焦って転職して良い事はひとつもありません。転職にとって焦りは一番の敵となります。

 

 

急いで転職を決めた結果、働き始めてからブラック企業だという事が分かり後悔するということもよくある話です。

これらのような状況変化というものは、いつ誰に訪れてもおかしくない状況ですので、そういう状況におかれても冷静な判断をするようにしなければなりません。

実際の仕事内容の確認

仕事内容の確認

次に注意すべき事として、転職後の実際の仕事内容の確認があります。

求人票に載っている仕事内容や面接で説明してもらった仕事内容と、実際の仕事内容が異なり、転職後に後悔するするという状況は実はすごく多くなっています。

この状況で一番気を付けてほしいのは、資格を活かして転職する場合になります。

 

 

求人票に優遇される資格が記載されていたとしても、仕事内容がそれに沿ったものであるとは限りません。

もし資格を活かしてやりがいを求めて転職しようとするならば、しっかりと仕事内容まで確認する必要があります。

せっかく資格を活かせる仕事だと思っていたのに、働いてみると雑用ばかりという事も珍しくありませんので注意が必要です。

 

 

持っている資格によっても多少の違いはありますが、資格というものは会社によって扱いが様々になります。

その資格を持っていなければ出来ない仕事、資格を持っていた方がスムーズな仕事、やろうと思えば無資格者でも出来る仕事。

この枠組みというのは本当に会社によって違いがあり、ひどいところでは雑用が主な仕事になってしまう事もあります。

 

 

通常の仕事ならばそれも仕方ないかもしれませんが、転職によってやりがいを持とうという転職では、この部分はすごく重要な部分だと思います。

求人票の資格だけを見て転職し、想像とかけ離れた業務に悩むという人も人も多くなっているため注意しておく必要があります。

面接での違和感

面接での違和感

次に紹介するのは、面接で感じた違和感をあまり深く考えずに転職する事を決意して、後に後悔する事になるというケースになります。

この問題というのも非常に多くの人がはまってしまうケースで、ブラック企業の場合には、実は多くの人が面接の時点で違和感を感じています。

 

しかし、転職成功の大敵である焦りや、表面上だけで理想の会社だと判断してしまう勘違い、そんな悪い会社は無いという思い込みから、そういった違和感に関してあまり深く考えずに転職を決めてしまう人が多いようです。

 

これまでのポイントと共通して言える事ですが、会社の情報を調べずに転職してしまうというのは、大きなリスクを伴います。

 

 

面接では気になった事などを聞き返す勇気が無いという人がほとんどだと思います。

この事が大きな落とし穴となり、違和感は感じるものの、聞き返すことが出来ずに何かの間違いだろと、深く考えずに転職してしまいます。

 

 

面接での違和感を無視して転職した失敗談では、転職後に信じられないぐらいの就労条件で働くことになっています。

こういった事例は決して珍しい事ではなく、ブラックな企業ほどこういった巧妙な手口を使ってくるかもしれないという心構えが必要だと痛感させられます。

 

 

面接では聞き返してこないという人が多い為、ブラックな企業側もこれを逆手にとって、うまく言いくるめようとする態度を取る事は良くあることです。

就労条件の規定や働く側の権利が叫ばれている時代になっても、こういった事をやってくる企業はあるという事を知っておく事が非常に重要になります。

転職活動中にこれを知っておくかどうかだけで、面接での違和感をそのまま流してしまうのか、詳しく情報を調べようとするのかの道が分かれてきます。

 

 

どんな状況でも同じですが、相手側のペースに合わせて話を進めるのではなく、最低限必要な事はこっち側から質問をして違和感を解決していく事が必要になります。

質問するという事に関して遠慮する人もいると思いますが、優良企業ならば質問する事によって評価が下がるという事はありません。

質問する事によって煙たがられるのはブラックな性質を持っている企業だからです。

 

 

気になる事、違和感を感じる事に関しては、是非面接で質問して解決できるように心がけてください。

求人情報の嘘

求人情報の嘘

ここまで重要なポイントを読んできて頂いて、転職時にはどんな信じられない事があってもおかしくないという事は分かっていただけたと思います。

その上でも次に紹介する事は信じられないようなことだと思いますが、求人情報に記載されている嘘についてになります。

 

 

求人情報に関してもそうですが、働き始めてからも平気で嘘をつき続ける会社というのは存在します。

働く側としてはそんな嘘をつく意味が無いから、そんなはずは無いと思ってしまいますが、正にその部分を逆手に取って嘘をついてきます。

 

 

例えば求人票の嘘に騙されて後悔した失敗談の場合には、そこまで嘘をつくかという信じられないような状況になっていますが、実は現代でもこういった企業は多く存在しています。

 

業績が厳しくなればなるほど、離職者が多くなればなるほどこういった企業が増えてきますので、そういう企業があるんだという事を頭に叩き込んでいるという事が大切になります。

 

 

この失敗談においても、働き始めてしばらくするまでは会社の嘘に気付かないままになっています。

常識で考えれば考えるほど、そんな嘘を付くわけが無いという思考にはまってしまいますので、常に冷静に会社を判断するという事の大切さが身に染みて分かると思います。

 

 

そしてもちろん嘘を付くような会社ですから、労働条件や勤務状態も決して良いものではありません。

失敗談の中にあるように、求人票に従業員数の記載が無いなど、違和感を感じる部分は積極的に質問をして、相手の返答から嘘を見抜くことが重要になります。

 

 

違和感を感じた事をちゃんと質問して、会社を見極めるという姿勢で相手の返答を聞いておけば、嘘を見抜くという事も難しい事ではありません。

平然と答えたとしても、ではなぜ記載が無いのか深く追求する事で、必ず相手の嘘を見極める事が出来る様になります。

 

 

難しいと思うかもしれませんが、ここで一番重要なのは、そうして平気で嘘を付く会社が存在するという事を認識しておく事です。

転職というものは、社会経験者ですので、どうしてもそんな嘘を付くわけが無いという常識で考えてしまいます。

 

 

つまらない嘘で求人をしている会社があるんだと認識しておくだけで、大きくその道は変わってきます。

決してつまらない嘘に騙されないように、会社を見極めるという事は常に心がけていてください。

会社の人間関係

会社の人間関係

会社を選ぶ際には、人間関係の問題が無いかどうかも視野に入れておく必要があります。

人間関係というものは、仕事を続けられるかどうかという部分に直結してきます。

転職前から完璧に人間関係を把握するのは無理ですが、様々な方法で情報収集する事は可能になります。

 

 

以前紹介した転職先の人間関係に悩んだ失敗談では、面接後の職場見学で違和感を感じながらも、気にしない様にした結果会社になじめずに退職するという結果になっています。

こういったケースの場合にも、会社の人間関係を見極める前提で職場見学をしていれば、絶対にその違和感を見過ごすことは無かったはずです。

 

 

転職前から完璧に人間関係を把握するという事が大切なのではなく、ちょっとした違和感を見逃さない為に、人間関係を見極めるという姿勢が大事になってくるという事です。

この部分を楽観視して転職後に後悔する人は非常に多くなっています。

 

面接においても会社見学においても、会社に電話をかけた時にでも、おかしな点がないか、違和感を感じる部分がないかどうか、こういったものを見過ごさないような姿勢を心がけて転職活動を行ってください。

転職での会社選びを失敗しない為の5つのポイント

会社選びのポイント

ここまでの会社選びのポイントをまとめると以下の5つになります。

・詳しい労働条件をしっかり把握する

・自分が実際にやる仕事を確認しておく

・面接での違和感を見過ごさない

・求人情報に記載している事がすべて真実だと思わない

・会社の人間関係を見極める姿勢を持つ

これら5つは、実際に転職で失敗している人の多くが引っかかっている問題です。

 

 

この5つのポイントをしっかり把握しておく事で、転職での会社選びで失敗する可能性は大きく下げる事が出来ます。

このように、他人の失敗談を知るということは、今後の転職活動での成功確率を上げてくれることに繋がります。

 

 

暇がある限りこういった失敗談を読むことで、転職成功率はどんどん上がって行きますので、是非たくさん失敗談を読んで吸収するようにしてください。

当サイトでもたくさんの転職失敗談を紹介していますので、是非ご覧ください。

 

 

会社選びに失敗してしまうと、転職後の仕事自体長く続けられなくなりますので、今回紹介した5つのポイントをしっかりと把握して今後の転職活動に役立ててください。

会社選びに失敗
最新情報をチェックしよう!