内視鏡の看護師を辞めたい|転職した人の退職理由や辛い仕事内容の口コミ

内視鏡で働く看護師業務は

  • ストレスがなさそう
  • 仕事が楽そう

こういったイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし実際に内視鏡で働く看護師からは

  • 思っていたような楽な仕事ではなかった
  • 人間関係が辛かった
  • 面白味に欠けた

事前のイメージとは異なる現実に悩む人が多くなっています。

 

多少の不満を隠すように働き続けても

  • スキルが上達しない
  • 次の転職時に不利になる

キャリアの弊害となってしまう不安が、日に日に大きくなっていきます。

 

今回はそんな内視鏡で働く看護師業務について

  • 内視鏡看護師に必要な勉強やスキル
  • 内視鏡看護師が目指すべき認定資格

こういった基本的な情報はもちろんのこと、

  • 内視鏡看護師の業務はきついのか?
  • 内視鏡看護師は未経験でも働けるのか?
  • 内視鏡看護師の実際の給料は?

実際に内視鏡の看護師がどのように感じているのか?実際の口コミ体験談をもとに解説していきます。

 

この記事を読むだけで、内視鏡看護師に向いている人の特徴だけでなく、あなたに最適な職場の見つけ方まで理解できるようになります。

 

職場選びは、今後のあなたのキャリアを左右する非常に重要なことです。

転職に失敗する人の原因はどこにあるのか?

この記事でしっかり学んでいってください。

内視鏡看護師を辞めたいと悩んだ口コミ体験談

知り合いのクリニックに転職したことをキッカケに内視鏡看護師となりました。

そこでは少ないスタッフの中で職場や仕事への閉塞感に嫌気が差し、そして看護師仲間とのスキルレベルアップの違いに悩みました。

 

最終的には焦燥感が募り、思い切って転職することを決意しました。

今現在内視鏡で看護師として働きながら悩んでいる人にむけて、私の経験をお話したいと思います。

  • 居住地:愛知県在住
  • 年齢性別:50歳女性
  • ペンネーム:みょん
  • 看護師経験年数:28年

内視鏡の看護師として働くことになったきっかけ

知り合いのクリニックが人手不足とのことで、私の退職タイミングもちょうど重なり、クリニックに転職することになりました。

 

内視鏡検査は患者にとって辛い検査であるため、少しでも不安の軽減に務められたらという思いを持っていました。

スムーズな検査の進行を行い、医師のお役に立てればという志も持っていました。

内視鏡看護師の実際の仕事内容や役割

基本的に内視鏡看護師の役割は、患者への説明と状態把握、医師の補佐になります。

 

検査予約時には、内視鏡による治療や検査の大まかな説明や注意事項、当日の説明を行います。

実際に患者様がみえたら、当日の流れを大まかに説明し、アレルギーや最終飲食、体調について聴取し、バイタル測定を行います。

 

その後喉の奥に、麻酔スプレーを噴霧し、咽頭部に麻酔のゼリーを含んでもらいます。

10分程経過後、アタラックスPを筋肉注射し、5分後に検査室へ誘導します。

 

その後検査中の流れと注意事項を説明し、検査が始まったら医師の補佐に回ります。

検査後にもバイタル測定し、気分不快がないか確認して注意事項を説明して終了となります。

内視鏡看護師の人間関係

内視鏡検査室の看護師は、曜日別に一人の配置が多いのではないかと思います。

そのため内視鏡での人間関係は、基本的には医師との人間関係に絞られてきます。

 

大きな病院ですとMEなどが配置されているところもあるかもしれません。

この場合には、少人数で決まった人員のため、問題のある同僚がいると人間関係が難しくなります。

 

ただ検査中は、基本医師と看護師で行うことが多いため、医師とウマが合わないと相当なストレスを感じることになります。

内視鏡看護師の手取りの給料や年収

夜勤手当や残業手当はなく、基本的にないと考えたほうが良いです。

予約主体で行っているところが多いので、よっぽどの緊急が無ければ残業はありませんし、夜勤もありません。

 

病院で夜勤も働いている同期と比べても、大きな差が出ると思います。

ただ、体力的に夜勤は厳しいなど事情がある人には向いている職場です。

内視鏡室は新人看護師でも働けるのか?

新人看護師でも内視鏡検査室で働く分には全く問題ないと思います。

 

ただ、介助される人の立場に立ったとき、あまり若い人だと緊張するかもしれません。

内視鏡による治療や検査を受ける側としては、中年の女性(母親的な人)の方が安心感が大きくなります。

 

さらに重要なのが、スキル上達をある程度諦めなければならないことです。

そう考えると、パートさんやスキルアップなどは望んでいない人、収入源として看護師をしている人の方が、新人より向いているかも知れません。

内視鏡看護師の仕事で大変なことや辛いこと

内視鏡で働く看護師の仕事が大変だと感じることは、いかに内視鏡検査をスムーズに進められるかという責任です。

 

内視鏡は大変ですので、患者様が検査中に強い拒否を示し、手が出てしまったりすることがあります。

また、故意ではない部分でも、嘔吐反射が強く思うように検査が進まないこともあります。

 

そういった事態になると医師の機嫌も悪くなり、患者様が泣いてしまったり、不機嫌になったり、(医師からも患者様からも)八つ当たりされることもしばしばありました。

 

また、食物残渣が残っていて検査中止になり、お互い不機嫌になったりすることも大変でした。

患者様の心構えを整えることと、医師の仕事がスムーズに進むように気配りすることが内視鏡で働く看護師の役割です。

内視鏡看護師の仕事は激務できついのか?

内視鏡看護師の仕事は、同じ場所に立ちっぱなしであることは辛いです。

ただ事前に20分とか割り切っていれば、平気だと思います。

 

内視鏡検査室勤務は、基本的には予約制で動いていますので、比較的安定した業務内容です。

ただ検査室の配置が一人の場合は、検査前の準備から検査中の補助、片付け、検査後の説明など、全て一人で行わなければならないので激務になります。

内視鏡看護師として働くメリットやデメリット

検査をして病気が見つかることや、内視鏡による治療がどのような手技なのかは、近くで手に取るように把握でき理解できます。

 

経験としてはあっても損はないと思います。

ただ、長く勤めていては看護観も育たず、スキルも身に付きません。

 

上達を目指している看護師としてのメリットはないように思います。

短期間で十分、吸収できるぐらいの仕事内容です。

やりがいを感じずすぐ辞める人の特徴や退職理由

私はあまり長続きしませんでしたが、パートの友人は、かれこれ10年程働いています。

 

配属されたときは文句を言っていましたが、彼女の性に合っていたのだと思います。

 

あまり感情移入をせず、淡々と医師の指示に従うことができ、人の気分などに振り回されない人が合うのかなと思います。

逆に内視鏡で働く看護師で辞めたいと感じる人に多いのが、こうしてあげたいとか余計な気持ちを持つ人だと思います。

内視鏡看護師が向いている人や向いてない人の特徴

内視鏡の看護師は、スキルアップをしたい看護師には向いていません。

見学や体験くらいで良いと思います。

 

深く考えず、

  • 単純作業が向いている
  • 指示受けが上手
  • 既婚者や子持ちやパート
  • やりがいを求めず収入源として看護師をしたい

そういった方向けだと思います。

 

もしくは体力的な自信がない、沢山の人とのコミュニケーションが苦手など、目的がある人が内視鏡看護師に向いています。

内視鏡看護師から転職する際の判断基準

スキルアップを目指している看護師には、絶対向きません。

また継続した看護を行いたい人も、内視鏡で働く看護師で辞めたいと感じる人が多いです。

 

その場その場での、サービストークや笑顔ができない人にも向かない職場です。

利用者からの口コミで情報が広がるため、評判に直結すると考えなければいけません。

 

医師の横柄な態度は許されても、看護師の態度は絶対に許されません。

こういった部分に疑問を感じる人は、早めに転職すべきです。

内視鏡看護師を辞めることになった理由

自分の友人で病棟勤務している人の話を聞くと、

  • 自分にスキルがない
  • 乗り遅れている
  • 置いていかれる

そういった焦りを感じるようになりました。

 

同じ場所に立ちっぱなしというのも、思いの外体力的に辛かったです。

かかとは乾燥し、脚はむくむ日々でした。

 

でもやっぱり思い返してみると、医師からの圧力や患者様の態度が、精神的に一番辛かったと思います。

内視鏡の看護師を辞めたあとの心境

辞めた直後は、正直スッキリ空が晴れ渡るような気持ちになりました。

でも時間の経過と共に、もっと優しい気持ちで温かい気持ちで看ることはできなかったのかと、反省することもありました。

 

患者様に悪意はなく、もっと支えてあげていれば怒るようなこともなかったのでは‥。

事前の説明が足りなかったから、上手く進行しなかったのかもしれないなどとも考えました。

内視鏡看護師を辞めて後悔しないために

このように内視鏡の看護師は下記のポイントによって長く働けるのかが決まってきます。

  • 医者の圧力と患者への気遣いができる器用さ
  • 毎日同じことの繰り返し
  • スキルアップが望めない

これらを許容できる人で、かつ時間外労働の少ない労働条件を望む人ならば最適な職場と言えそうです。

内視鏡看護師以外の働き方についても把握しておく

内視鏡で働く看護師は、急性期以外の働き方を選びたい人が多いと思います。

急性期以外の看護師の仕事は非常に多岐にわたり、それぞれに向き不向きがあります。

 

当サイトでは急性期以外の働き方について、様々な口コミ体験談を紹介しています。

気になる職場があれば、必ず口コミ体験談で詳細を確認しておくようにしてください。

 

※青文字のリンクをクリックすると、それぞれ実際の体験談に基づく記事を読むことができます。

 ⇒医療行為はまったくなく保育士業務が主
 ⇒柔軟な対応力が必要だが電話対応のみ
 ⇒母親がやることと同程度の仕事内容
 ⇒医療業界には携わるが医療スキルは得られない
 ⇒保育士の中で看護師としての役割を果たすことに苦労する
医療行為がまったくないと、看護師としての存在意義に疑問を感じる方も多いです。
少しでも医療行為に携わりたいならば、検診センターなどがおすすめです。
 ⇒医療行為としては採血ぐらいで事務作業が主
 ⇒患者が相手ではないためストレスが少ない
 ⇒内視鏡に関する知識は増えるが、検査以外のスキルアップが望めない
検診センターや献血では看護師としてのやりがいが物足りない人も多いでしょう。
病院で患者さんと向き合うことができる仕事の、それぞれの特徴です。
 ⇒人の人生と向き合えてやりがいも大きいがストレスも大きい
 ⇒患者に寄り添った看護が可能だが医療処置は極端に少ない
 ⇒患者さんとの信頼関係を結ぶことができる貴重な職場
 ⇒患者さんとじっくり向き合えるが強いメンタルが必要
看護師の働き方として、施設も選択肢のひとつです。
それぞれの施設に特徴がありますので、しっかり把握しておきましょう。
 ⇒看護師の人数が少なく多忙だが、老人介護のスキルが得られる
 ⇒患者に寄り添えるが、仕事内容は介護士寄り
 ⇒医療現場ではない独特の難しさがある
 ⇒意思疎通の難しい患者や家族とじっくり向き合う必要がある
 ⇒相手のペースでじっくり看護していくことが必要
 ⇒スキルアップは望めないが生活リズムを守って働ける

職場の雰囲気も把握しておく

仕事内容があなたのやりたいことであっても、職場の雰囲気が悪かったり人間関係に問題があると長続きしません。
特に看護師は、仕事内容よりも職場の雰囲気で転職に失敗する人が多くなっています。
看護師は引く手あまたの状況であるため、職場を変えるという意味での転職は容易です。
そんな状況だからこそ、職場の雰囲気を把握せずに転職する人が多く、その分転職に失敗する人が多くなっています。
人間関係などの問題は、仕事内容への不満などとは比較にならないほど辛いものです。
転職する際は必ず看護師専門の転職サイトを利用して、事前に職場の体質というリスクを排除しておくようにしてください。

内視鏡看護師視点によるFAQへの回答

最後に、
  • 内視鏡看護師として悩みを抱えている人
  • 内視鏡看護師に興味を持っている人

これらの人からよくある質問についてまとめておきます。

口コミ体験談をもとにした経験者視点での分かりやすい回答でまとめています。

内視鏡看護師の資格はどんなもの?

内視鏡に携わる看護師に最適な認定資格として、消化器内視鏡技師があります。

実際に内視鏡による治療や検査を行うのはあくまで医師ですが、医師の指示のもと内視鏡の操作も可能になる資格です。

実際には内視鏡の操作まで行うことは少ないですが、内視鏡による治療の知識を持つ看護師は欠かせない存在です。

消化器内視鏡技師について詳しくは、消化器内視鏡技師制度規則をご覧ください。

内視鏡看護師に必要な勉強やスキルは?

内視鏡看護師に必要な勉強は、単に解剖や教科書的な勉強だけでは足りません。

内視鏡学会の講習などを積極的に受講して、内視鏡による治療法に精通した看護師になることが求められます。

とはいっても、事前に完璧に知識を網羅することが必須ではありませんので、働きながら勉強する姿勢でも問題ありません。

求められるスキルとしては、医師の補佐という役割が大きいですが、先述した消化器内視鏡技師の認定資格が1番求められます。

内視鏡看護師の仕事はきついの?

内視鏡検査は基本予約制ですので、決して仕事がきつい分野ではありません。

ただ基本立ちっぱなしであり、患者が動かないよう抑える際には、同じ姿勢が続き体力的にはきついこともあります。

ただ体験談でも言っている通り、配置人数が少ない職場だと激務になることもあります。

内視鏡看護師は未経験でも働けますか?

これも体験談で語っていますが、未経験の新人でも働くことは可能です。

検査を円滑に進めるという仕事内容だけで言うならば、毎日同じことの繰り返しですので、すぐに仕事は覚えられます。

ただ、内視鏡治療の看護師として高みを目指したいと感じているのならば、それ相応の勉強が必要になってきます。

内視鏡看護師の給料はどれぐらいですか?

内視鏡の看護師だからといって、基本給が特に高くなったり低くなったりすることはありません。

ただ基本的に夜勤や当直がありませんので、その分周りと比べると給料は大きく差がついてしまいます。

内視鏡という分野だけで選ぶのではなく、あなたが望む勤務体系と給与トータルで考えることが重要です。

検診センター看護師のデメリットは?

内視鏡の看護師というと、検診センター配属の方も多いと思います。

通常の内視鏡部門でも、看護師としてのスキルが内視鏡分野以外では得られないのがデメリットです。

そのうえ検診センターとなると、さらに看護師としてのスキルアップができないというのが検診センターのデメリットになります。

内視鏡看護師の求人はどこで探すべき?

内視鏡の看護師であっても病棟の求人であっても、基本的には探す分にはどこでも差はありません。

ただ内視鏡看護師に限らず、どの職場でも言えることですが、安易な転職で後悔する人が非常に多くなっています。

 

特に看護師は引く手あまたの状態ですので、ただ職場を変えようと思えばすぐに転職は実現します。

その結果ブラックな職場や、問題のある上司からのパワハラに悩む人が非常に多くなっています。

 

ストレスのない職場を見つけるためには、看護師専門の転職サイトを利用することが必須となります。

求人が多く選び放題の状態の看護師だからこそ絶対に気を付けるべき問題です。

内視鏡の看護師を辞めたい
最新情報をチェックしよう!
あなたの未来を切り開く求人を高精度AIが提案
リクナビNEXTのAI求人情報
あなたの未来を切り開く  高精度AIが選ぶ求人情報
 リクナビNEXT  AI求人情報