脱毛美容クリニックの看護師を辞めたい|辞める際の判断基準や向いてない人の特徴

美容外科クリニックや脱毛サロンでの看護師業務について、

  • 体力的に楽そう
  • みんな仲が良さそう

そういったイメージを持って働き始める人も多いと思います。

 

しかし実際に美容外科クリニックで働いている看護師からは、

  • プライベートとの両立が難しい
  • スタッフの関係がギクシャクしている
  • 体力的にきつい

こういった悩みがよく聞こえてきます。

 

さらに美容系の看護師として働く覚悟を持っていなければ、

  • 美容部門以外の職場へ転職できるのか
  • 看護師としてのキャリアアップが難しい

看護師としての将来の不安が日に日に大きくなっていきます。

今現在脱毛サロンや美容外科クリニックで働いている人にも、こういった悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

 

そこで今回の記事では実際の口コミ体験談をもとにして

  • どのような人が脱毛サロンの看護師に向いているのか?
  • 美容外科クリニックで働くメリットやデメリットは?
  • 辞めるべき正しい判断基準は?

これらの内容について、実際に働いてみなければ感じることのできないような、リアルな内容まで踏み込んで解説していきます。

脱毛美容クリニックの看護師を辞めたいと悩んだ口コミ体験談

美容外科クリニックの看護師は、未経験でも始められる職業であると思い働き始めました。

しかし実際には相当体力が必要となる仕事で、毎日の疲労が半端なかったです。

 

仕事帰りに脱毛に来るお客様も多いため、夜にシフトが入ることが多く、プライベートの時間はほぼありませんでした。

 

また、会社内も女性がメインの職場ですので、いろいろなドラマや問題があり、人間関係で大きな悩みを抱えていました。

 

次の仕事を探すにしても、同じような美容関係の仕事でしか働けないのではないかという悩みを抱えながらも、結局体力的につらくて辞めました。

今現在脱毛業務で悩みを抱えている看護師にむけて、私の経験をお話ししたいと思います。

  • 居住地:東京都
  • 年齢性別:33歳女性
  • ペンネーム:ビーノ
  • 看護師経験年数:2年

脱毛の看護師として働くことになった理由

看護資格さえあれば臨床経験がなくてもできる仕事で、また綺麗なオフィスでお客様の美に対するサポートができると思ったのが、美容外科クリニックで働き始めた理由です。

とてもワクワクして入りました。

 

シフト制ということでフレキシブルに仕事もでき、プライベートとの両立も可能なイメージでした。

また、美容関係の仕事なので、キラキラした職場で友達もたくさんできると思い描いていました。

脱毛看護師の実際の仕事内容や役割

基本的にシフト制で、希望は出せるのですが、夜など忙しいため、候補者が少ないところにもどんどん仕事が入っていきました。

 

1日に担当する利用者は振り当てられているので、その準備や利用者の施術内容の確認から始まります。

その後サロンの掃除して、予約確認などを行います。

 

患者さんが来店した際は、担当のお客様について施術を行い、終了するとその片付けと次の患者さんの準備をしていました。

美容外科クリニック看護師の仕事で大変なことや辛いこと

美容外科クリニックでは、基本的に1日中立ち仕事なので、体力的にとてもつらく、腰が痛くなったりします。

 

また、夜や週末も働かなくてはいけないため、プライベートの時間は少なく、仕事との両立が上手くできないことが悩みになります。

 

また、患者さんから満足がいかなかったとクレームをもらったりすることもあるため、決して楽しいだけの仕事ではありません。

美容外科クリニックの看護師業務で楽な部分

美容関係なので、他の科と比べて命にかかわるような仕事をする必要がなく、精神的にそういった面で悩んだり悲しむことは少ないです。

 

どちらかと言えば、患者さんと気軽に話す機会などが多いため、暗い話をすることもなく楽しく仕事ができます。

 

また、患者さんから感謝されることも多いので、そういった時は毎回嬉しくなります。

脱毛看護師の仕事は激務できついのか?

美容外科クリニックでは、夜間勤務や土日勤務がほとんどなのでプライベートの時間がほぼ確保できず、その点を考えると激務だと思います。

 

また、基本的に1日中立ち仕事なので、腰が痛くなったり、体力的に激務といえます。

ただし、重症患者さん等を担当することがないため、メンタル的にはかなり楽で激務とは言えません。

脱毛看護師として働くメリットやデメリット

脱毛業務を行う看護師として働くメリットは、脱毛のスキル・知識がみにつくことです。

また患者さんと接する機会が多く、人と接するコミュニケーション能力がつくこともメリットになります。

 

逆にデメリットは、土日勤務、夜間勤務があるので自分のプライベートの時間が確保しずらいことです。

 

また、体力的にきつい仕事なので、毎日の疲労感が大きいのもデメリットです。

美容系だけで働くなら別ですが、看護師としてのキャリアアップが見込めないのも大きなデメリットです。

脱毛サロンや美容クリニックの人間関係

美容外科クリニックのスタッフは100パーセント女性なので、いろいろなことに対してすぐドラマになったり、人のゴシップ話をする機会が多かったです。

 

特に新人が入ったときは、上の人の指導はとても厳しかったりします。

また仕事ができない人がいた場合、支え合ったり教えあうというよりは、文句や陰口を言って終わりということも多かったです。

 

ある程度仲良いグループに別れていて、そのグループ以外の人とは挨拶程度の関係で終わっていました。

脱毛看護師をすぐ辞める人の特徴や退職理由

正直、脱毛サロンや美容外科クリニックの看護師は入れ替わりが激しいです。

 

体力的に激務であることと、結婚や妊娠をきっかけに自分のプライベートの時間を確保したいという退職理由で辞める人が多い印象です。

 

また、看護師としてのキャリアアップが見込めない理由で辞める人も多くなっています。

 

美容関係の仕事にこだわりをもっていて、働き続けたいという気持ちが強い人は残りますが、そうでない人は辞めてしまいます。

脱毛看護師が向いている人や向いてない人の特徴

美容外科クリニックでは患者さんと接する機会が多い仕事なので、人と話すことに抵抗がない人、社交的な人が向いていると思います。

 

また、プライベートの時間がなくなっても仕事をバリバリやりたい人。

将来的にも美容関係で働きたいという目的がある人が向いていると思います。

 

美容外科クリニックは休みが変則的なので、基本的に他の仕事している人と休みが合わないため、友人たちと遊ぶ機会も少なくなります。

そのため休みのスケジュールにこだわる人も、美容外科クリニックの看護師は向いていません。

 

また、看護師としてのキャリアを充実させたい人にも、美容外科クリニックは向いていない仕事です。

脱毛看護師の手取りの給料や年収

私が美容外科クリニックで働いていたときの給料は、時給平均1000円くらいでした。

ボーナスや夜間勤務を含めたり、福利厚生などを含めると基本的に年収350万円~400万円ほどです。

 

普通の病院勤務の看護師だと500万円くらいはもらっていたと思うので、そう考えると年収で100万円ほど少なかったです。

 

夜のシフトに週3.4回程度入ってもこれぐらいの給料でした。

美容外科クリニックの看護師は新人でも働けるのか?

基本的に看護資格があればキャリアは必要ないため、未経験でも新人でも脱毛サロンや美容外科クリニックに勤務することは可能です。

 

ただし、新卒で入った場合には、最初は経験も含めてスタッフが足りない時間帯に入れられることが多くなります。

 

夜や週末のシフトに入れられることが多いため、体力的につらいです。

 

また、最初は基本的に雑用を押し付けられることが多いので、イメージしているような仕事とは少しかけ離れたこともしないといけない覚悟を持っておいたほうが良いです。

脱毛看護師から転職する際の判断基準

美容外科クリニックや脱毛サロンで悩みを抱えている人でも、

  • 自分のプライベートの時間が確保できなくてもいい
  • 土日勤務や夜間勤務でも問題ない
  • 看護師としてのキャリアにこだわりはない

こういった方であれば、すぐに辞める必要はありません。

 

ただ、自分がその仕事がとても好きかどうか、一生その仕事をやっていたいのかなど自分の将来に対してプラスであればそれが一番です。

 

やりたい仕事なのかが明確でなかったり、体力的にきつい仕事をしたくないのであれば、辞めるべきだと思います。

看護師としてキャリアを積んでいきたい人も、できるだけ早く辞めた方が良いです。

私が脱毛の看護師を辞めることになった理由

もともと体力的にとてもしんどかったのと、やはり自分のプライベートの時間が確保できないことが大きく、結婚と妊娠をきっかけを理由に辞めました。

 

家族の時間を大切にしたかったので、この仕事を続けていたら一生それはできないと思い、辞めるなら今だと感じ正直後先かまわず決めてしまいました。

 

同僚からは引き止められましたが、辞めると決めたら戻らない性格なので、そのまま辞めました。

脱毛の看護師を辞めた後の心境

美容外科クリニックの看護師を辞めてから、自分のプライベートの時間が確保でき、とても楽しい毎日を送っています。

 

実際に辞めたいと悩んでいるのならすぐに辞めるべきだし、考えていても体力的にも精神的にも辛いだけだと思います。

 

看護師の仕事は他にもたくさんあるし、未経験でも雇ってくれるところも多くあるので、将来の心配より今の心配をしたほうが絶対に良いと思います。

脱毛の看護師を辞めて後悔しないために

このように美容クリニックなどで脱毛業務を行う看護師は、通常の看護業務とかけ離れた適性があると言えます。

  • 美容業界の仕事に携わりたい
  • 看護師としてのキャリアには興味がない

こういった方には最適な職場だと言えます。

 

ただ急性期の働き方に疲れて、なるべくストレスの少ない職場を求めて美容外科クリニックを選ぶというのはお勧めできません。

 

看護師は非常に広い求人がありますので、急性期以外の働き方を選ぶ場合でも、本当にあなたに最適な職場を選ぶようにしてください。

急性期以外の看護師の働き方

当サイトでは、急性期以外の看護師の働き方について、様々な口コミ体験談を紹介しています。

今回の体験談のように、実際に働いてみなければ感じられないようなリアルな情報を追及していますので、気になる職場があれば必ず詳細を確認してから働くようにしましょう。

 

※青文字のリンクをクリックすると、それぞれ実際の体験談に基づく記事を読むことができます。

 ⇒医療行為はまったくなく保育士業務が主
 ⇒柔軟な対応力が必要だが電話対応のみ
 ⇒母親がやることと同程度の仕事内容
 ⇒医療業界には携わるが医療スキルは得られない
 ⇒保育士の中で看護師としての役割を果たすことに苦労する
医療行為がまったくないと、看護師としての存在意義に疑問を感じる方も多いです。
少しでも医療行為に携わりたいならば、検診センターなどがおすすめです。
 ⇒医療行為としては採血ぐらいで事務作業が主
 ⇒患者が相手ではないためストレスが少ない
 ⇒内視鏡に関する知識は増えるが、検査以外のスキルアップが望めない
検診センターや献血では看護師としてのやりがいが物足りない人も多いでしょう。
病院で患者さんと向き合うことができる仕事の、それぞれの特徴です。
 ⇒人の人生と向き合えてやりがいも大きいがストレスも大きい
 ⇒患者に寄り添った看護が可能だが医療処置は極端に少ない
 ⇒患者さんとの信頼関係を結ぶことができる貴重な職場
 ⇒患者さんとじっくり向き合えるが強いメンタルが必要
看護師の働き方として、施設も選択肢のひとつです。
それぞれの施設に特徴がありますので、しっかり把握しておきましょう。
 ⇒看護師の人数が少なく多忙だが、老人介護のスキルが得られる
 ⇒患者に寄り添えるが、仕事内容は介護士寄り
 ⇒医療現場ではない独特の難しさがある
 ⇒意思疎通の難しい患者や家族とじっくり向き合う必要がある
 ⇒相手のペースでじっくり看護していくことが必要
 ⇒スキルアップは望めないが生活リズムを守って働ける

一番重要なのは職場選び

ここまでの内容で、あんたに最適な仕事を選ぶことの重要性が理解していただけたかと思います。
しかし実は、1番重要なのは仕事内容ではありません。
看護師という職業は、様々な分野で求人が溢れているため、転職しようと思えばいつでも実現可能です。
でも転職しやすいというこの状況があるからこそ、職場選びを怠って転職に失敗する人が増えています。
  • ブラックな職場環境
  • パワハラやセクハラの横行
  • 人格的に問題のある上司
こういった状況では、いくらあなたの求めていた仕事内容だとしても、長く働き続けることはできません。
転職先の職場を選ぶ際には、その職場に体質的な問題がないか?
絶対に調べておく必要があります。
ただ、職場の体質的な問題を事前に完全に把握するためには、個人の情報収集だけでは限界があります。
看護師専門の転職サイトなどを利用すれば、職場の体質的な問題も事前に把握できますので、転職時には必ず転職サイトを利用してください。
転職すれば何とかなるだろうと考えて、転職後に後悔する人が多いですので、本当に注意するようにしてください。
脱毛の看護師を辞めたい
最新情報をチェックしよう!
あなたの未来を切り開く求人を高精度AIが提案
リクナビNEXTのAI求人情報
あなたの未来を切り開く  高精度AIが選ぶ求人情報
 リクナビNEXT  AI求人情報